画像: 二ツ目さん数珠つなぎ【第6回】初音家左吉「寄席に出続けられれば幸せ」

二ツ目さん数珠つなぎ【第6回】初音家左吉「寄席に出続けられれば幸せ」

落語ブームといわれて早ン十年。ブームはちょっと下火に?と思われているが、とんでもない。その頃まだ落語家の卵だった二ツ目さんが、現在の落語界を盛り上げている。そんなイキのいい元気な二ツ目さんを数珠つなぎでご紹介! 第6回は柳家喬の字さんからの紹介で、初音家左吉さんが登場!
ビシッと決まったオールバックが印象的な初音家左吉。本人は「昔の噺家の写真を見ても普通にオールバックの師匠もいますし...。前座に入った時に周りがみんな坊主だったから、自分はこれでいいのかなと思って」といたってクール。落語に興味を持ったきっかけについても淡々と語る。
「子どものころから落語好き...というワケではなく、たまたま大学の授業で “伝統芸能を学ぶ”みたいなコマを取ったのがきっかけです。その授業の先生が“寄席に行け”って言ったので、末廣亭に行ってみたのが始まり。街の中にいきなりあの建物が現れて、中に入ってみるとそれにも増してかなり独特な空間。そこで落語を聞いた時に、こういうのをやってみるのも面白いかも知れないと思ったんです」
大学の授業で...とは言うが、働きながら大学に入学したという。
「理学療法士の資格を持っていて、最初は病院で働いていました。その後、法政大学の人間環境学部に入学し、しばらくして老人ホームに移りました。大学は昼夜開講している学部だったので、夜とか休みの日の昼に通っていたんですけど、たまたま同じ学部に落語研究会の人がいて、人数が少なくて困っているから名前を貸してくれと。名前ぐらいならとオッケーしたら、半年ぐらいして学祭を手伝ってくれと頼まれたんです。働きながら通ってるから無理だと言ったんですが、相手の必死の説得に学祭を手伝うはめに。そこからなんかいろんな事が始まったというか...。同じころ、リハビリの仕事で治療していたお年寄りに、この前落語を聞きに行ったんですよみたい話をすると、私も若い時結構行きましたよ。なんて会話もあって。ちょっとずつ落語に近づいていくわけです」
何はともあれ、29歳で師匠、初音家左橋に入門。
「学校の授業で講師として落語についていろいろ話をしてくれたり、実際に落語をやってくれたりしたのがうちの師匠でした。落語研究会の縁で授業の手伝いをやっている時に面識ができて、そこから、だんだんと師匠の落語を聞きに寄席に通うようになったわけです。そんな事をしているうちに、入門するなら師匠かなと思うようになりました。人情噺とか、すごいなーと感動しましたね」
初音家という亭号は珍しいですね。
「今は師匠と私しかいません。私の師匠の師匠は先代金原亭馬生と言い、落語をご存知ない方に説明すると...池波志乃さんのお父さんです。それでも分からない人は、中尾彬さんの義理のお父さんと覚えていただければ。そして、その上の師匠が昭和の名人と言われる古今亭志ん生なので、初音家は古今亭の一門なんです。ですから私は古今亭の秘密兵器と言われ、早十数年。このまま秘密のママで終わりそうな気配もありますが...。しかし、今秋には真打に昇進し古今亭になるので、むしろ秘密じゃなくなるという話も」
9月には真打昇進、さらに名前も変わる。
「古今亭ぎん志という名前になります。うちの一門の志ん生師匠が将棋好きで、弟子の名前には将棋に関係する“駒”や“馬”などが付く名前が多いんですね。その慣例に習って“ぎん”はどうかと。それで亭号も師匠と相談して“金原亭でも古今亭でも良いぞ”と言われまして、最終的に古今亭を名乗らせていただく事にしました。昔からある名前を襲名する人もいますが、こればっかりは。今はいい名前の空きがないんですよ。間のもんですから」
悩みは師匠の悪口がないところとか。
「こんなこと言ったら師匠に怒られるかも知れませんが、大変仲のいい師弟でして。師匠の弟子は私だけで、なにしろ落語家の初音家は2人だけなのですごく可愛がっていただいているなとひしひしと感じております。大体、いっぱい兄弟弟子とかがいたら、みんな師匠について愚痴とか言ってるじゃないですか。よく知りませんけど。噺家ならではのシャレではありますが、例えば真打披露興行のパーティーとかで、“師匠はあんな事言ってますが、こっちもいろいろ迷惑をこうむっておりまして...”なんて挨拶をするわけですよ。笑いに包みながら、本心で。でもね、そういうのが一切ないんです、師匠に対して。それは欠点だなって思うんですよね。だからなんか悪口を探さないといけないんですけど、好きで入門して入門後も可愛がっていただいてるんだから、あるわけがない。それってネタがないみたいで、どうかなとは思うんですけど...」
贅沢な(?)悩みもありつつ、真打昇進にあたり思う事も。
「最近たまたまなんですが、すごくお世話になった方の訃報が続き、ちょっと考えるところがあって...。40半ばともなると、だんだんとそういう事も増えてくるのかなと。真打になるって、周りの人は喜んでくれるけど、自分自身は不安と恐怖のほうが大きいわけですよ。これからどうなるんだろう、大丈夫かなって。でも応援してくれる人がいる、支えてくれる人がいるっていう事が励みになったりしているんです。僕、二ツ目になったばかりのころはほとんど仕事がなかったんです。でも今は寄席の出番も増え、いろいろ呼ばれる事も多くなって、真打になるより二ツ目の上が長いほうがいいんじゃないかと思う事もあったんですよね。でも、応援してくれる人の事を思うと、そんな呑気な事を言ってる場合ではないなと。一日も早く真打披露をやって、真打になるのを楽しみにして下さっている方に恩返しをしないとと思い始めています。とはいっても、なる時期は決まっているんですけど」
真打になっても目標は変わらない。
「高座に出続けたいですね。もともと僕はテレビに出たいとか、タレントになりたいって思った事がないんです。うちの師匠にも入門する時に“弟子に取るのはいいけど、俺のところにきても不遇だぞ。テレビに出たいなら、ほかの師匠のところに行ったほうがいい”ってはっきり言われましたもん。でも僕は師匠以外は考えられなかった。タレントになりたいわけではなく、寄席芸人になりたかったし、お客様にもそう思っていただきたい。だから寄席に出ていれば幸せかなと思うんですよね、今もこれからも」
【プロフィル】 1974年11月26日生まれ、東京都世田谷区出身。理学療法士の資格を持ち、病院、老人ホーム等でリハビリの仕事に従事していた経歴をもつ異色の噺家。趣味は献血で、表彰された事も。2004年、初音家左橋に入門。2005年、1月より前座となる。2008年、二ツ目昇進。今年9月に、柳家わさび、柳家喬の字、柳家ほたるとともに真打に昇進予定。「古今亭ぎん志」にて真打昇進。【公認HP】http://sakichi.ikidane.com/
<今後の主な予定>
4月下席鈴本演芸場の高座舞興行

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.