画像: 仲間の頑張りでキングストンがWWE王座挑戦権獲得【3・26 WWE】

仲間の頑張りでキングストンがWWE王座挑戦権獲得【3・26 WWE】

ビンスがビッグE&ウッズにガントレット戦を提案
「スマックダウン」(現地時間3月26日、コネチカット州アンキャスヴィル/モヒガン・サン・アリーナ)でニュー・デイのビッグE&エグゼビア・ウッズがWWE王座挑戦権獲得をかけたガントレット戦に勝利し、コフィ・キングストンがレッスルマニアでのWWE王座挑戦権を獲得した。
この日、オープニングに登場したニュー・デイは「ニュー・デイとして約5年を共にしたが、コフィへのひどい扱いにWWEを辞めることも考えている。マクマホン会長の意見を直接聞きたい」と将来の懸念を伝えると、ビンス・マクマホン会長、そしてダニエル・ブライアンがそれぞれ登場した。
ブライアンは「辞めたければ辞めればいい。コフィはB級なんだよ」と主張すれば、ウッズは「お前はコフィとの一騎打ちが怖いだけだ」とブライアンを挑発。するとビンス会長は最後のチャンスとしてキングストンの王座挑戦権をかけてビッグEとウッズのガントレット戦を提案した。
ビンス会長もやっとキングストンの王座挑戦を認める
仲間のため気合の入ったビッグE&ウッズは初戦のルーク・ギャローズ&カール・アンダーソンを速攻のアップアップダウンダウンで沈めると、次の中邑真輔&ルセフ戦では中邑のキンシャサをかわしてアップアップダウンダウンを炸裂。ザ・バーとの対戦ではウッズがシェイマスを丸め込んで3カウントを奪うも、試合後にザ・バーの暴行に遭ってビッグEはテーブル葬となってしまう。しかし、次の相手ウーソズが「コフィは王座挑戦の資格がある。お前たちの成功を祈る」と言って自ら降参。
これで最後の相手ダニエル・ブライアン&ローワンになんとかたどり着いたビッグE&ウッズはブライアンの執拗な攻撃に苦戦するも、最後はローワンを解説席の下敷きにしてリングアウト勝ち。ビンス会長もキングストンの王座挑戦を認め、盟友の活躍でキングストンがついに「レッスルマニア35」(4月7日、ニュージャージー州イーストラザフォード/メットライフ・スタジアム)でのWWE王座挑戦権を正式に獲得した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.