画像: アンジェラ・リーが初の日本大会に「もちエキサイティングよ!」【3・31 ONE】

アンジェラ・リーが初の日本大会に「もちエキサイティングよ!」【3・31 ONE】

ストロー級タイトル戦でション・ジンナンに挑戦
アジア最大の格闘技団体「ONE Championship (ONE)」の日本初大会となる「A NEW ERA-新時代-」(3月31日、東京・両国国技の公開記者発表会が3月28日、東京都内で開催された。
セミの第14試合では女子ストロー級タイトルマッチが行われ、王者ション・ジンナンにアトム級王者のアンジェラ・リーが挑戦する。
アンジェラは「非常に温かい歓迎ありがとう。すごく楽しみ。ション選手との対戦は、本当は昨年11月にスケジュールされていたけど、私が腰の不調を抱えていたので、改めて実現することとなりました。ONEのこれまでの規模を超える大きな大会に参戦できることで、歴史が新たに作れると思います」と挨拶。会見後には「(今の気分は)もちエキサイティングよ! “こんなに楽しみな様子なのはデビューのとき以来じゃない?”って周りに言われるの。出場する全選手がみんなの期待にこたえたいはずよ。私も、いい試合をみんなに見せたいわ」と笑顔を見せた。
「ストロー級はいいわ!すごくヘルシーな感じもするし、強くなってると感じるの」
怪我からの復帰となるのだが、これについても「辛い時期から立ち直るっていうのは簡単なことではなくって。時間もかかったけど、気持ちを切り替えて、家族と過ごしたりして、またケージで戦いたいって思うのを待って、その準備が整った。11月に試合ができなかったことで、ますますモチベーションが上がっていて、最高の対戦相手にまた勝利できるように気持ちを高めている」と答えた。そして今回は1階級上での対戦となるのだが「すごくいい! ストロー級はいいわ! 私がこんなに笑ってファイトウィークを過ごしているのを周りも驚いてるし、すごくヘルシーな感じもするし、強くなってると感じるの。キャリアで初めて青コーナーだけれど、それでも自分がアンダードッグだとは思わない。“大きな相手に勝てるの?”って思ったかもしれないけど、フェイスオフ見てたよね? 大きさは関係ないの。期待値も上がってるし、人生にあるかないかの機会だから、ふたつのベルトを持ち帰りたい。相手はパワーというよりボリュームの選手で、一発で相手を倒すのではなく、徐々に相手を圧倒するタイプだけど、私は彼女のペースにはさせないようにする」と順調な仕上がりを感じさせた。
日本のV.V.Mei「しっかり勝ってもう一度アトム級のベルトに挑戦するための試合」
日本の女子格闘技の第一人者であるV.V.Meiは今大会ではアトム級戦でロシアのクセニア・ラチコヴァと対戦する。Meiは「日本では試合をするのは4年ぶりくらいなんですけど、その間ONEという素晴らしい舞台で経験し学んできたことをしっかり日本のみなさんに見ていただけたらと思います。日本大会は私を含めて6名の日本人が出場しますが、日本人トップバッターとして必ず勝って、勝ちのバトンをつなぎたいと思います。記念すべき第1回が、2回、3回と続くように、日本人のマーシャルアーツ・アーティストとしてしっかりと試合をしたいと思います」と挨拶。今回の試合については「しっかり勝ってもう一度アトム級のベルトに挑戦するための試合」と話した。
ONE Championship「A NEW ERA-新時代-」(3月31日、東京・両国国技館)
◆メインイベント:ONE ライト級チャンピオンシップ 5分5R
エドワード・フォラヤン(フィリピン)vs 青木真也(イヴォルブ MMA)
◆BOUT15:ONE女子ストロー級チャンピオンシップ 5分5R
ション・ジンナン(中国)vs アンジェラ・リー(シンガポール)
◆BOUT14:ONEミドル級チャンピオンシップ 5分5R
アウンラ・ンサン(ミャンマー)vs 長谷川賢(フリー)
◆BOUT13:ONE世界バンタムチャンピオンシップ 5分5R
ケビン・ベリンゴン(フィリピン)vs ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル)
◆BOUT12:ONEフライ級ワールドGP準々決勝 5分3R
デメトリアス・ジョンソン(米国)vs 若松佑弥(TRIBE TOKYO M.M.A)
◆BOUT11:ONEライト級ワールドGP準々決勝 5分3R
エディ・アルバレス(米国)vs ティモフィ・ナシューヒン(ロシア)
◆BOUT10:ONEスーパーシリーズ(立ち技ルール) 3分3R
ヨードセングライ・IWE・フェアテックス(タイ)vs アンディ・サワー(オランダ)
◆BOUT9:ONEフライ級ワールドGP準々決勝 5分3R
ダニー・キンガド(フィリピン)vs 仙三(日本)
◆BOUT8:ONEフライ級ワールドGP 準々決勝 5分3R
和田竜光(日本)vs イヴァニウド・デルフィーノ(ブラジル)
◆PRELIM7:ONEフライ級ワールドGP準々決勝 5分3R
カイラット・アクメトフ(カザフスタン)vs リース・マクラーレン(豪州)
◆PRELIM6:女子アトム級5分3R
V.V Mei(日本)vs クセニア・ラチコワ(ロシア)
◆PRELIM5:フェザー級5分3R
ゲイリー・トノン(米国)vs アンソニー・アンゲレン(オランダ)
◆PRELIM4:ムエタイ フライ級3分3R
ロッタン・ジットムアンノン(タイ)vs ハキーム・ハメック(フランス)
◆PRELIM3:ムエタイ バンタム級3分3R
パニコス・ユーサフ(キプロス)vs モハマド・ビン・マフムード(マレーシア)
◆PRELIM2:キック フライ級3分3R
秋元皓貴(日本)vs ヨゼフ・ラシリ(イタリア)
◆PRELIM1:ライト級5分3R
ユン・チャンミン(韓国)vs バラ・シェッティー(インド)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.