画像: シソンヌじろうと大九明子監督に聞く、映画『美人が婚活してみたら』婚活も映画作りも“共働作業”が成功のカギ!?

シソンヌじろうと大九明子監督に聞く、映画『美人が婚活してみたら』婚活も映画作りも“共働作業”が成功のカギ!?

監督・大九明子×脚本・じろう(シソンヌ)インタビュー
“婚活”の現実を描いて大きな共感と反響を得た、とあるアラ子のWEBコミックを『勝手にふるえてろ』の大九明子監督が黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、田中圭といった豪華キャストをそろえて映画化。ところが、本作で映画の脚本に初挑戦したお笑いコンビ・シソンヌのじろうが、一度は降板を願い出るという衝撃の事態に...!? 婚活に負けるとも劣らぬハードな映画作りを乗り越えた2人が、その舞台裏を語る!
誰もがうらやむ美女なのに恋愛相手が既婚者ばかり。不毛な恋愛に疲れ果て婚活を始めるも、出会う相手も自分の気持ちも一筋縄ではいかなくて...。そんな30代婚活女性のリアルを描く本作。実はじろうの脚本がかなり難航したとか。
じろう「昨年の11月末ごろ、最初にこのお話を頂いたんですが、まずお断りさせていただきました(笑)。映画の脚本なんて書いたことが無かったし、スケジュール的にもきつかったので。でも後日、事務所から改めて言われ原作がある作品だということを聞き、それなら原作をなぞればいいと、すごく軽い気持ちで引き受けたんです。で、なんとなくなぞったものを監督に持っていったら“こういうことではないです”と。そのときに、これはまずい仕事を引き受けたなと思いましたね。で、そこから全然、書けなくなってしまって。自分の中でどんどん不満要素が溜まっていってしまったんです。原作があるとはいえ結局は自分で書かなきゃいけないじゃん、原作があるのに原作通りに書いちゃいけないってどういうことだ!って(笑)。1度、品川の喫茶店で打ち合わせする予定をキャンセルさせていただいたことがあったじゃないですか」
大九明子監督(以下:監督)「そんなことありましたっけ」
じ「あれは当日の朝に“すみません、書けていないので後日にしてください”とプロデューサーさんにお願いしたんです。皆さんが来るまでまだ時間があったんですけど、そのときにはもう僕はもう品川で時間をつぶしていたんです」
監督「品川までは来てたんですね(笑)」
じろう「1度、店にも行ったんです。僕の予定では、打ち合わせの時間までに書き終わっているつもりだったんですが書けなくて、これはもうブッチするしかない、と。それで後日...どこででしたっけ、僕が土下座したの?」
監督「吉本さんの本社でしたね」
じろう「あれも、その日までに書こうと思っていたんですけど結局書けなくて。これはもう降りるしかないと思ってプロデューサーさんに“降ろさせてください”と頼んだんですけど“降りるのだけは絶対に無いです”と言われて、監督に土下座したんです。監督からも“ダメです”と言われ、完全に逃げ道が絶たれて、僕にはもう何も残されていない、もう書くしか生き残る道はないんだと思い、必死で書いたんです」
監督「やっとすべてが時系列でつながりました(笑)。そういえば、今日の打ち合わせが無くなりました、と言われたことがありました。そういう状況とは知りませんでしたが。私の方には12月に打診が来て、スケジュールがタイトだけど大丈夫だろうかと思ったんですが、シソンヌが大好きだったのでじろうさんとご一緒できるならぜひ、とお返事したんです。だから、尊敬するシソンヌのじろうさんに失礼なことを言うはずはないのですが(笑)、最初に頂いた脚本がエピソードを羅列したような感じだったので、私はプロットだと思い“これは違います”と言ったんだと思います。それで、どんな映画にしたいのかをお話して、黒川芽以さんが演じるタカコと臼田あさ美さんが演じるケイコという女同士のシーンを入れてほしいとか、タカコが寿司を手で食べるのも男の影響だったと気づいて自分を取り戻す姿を書いてほしいというようなことをお願いしたんですが...どうやら今、話を聞いた感じだとそこで筆が止まってしまったんですね。こっちはお願いしたいことをし終えて、後はワクワクしながら待っていました(笑)」
