画像: 【徳井健太の菩薩目線】第21回 窮屈な時代“平成”が終わろうとしている

【徳井健太の菩薩目線】第21回 窮屈な時代“平成”が終わろうとしている

“サイコ”の異名を持つ平成ノブシコブシ・徳井健太が、世の中のあらゆる事象を生温かい目で見通す連載企画「徳井健太の菩薩目線」。第21回目は、平成が終わる今、この31年間に徳井は何を思うのか、独自の梵鐘を鳴らす――。
窮屈な時代“平成”が終わろうとしている
でも、この地獄は「もうちっとだけ続くんじゃ」と思っている
平成が終わるってのに、いまだに昭和に思いを馳せている人は多いんじゃないかな。俺もその一人。懐古主義者っぽい言い方はしたくないんだけど、昭和はふり幅があって面白かった。平成は、どんどん窮屈になっていった。
1999年に、NSCへ入学したことを考えると、俺の芸歴は、まさに平成とともにあったわけだから、平成という時代に対して感慨深いものだってある。でも、ツイッター含めたSNSという、“一億層見張り番”なる悪魔のシステムが登場したことで、風向きが変わった。もっとインターネットってのは、知的なもんだと思っていたよ。
これからの芸人たちは、俺たちとはまた違う時代を生きるんだろうね。数年後、文部科学省推薦芸人とか登場していても、俺は驚かない。国の助成金をもらいながらネタを作る時代が来るんじゃない?
しかも、好感度なんていう指標まで浸透してしまった。「写真を撮ってください」なんて言われたら「嫌です」とは言いづらい。“神対応”なんて言われているけど、
本当に神の対応をされているのか疑った方がいいよ。中には、裁きを受けたくないから神のフリをしている奴だっているんだ。
YouTubeの規制も厳しくなったよね。一体、どこまで規制に拍車がかかるんだろう。新しいものが生まれる度に、新しい規制が生まれる。俺たちが若い頃に開催していたトークライブなんて、今、同じ内容を話したら揚げ足を取られて終わり。悪ふざけはできない。「時代が変わったんだから仕方ない」って言われるけど、そこから学ぶものだってあるってことをスルーし過ぎじゃない? と言っても、今やバカッターよろしく、そんなことをしたら多額の賠償金を背負わされるんだから、何の学びもないか。ただただ大人しく、真面目に生きていく。これほど怖いことはないと思うんだけどね。
俺たちは、昭和を見て、憧れてこの世界に入ってきて、平成になって”はい、ダメー!”と釘を刺される形になった。綺麗な世界しか見ていない人たちからしたら、そんなことはどうでもよく、ひたすらアウトにしたがるんだろうな。そういう出来事が、最近多いもんね。
これほどまでに、クレームを入れたもん勝ちの時代になるとは思わなかった。「うるせぇよ」って言えればいいんだけど、そういうわけにもいかない。俺なんか子どもが二人いるけど、そういう視点も踏まえながら、子育てをしているわけ。でも、「子どもたちにとって良い時代か?」って考えると、答えに窮するよね。
規制の嵐の中、どう子どもたちを育てていくか
みんな、許さなくなってきてるよね。「いいよ」って言えない人が増えた。例えば、自転車の二人乗り。運転手の年齢が16歳以上で、幼児用座席を自転車の前か後ろに装着し、乗っている6歳未満の子どもがヘルメットを着用している場合に限り、違反にはならない。この範疇以外は、違反ということになる。
たとえ、子どもが中学生だったとしても、親父が子どもを乗せて漕ぐ二人乗りって、もっと尊いと思いたい。友だち同士の二人乗りだってそう。どんなソーシャルゲームよりも、関係性を感じられると思うんだけど。そういう関係が希薄になるから、ネット世界に強固なものを求め、あちら側に行ってしまう人だっているんじゃないの。
長男は、魚をさばくことにハマっているんだけど、自分の小遣いでデカい魚を買ってきてさばくの。親としては、微笑ましいよね。リアルな感覚に面白味を見出してくれるのはうれしい。俺は、子どもたちに実際にやってみることの楽しさを教えるようにしているんだけど、それだってどんどん但し書きが増えている。親と子ども、双方にとって窮屈になるような(自主を含む)規制って、何なんだろうって思う。
俺の子どもたちは、東京五輪も終わる2020年代に思春期を迎える。おそらく、
日本が一番底にいるときに多感な時期を過ごすだろうから、親として何ができるか日々考えている。
平成を振り返ると、自分の子どものときの思い出や、自分を成長させてくれた思い出が、今の時代では規制の対象になっていることが少なくない。子どもに、そういった馬鹿話を好き勝手に話せないんだから、これほど悲しいことはない。いずれこの地獄も終わると思う。だけど、つくづく、つまらなくなったなぁと思う。だから、次の時代は「それを変える」という気持ちを持ちたい。俺も微力ながら、そのつもりだ。
どんな時代になるんだろうね。俺は、平成後期に対するカウンターカルチャーが席捲するような空気感になっていくような気がしている。決められた場所で正座する、なんて文化や考え方は、さようなら。生きていることに対して、ハラハラしたいし、させてほしいと、心から思っている。
※徳井健太の菩薩目線】は、毎月10日、20日、30日更新です
【プロフィル】とくい・けんた 1980年北海道生まれ。2000年、東京NSC5期生同期・吉村崇と平成ノブシコブシを結成。感情の起伏が少なく、理解不能な言動が多いことから“サイコ”の異名を持つが、既婚者で2児の父でもある。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.