画像: DJと対戦の若松佑弥「相手はビビっていた」【3・31 ONE】

DJと対戦の若松佑弥「相手はビビっていた」【3・31 ONE】

「スーパースターのジョンソンをKOして僕が新時代を作る大会」
アジア最大の格闘技団体「ONE Championship (ONE)」の日本初大会となる「A NEW ERA-新時代-」(3月31日、東京・両国国技の公開記者発表会が3月28日、東京都内で開催された。
「ONEフライ級ワールドGP 準々決勝」でUFCのフライ級で11回の防衛を果たしたデメトリアス・ジョンソンと対戦する若松佑弥は「まず、この歴史的な大会に出られることになって光栄です。新時代っていう名前は僕にとっては “スーパースターのジョンソンをKOして僕が新時代を作る”という大会だと思うのでそれに向けて頑張ってきた。みなさんは、なんで僕がDJと戦うんだと不安に思ってるだろうけど、24年間、この時のために生まれてきたと思って戦うので、楽しみにしていてください」と挨拶。会見後には「DJには緊張してない。思ったより小さかった。(対格差があって)相手はビビっていた。日本でやるんでそこも有利だと思うし、気持ちは絶対僕のほうが強い」と話し、DJの圧勝という下馬評についても「そこが穴だと思うのでもっと騒いでほしい」と答えるなどDJに対しても一歩も引かない強いマインドを見せた。
ジョンソン「キャリアの中で新しいスタート。楽しみ」
ジョンソンは「この大会は自分にとっては選手としてアスリートとして、キャリアの中で新しいスタートなので楽しみにしています。若松は素晴らしい選手なので対戦を楽しみにしています。面白い試合になると思う。日本のファンの前で戦えることが楽しみ。ここまでずっとトレーニングをしていますし、彼と戦うための準備はできている」と話した。
ONE Championship「A NEW ERA-新時代-」(3月31日、東京・両国国技館)
◆メインイベント:ONE ライト級チャンピオンシップ 5分5R
エドワード・フォラヤン(フィリピン)vs 青木真也(イヴォルブ MMA)
◆BOUT15:ONE女子ストロー級チャンピオンシップ 5分5R
ション・ジンナン(中国)vs アンジェラ・リー(シンガポール)
◆BOUT14:ONEミドル級チャンピオンシップ 5分5R
アウンラ・ンサン(ミャンマー)vs 長谷川賢(フリー)
◆BOUT13:ONE世界バンタムチャンピオンシップ 5分5R
ケビン・ベリンゴン(フィリピン)vs ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル)
◆BOUT12:ONEフライ級ワールドGP準々決勝 5分3R
デメトリアス・ジョンソン(米国)vs 若松佑弥(TRIBE TOKYO M.M.A)
◆BOUT11:ONEライト級ワールドGP準々決勝 5分3R
エディ・アルバレス(米国)vs ティモフィ・ナシューヒン(ロシア)
◆BOUT10:ONEスーパーシリーズ(立ち技ルール) 3分3R
ヨードセングライ・IWE・フェアテックス(タイ)vs アンディ・サワー(オランダ)
◆BOUT9:ONEフライ級ワールドGP準々決勝 5分3R
ダニー・キンガド(フィリピン)vs 仙三(日本)
◆BOUT8:ONEフライ級ワールドGP 準々決勝 5分3R
和田竜光(日本)vs イヴァニウド・デルフィーノ(ブラジル)
◆PRELIM7:ONEフライ級ワールドGP準々決勝 5分3R
カイラット・アクメトフ(カザフスタン)vs リース・マクラーレン(豪州)
◆PRELIM6:女子アトム級5分3R
V.V Mei(日本)vs クセニア・ラチコワ(ロシア)
◆PRELIM5:フェザー級5分3R
ゲイリー・トノン(米国)vs アンソニー・アンゲレン(オランダ)
◆PRELIM4:ムエタイ フライ級3分3R
ロッタン・ジットムアンノン(タイ)vs ハキーム・ハメック(フランス)
◆PRELIM3:ムエタイ バンタム級3分3R
パニコス・ユーサフ(キプロス)vs モハマド・ビン・マフムード(マレーシア)
◆PRELIM2:キック フライ級3分3R
秋元皓貴(日本)vs ヨゼフ・ラシリ(イタリア)
◆PRELIM1:ライト級5分3R
ユン・チャンミン(韓国)vs バラ・シェッティー(インド)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.