画像: 片寄涼太が“プリレジェ”開花宣言! 映画公開で王子が再集結

片寄涼太が“プリレジェ”開花宣言! 映画公開で王子が再集結

さまざまな王子たちが登場する、映画『PRINCE OF LEGEND(プリンス・オブ・レジェンド)』が21日公開、同日、都内で主要キャストならぬ王子たちによる初日舞台あいさつが行われ、片寄涼太、飯島寛騎、塩野瑛久、鈴木伸之、川村壱馬、佐野玲於、関口メンディー、吉野北人、藤原樹、長谷川慎、町田啓太、清原翔、遠藤史也、こだまたいちの14人の王子と、白石聖が登壇した。
映画は、同名の連続ドラマを皮切りに、ライブイベントやゲームなどへと広がる「プリンスバトルプロジェクト」のひとつとして制作されたもの。プロジェクトの軸となった連続ドラマは、圧倒的なルックスを誇るさまざまな王子たちがヒロインをめぐってバトルを繰り広げる胸キュンストーリーで、人気を博した。映画はそのクライマックスを描いている。
冒頭、片寄涼太がこの日行われた桜の開花宣言を引き合いに「きょうは映画『PRINCE OF LEGEND』が開花という事で。この桜はもっともっと長く咲き続けさせたいと思います」と挨拶すると、鈴木がすかさず「またうまいこと、言いますね」と合いの手。所属事務所が同じということだけではなく、長きにわたって同じプロジェクトに携わり続けているゆえの、息の合ったところが見えた。
その鈴木は、終始イベントの盛り上げ役で、「好きな言葉は......情熱です」といったフレーズや、「スタッフやキャストだったり、いろんな人たちの思いがギューッと詰まって......ポンとどこかにいっちゃった」という用意したアクション入りの挨拶などで笑いを誘うも不発。その後も予想通りには行かなかったと見えて、途中で「......もうだめだよ」と笑い、肩を落としていた。
佐野は、安定した生徒会長っぷりであいさつ。「この作品で初めて生徒会に触れさせていただいた。学生時代はそういうところには後ろ向きで、生徒会というよりはどっちかというと保健係でした。だから、生徒会長ができてうれしかった。日ごろから自分の子分としてメンディー君は働いてくれているんですけど、この作品でもよく働いてくれた。普段からの僕らの友情が出ているかなと思う」と、話した。
それを引き取った関口は、あいさつのなかで「夢が叶った」と頬を緩ませた。「かれこれ3、4年ぐらいキラキラ映画に出たいんだ、学生役をやりたいんだと言っていた。制服を着て学園のど真ん中で恋愛がしたいんだと言い続けて、こういうかたちで夢がかなったなと、ありがたい気持ちでいっぱいです。言い続けることは大事、夢は叶うんだなと噛みしめています」。
関口がいうように、これまでLDHが送り出してきた作品のなかでは異色。
「公開するまで楽しんでもらえるのか気がかりだった」と、町田。「HIROさんの発案でこのプロジェクトをやらせていただいているのですが、今まではアクションとか、そういうのが多かったですが、今回は真逆。挑戦的なプロジェクトです。そこに参加させていただき光栄でした。ここにいるみなさんとスタッフさんと楽しみながら作れたのが最高の時間だった」と、振り返った。
THE RAMPAGEのメンバーである、川村壱馬、吉野北人、藤原樹、長谷川慎も、たくさんの経験値を積んだようだった。
紅一点の登壇となった白石は「この映画は見に来てくださった方が全員プリンセスになれる映画だと思っています。これからもっともっとたくさんのプリンセスに見ていただいて、もっともっと大きくしていっていただけたら」と、アピールしていた。
イベントでは、オフィシャルサイトで公募していた王子たちのイラスト「王子絵」の大賞も発表。また、王子たちも自ら、白石をお題にイラストバトルを展開。白石のジャッジで、メガネ王子の塩野が優勝した。
イベントの終わりで「今日は両親の結婚記念日で......」と、片寄。「そういった日に、自分が中心となって携わることができた作品を公開できて、少し親孝行できたかなと思います。それもみなさんのおかげです。感謝しています。ありがとうございます」と、頭を下げた。
映画に白濱亜嵐登場も「不正レべル」
映画版には、白濱亜嵐が王子たちと敵対するキャラクターとして登場している。佐野が「やつが出てくるのはおかしいです。不正です」と、ぴしゃり。片寄も「不正レベルの出演をしている」と同意し、「確認しに劇場に来て」とアピールしていた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.