画像: 女子アトム級王座決定戦でC-ZUKAと高梨knuckle美穂が対戦【5・18 KRUSH】

女子アトム級王座決定戦でC-ZUKAと高梨knuckle美穂が対戦【5・18 KRUSH】

高梨「私がこの階級で一番強い」、C-ZUKA「勝った奴が強い」
「K-1 KRUSH FIGHT.101」(5月18日、東京・後楽園ホール)の第1弾カード発表会見が3月26日、東京都内で開催された。
初代王者の松下えみが昨年10月に王座を返上して以来、空位となっている女子アトム級の王座決定戦としてC-ZUKA vs高梨knuckle美穂の一戦が発表された。
C-ZUKAはKrush初参戦の443戦では敗れたものの、その後、KHAOSとKrushで2連勝。他団体でのタイトル獲得の実績もあり、今回の王座決定戦への出場となった。
高梨は昨年9月にKHAOSでプロデビュー。その試合で強烈なパンチでKO勝ちを収め、当時の王者・松下の挑戦者に選ばれたが、これを松下が不服として王座を返上した経緯がある。高梨はその後、昨年12月にはKrushの本戦で勝利を収め、現在2連勝となっている。
今回の高梨の抜擢について中村拓己K-1プロデューサーは「キャリアは浅いが、攻撃力があって倒せる選手。戦いっぷりと倒しっぷりでもう1枠に入ってもらった」と話した。そして2人には「タイトルマッチにふさわしい試合をして勝ってほしい。これがKRUSHのチャンピオンだという試合を見せてほしい」と要望した。
高梨は「去年の12月から空いてしまったが、練習もコンスタントにやってきている。パワーもさらについて、体も変わってきた。絶対にKOできる自信もすでにある。失神KOで5月には私がベルトを巻きます」、C-ZUKAは「高梨選手はパワーもあるしすごく強い選手だと思っています。でも強い奴が勝つのではなく、勝った奴が強いというところを見せつけたい」とそれぞれ話した。
王座決定戦の話が来た時について高梨が「うれしかったが、早いとは思わなかった。私がこの階級で一番強いと思うので、あまり驚かなかった」と言えば、C-ZUKAは「私は驚いた。他にも素晴らしい選手がいるのでその中で選んでいただいたことはありがたく思っている。このチャンスはぜひものにしたい」と対照的な反応を見せた。
互いの印象については高梨が「リーチが長くてスタミナがある。でも倒れやすいイメージがある。私のパンチが当たったらすぐ倒れるんじゃないかと思う」と言えば、C-ZUKAは「KOするパワーはあると思うので、そこは警戒している。でも2試合同じ興行に出させていただいて、穴がないわけではないなと思っている」とこちらは静かに闘志を燃やした。
今大会では女子アトム級とは対極にある男子のクルーザー級の試合が行われる。実に倍の体重差なのだが高梨は「スピードはこちらのほうが速いのでそういうところを楽しんでほしいし、クルーザー級に負けないパワーでKOするので、そういうところを見てください」、C-ZUKAは「軽量級でも面白い試合ができるところを見せたい」とそれぞれクルーザー級への対抗心も持って試合に臨む。
「初代クルーザー級王座決定トーナメント」準決勝も開催
そのクルーザー級の試合というのは「初代K-1 KRUSH FIGHTクルーザー級王座決定トーナメント」の準決勝「K-Jee vs杉本仁」と「RUI vs植村真弥」の2試合。
1回戦は4選手ともKOで勝ち上がりクルーザー級ならではの闘いを見せた。
準決勝に向けて植村は「試合まで一生懸命練習して勝ちたい。1回戦は試合が終わった後、動画を見たが、運よく勝てた試合。どちらが倒れてもおかしくない試合だった。RUI選手は大きい。動画を見たが、どう戦えばいいのか...。出たとこ勝負で勝てればいい」
RUIは「2月の試合は勝って本当に良かった。5月に向けてはさらに気を引き締めなければいけない。(植村の)OD・KEN選手の試合を見ても行くところは行く、守るところは守るというメリハリがしっかりした選手。そこをどう攻略するか。運よくというが、それを裏付ける練習をしているんだと思う。それをリングで出せる選手。油断せず、今回もヒザ蹴りで仕留められれば。(この試合について)セーム・シュルトvsマイティー・モーといったコメントをもらうので、その通りに戦えば結果は出る。でもそれではつまらないので、決勝戦へ向けて試したいことを試して、そのうえで勝ちたい」
RUIは九州出身同士のK-Jeeとの決勝戦を「福岡でやれば面白い」と提案
杉本は「前回はKOで勝った。K-Jee選手は強敵だが、ここもKOで勝って次に進みたい。前回の試合は練習したことが少しは出せたので、今回の試合も練習でやったことを出せればと思う。K-Jee選手は攻撃力もあって、スピードもあって、一発一発が派手という印象」
