画像: DOBERMAN INFINITY、ベストアルバム『5IVE』リリース決定 ファンクラブ限定上映会で発表

DOBERMAN INFINITY、ベストアルバム『5IVE』リリース決定 ファンクラブ限定上映会で発表

ヒップホップグループのDOBERMAN INFINITYが27日、ライブ映像作品『DOBERMAN INFINITY 2018 DOGG YEAR 〜FULL THROTTLE〜 in 日本武道館』の発売を記念した上映会&トークショーを都内で行い、ベストアルバム『5IVE』をリリースすることを発表した。
発表は、SWAYの呼びかけで行われた。「手には指が何本ありますか? 今年でドーベルは何周年ですか? 僕たちメンバーは何人ですか?」と観客に問いかけると、「今年は“5”をテーマに掲げて、ベストアルバム『5IVE』をリリースします!」。すると、客席からは大きな歓声が上がった。
ベストアルバムの詳細や、“5”を掲げた今年の活動については、順次発表される。
この日はファンクラブ会員限定イベント。鑑賞中に声や音を出していい応援上映スタイルで行われ、集まったファンの多くはサイリウムを振りながらの鑑賞。大型スクリーンに映し出されるメンバーの表情や、汗の雫や潤む瞳、DJのスクラッチプレイなど武道館ではなかなか見ることはできなかったであろう細部に反応し、大きな歓声をあげていた。
トークショーでは、客席から感想を募り、それに対して、メンバーが撮影や制作時のエピソードを明かした。ライブ最後のMCでGSやKUBO-Cが語った「夢の話で泣いた」という感想にGSは「MCを映像に収めるかどうかは迷ったけれど、KUBOちゃんが珍しく良い話をしたから」と笑った。
同作は、2018年11月12日に開催されたDOBERMAN INFINITYにとって初となる東京・日本武道館ライブの模様を収めたもの。
DOBERMAN INFINITYに聞く、印象に残った場面は?
P-CHO
登場した時のそれぞれのドヤ顔。武道館というステージへの意気込みが伝わる
KAZUKI
『GA GA SUMMER』を(観客の)みんなと一緒に歌ったのは感動した。またやりたい
KUBO-C
TomogenとBALLISTIK BOYZと一緒にやった『D.I till Infinity』。ラップ人生がぎゅっと詰まっていた
GS
『D.I till Infinity』からの『INFINITY』。普段はなかなか歌わないデビュー曲をあのセットリストでできたのがうれしい
SWAY
ソロ曲を歌えたのもうれしかったけれど、やっぱり『D.I till Infinity』。鳥肌が立った。自分たちに対して『お前らよくここまで頑張ったな』と言いたくなった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.