じろう「僕は本気で降りようとしていました。“今から降りられませんか”“無理です”というプロデューサーさんとの履歴もケータイに残っています」
かくして脚本家が監督に土下座をするという衝撃の事件が発生...。
監督「もうそろそろ脚本を頂かないと...と思っていたところ1月の打ち合わせのときに、じろうさんが土下座して入ってきたんです。そのときにおっしゃったのが“僕は面白いものしか書けないんです!”って。私は、今日間に合わなかったことを笑いにしているのかなと、1つの芸だと思って“はいはい、面白いのはもういいので座って座って”と何ら焦りも感じずに“映画は90分ずっと面白いシーンである必要はないんですよ、じろうさんなら書けますよ”って励ましていました。確かに、プロデューサーさんは真っ青になっていましたけど、私はシソンヌのすごさを知っていたので、カセを外せば絶対に書けると思っていました。しばらくお話したらじろうさんも“分かりました書きます”と言ってくれたので、プロデューサーが“いつまでに書いてもらいましょうか”と聞くから“明日!”と言ったら、本当に一晩で書いてくださったんです」
じろうが一晩で仕上げた脚本は、監督の思いをすべて見事に織り込んだものだった。
じろう「覚えていないんですよね、どこでどうやって書いたのかすら。多分、辛すぎて記憶から消しているのかもしれません」
監督「本当に書いてしまうからすごいですよね(笑)。芸人さんって何でもできちゃうというか」
じろう「いやいや、僕、土下座してますから(笑)」
監督と脚本家という立場を越えて物語を作り上げていった2人。
監督「これはじろうさんと言葉で確認し合ったわけではないですが、私もじろうさんも、面白いものを作りたいという共通の意識を持っていたと思います。だから今回、役割を意識せず、得意な部分を分業で作っていきました。女同士のやりとりとかラブシーン、映画的な始まりと終わりといった部分は私が書いて、それ以外の面白く書いてほしい会話だったり、特に中村倫也さんが演じる園木や田中圭さんが演じる矢田部といった男性たちが登場するシーンはじろうさんに全面的に頼りました。園木や矢田部のシーンは本当に面白くて私も楽しみながら撮らせてもらっていました」
タカコに夢中になる、高学歴だけど恋愛偏差値の低いオクテの婚活男子・園木と、タカコを翻弄するバツイチのモテ系男子・矢田部。どちらも魅力と地雷をギリギリのバランスで兼ね備える、絶妙なキャラクター。
じろう「僕はコントでいろんなキャラクターをやるんですけど、あの2人もそういった、自分が想像できるキャラクターだったんだと思います。でも中村さんと田中さんが演じた園木と矢田部が、僕の想像をはるかに超えて素晴らしかった。園木はダメそうで憎めない感じ、矢田部は本当にろくでもないヤツというのが画面を見ているだけで、セリフをしゃべってなくても伝わってくる。役者さんてすごいなと思いましたね」
監督「矢田部の“俺のこと好きになっちゃった?”というセリフを最初に読んだときは、本当にたまげました。じろうさんって、ちゃんとモテる人生を送ってきている人なんだな、と。よくよく見たらそこそこかっこいいし」
じろう「ははは(笑)。いやあのセリフは、田中さんのおかげで独り歩きしているんですよ。僕、本当に何も考えないで書いていましたから」
監督「モテる人生を送ってきているから自然と出てくるんですよ」
じろう「そんなことないですよ(笑)。矢田部だったら言うだろうなということを書いただけです」
監督「あと“タカコさんみたいな美人と足並みそろえて歩いたら悪い”という園木のセリフ。私はあれをどうやればいいのか分からなかったんですけど、なんとなくじろうさんっぽいなと思い、そのまま使わせていただいたんです。これを中村さんがどう演じるのかな、とあえて何も言わずにお任せしたら中村さんが見事に、日常にこういうかわいい人がいてもいいな、というすれすれのところを表現してくれた。コントの面白さとフィルムに収まる面白さはやはり全然違うので、どういう温度でやるのがいいのかと思っていたんですけど、うまくハマりました」