K-Jeeは「この階級は他の階級との違いを見せなければいけない。5月18日は一番のインパクトを残すKOをこの2試合でできればと思っている。前回の試合はレベルの違いもあったので勝って当たり前というところもあった。相手の正面に立ちすぎていたので、次はそこを改善したい。杉本選手は上手に戦う選手。丁寧に戦うので何がしたいのか分かりやすい。その裏をついて戦おうと思う。ポテンシャルは自分のほうが上だと思っているので、ここも勝って当たり前と思って戦う」などとそれぞれ話した。
またRUIは決勝で戦いたい相手として同郷のK-Jeeを挙げ「同じ九州出身の僕とK-Jee選手がやれば、もっと九州とか地方が盛り上がる。九州出身の選手も増えている。僕と彼の決勝だったら福岡でやれば面白いんじゃないかなと思う」と言えばK-Jeeは「RUIとは10年の付き合いで、愛鷹選手に勝ったくらいで最近態度が大きくなっているんでリングの上でいろいろ教えてやろうかと思っています(笑)」と応じた。
スーパー・フェザー級は朝久泰央と山本直樹が対戦
また今大会ではスーパー・フェザー級のワンマッチで朝久泰央と山本直樹が対戦する。3月大会では同級のタイトルマッチ、島野浩太朗vs西京佑馬が行われるのだが、2人は過去の実績も含めコンテンダーにふさわしい存在なだけに、今回の試合はタイトル挑戦に向けた大きなアピールの場となる。
山本は「前回は自分の課題となっていたスタミナが切れてしまい、最後に詰められて負けてしまった。ケガの期間は体力をつける練習をずっとやってきた。次の試合は、より体力がある朝久選手との試合なので、自分がどう変われたかが自分でも楽しみ」、朝久は「先月の試合は鼻息荒く攻めすぎて、またやらかしてしまったので次はふんどしを締め直して気合を入れて試合をしようと思っている。キックボクシングなのでファールカップとトランクスのひもをしっかり締めて、気合を入れて行こうと思って燃えています。(前回は)負けてしまったのででかいことは言えないが、レオナ選手のほうが勝負運があったのかと思っている。実力的に自分が負けていたとは思っていない。その分を次の試合で取り返したい」などと話した。
3月大会で行われるタイトル戦については山本が「自分は島野選手に負けて、島野選手はそこから勝ってチャンピオンになったのでこのまま勝ってもらって、自分が挑戦したい」と言えば朝久は「マッチメークについてはランキングがないというのはこういうことなんだなと思ったが、メーンを務めるということで激しい試合になると思うしKRUSHファンとして楽しみにしている試合。どちらが勝っても、自分は5月の試合でインパクトを残して挑戦者になれるよう頑張る」と話した。
このマッチメークの件について朝久は「いきなりKOで勝ってポーンと上に行くというのは、自分は西京選手とも試合をしていないし、なんでかなというのもあるんですが、決まったからには僕がいろいろ言うことはないので、島野選手にも西京選手にもKrushの最終試合として盛り上げていただければ」としたうえで「どっちも強いので、僕はここで勝ったら島野選手と西京選手の勝ったほうとやりたい」と締めくくった。
「K-1 KRUSH FIGHT.101」(5月18日、東京・後楽園ホール)
◆第2代K-1 KRUSH FIGHT女子アトム級王座決定戦/3分3R・延長1R
(T-GYM)C-ZUKA vs 高梨knuckle美穂(Y’ZD GYM)
◆K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
(朝久道場)朝久泰央 vs 山本直樹(優弥道場)
◆初代K-1 KRUSH FIGHTクルーザー級王座決定トーナメント・準決勝/3分3R・延長1R
(K-1ジム福岡チームbeginning)K-Jee vs 杉本仁(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
◆初代K-1 KRUSH FIGHTクルーザー級王座決定トーナメント・準決勝/3分3R・延長1R
(K-1ジム蒲田チームキングス)RUI vs 植村真弥(WSRフェアテックス幕張)
〈プレリミナリーファイト〉
◆K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級/3分3R
(チーム・タイガーホーク/拳聖空手)内田晶 vs 晃弘(K-1 GYM横浜infinity)
◆K-1 KRUSH FIGHT女子アトム級/2分3R]
(若獅子会館)MOE vs 豊嶋里美(TEAM OJ)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.