じろう「監督は笑いのシーンのはさみ方がいやらしくないというか、さりげなくて絶妙だなと思いました。何より僕が書いたものを、こうしてちゃんとした1つの映画にするってやっぱりすごいなと思いましたね。僕が土下座したときに“面白いものしか書けないんです”と言ったのは、普段書いている5分や10分のコントでは必ず笑いにつながるものしか書かないからなんです。それ以外はすべてはぶいて5分に収めないといけないんですね。でも今回、監督から“映画を見ている間、ずっと笑っていることってないでしょう”と言われて、確かにそうだよな、と。何気ないようなシーンでも1本の映画として見るとそこにも意味が込められているのが分かる。改めて映画ってすごいなと思いました」
そんな2人は次回作でもタッグを組むことに。
監督「『甘いお酒でうがい』という、じろうさんが川嶋佳子という40代の女性になりきって書いている小説があるんですが、それをじろうさんの脚本で映画化したんです」
じろう「この作品のあとに決まったんですよね。たぶんよしもとが“あいつら簡単にだませる”と思ったんでしょう(笑)」
監督「この作品では私は、現場での変更や編集は別として、じろうさんが書いた脚本自体には一切手は入れてません。今回、かなり共働作業だったので次は1文字も助けないぞ、と(笑)。何より、次にタッグを組むならこれと惚れ込んだ作品でしたし。じろう「こっちの作品は締め切りもきちんと守って書きましたもんね。今回よりも『甘い—』のほうが楽でした」
監督「やはり原作者ですからね。私は、佳子役もじろうさんでいいんじゃないかと思っていましたけど」
じろう「いや、僕が主演では企画が通らなかったと思いますよ(笑)」
まさかの“降板希望”や“土下座”がありながら、ふたを開けて見ると相性ピッタリだった2人。
じろう「僕、大九監督に対してストレスを感じることがまったくないんです。僕は“人”で仕事をするタイプというか、合わない人とはどれだけお金くれると言われても極力一緒に仕事をしたくないタイプなんですけど、大九監督とはお金もらわなくても一緒に仕事をしたいと思う。でも逆に監督のほうは、どうなんでしょうね。僕が書いたものに妥協してOK出したところとかあるのかなとか、脚本が書けていないときに殺意がわいたかなとか(笑)」
監督「全然思っていないです(笑)。それに脚本にも一切、妥協はしていません。とにかくあの短期間に2人で全力を出そうと必死でしたし、今は共にやり抜いたという感じが大きいです。笑いの好みもすごく似ていて、無理に近づける必要が無いのも、居心地がいいんです。私の一方的な思いかもしれませんが...」
じろう「いえ、相思相愛ですよ! 僕の笑いを使ってくれてる時点で、合うってことですし。何より監督は僕の尻を叩くのが上手いんです(笑)」
監督「自分では叩いたつもりはないんですが(笑)。ただ、私はじろうさんの才能を尊敬していましたから、尻を叩くというよりは、お願いする術を知っていたのかもしれません。だってシソンヌは“日本一”にもなっているんですよ。私だけじゃなくて多くの人が面白いと思っている芸人さんなんです。面白いものが書けないわけがない」
じろう「ほらね(笑)」
(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)
『美人が婚活してみたら』
STORY:道を歩けば人が振り返るほどの美女タカコ。仕事も順風満帆、愚痴を聞いてくれるケイコという親友もいる。しかし、長く付き合った相手が実は既婚者だったということが3回も続き、気づけば32歳になっていた。不毛な恋愛に疲れ果て「死にたい...」という言葉がこぼれ出たとき、タカコは結婚を決意し婚活サイトに登録。タカコは本気で婚活に励む非モテ系・園木とデートを重ねながらも、シングルズバーで知り合った結婚願望のないバツイチ・イケメン歯科医の矢田部が気になって...。
監督:大九明子 出演:黒川芽以、臼田あさ美、中村倫也、田中圭他/1時間30分/KATSU-do配給/新宿シネマカリテ他にて全国公開中 公式サイト

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.