画像: TOKIOがパラスポーツで対決 東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアーファイナルイベント〜Tokyo2020 500 Days to Go!〜

TOKIOがパラスポーツで対決 東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアーファイナルイベント〜Tokyo2020 500 Days to Go!〜

「東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアーファイナルイベント〜Tokyo2020 500 Days to Go!〜」が30日東京駅丸の内中央広場で開催、小池百合子知事ほか、スペシャルアンバサダーのTOKIOが登場した。
フラッグツアーは、東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げることを目的に、2016年10月に東京を出発。東京の全区市町村と46道府県を回り、今回東京に戻ってきた。
小池知事は「2020年7月24日まであと482日、パラリンピックまで514日。オリンピック・パラリンピックの機運醸成にこのフラッグツアーが大きな役割を果たしてくれた。その役目は今度、聖火リレーへ変えていくことになります。それにともない、さらなる協力、支援を持って東京2020大会を成功に導いていきましょう」と挨拶した。
フラッグツアーアンバサダーとして、スタートを盛り上げ、全国各地にも応援に行ったTOKIOの長瀬は「大人から子どもまでみんな待ちに待っていたんだなという気持ちをダイレクトに感じました。このタイミングで、東京オリンピックを見られるという事がすごくうれしいなと思っていますので、少しでもこのオリンピックを盛り上げる事に協力できたらという気持ちでやらせてもらいました」と思い出を振り返った。
松岡も「前回の東京オリンピックを体験している人の思い出話を聞く機会もあって、今度は僕たちが新しい東京オリンピックを次世代の方々につないでいくんだなと感じました」とコメントした。
また、東京オリンピック・パラリンピックへの思いを聞かれた国分は、「TOKIOで東京というのは、感慨深いものがある。2020年、自分にできることは何かなと考えた時、選手たちに声援を送ることだと思った。全員で選手のみなさんを応援すれば、必ず選手のみなさんの背中を押すことになると思います」と選手を応援して、オリンピック・パラリンピックを盛り上げようと呼びかけた。
城島も「1986年に奈良から上京してきて、まさか今この場所でこんな大きなプロジェクトに参加できるとは思っていませんでした。記録に残る、そして記憶に残る東京オリンピック・パラリンピックになればいいなと思います。みなさんでぜひ盛り上げて行きましょう」と2020年に思いを寄せた。
この日は、オリンピック・パラリンピックに出場するアスリートがデモンストレーションを行った。東京大会で初採用されるパラテコンドーの星野佑介選手が、小池知事と城島を相手に技を披露。頭の上のペットボトルを蹴られた城島の腰が引けた姿に会場から大きな笑いが起こった。
続く第2部では、アスリートがパフォーマンスを披露したほか、TOKIOと吉田沙保里が、スケートボードやBMXを体験。さらに、TOKIOがパラスポーツにしかない競技「ボッチャ」を2チームに分かれ対決。初めてボッチャを体験したTOKIOのメンバーだったが、やっていくうちに超真剣モードに。本気で悔しがったり、時間をたっぷり使って作戦会議をしたりなど本気で楽しんでいた。
結果はパラリンピアンの廣瀬氏の活躍もあり、城島、松岡チームの勝利。負けた国分だったが「見るだけじゃなく、実際にやってみると奥深さがわかる」と話し、長瀬も「実際にオリンピックで試合をやったら、ドラマが生まれそうですよね。感動する場面が想像できました。すごく楽しみ」とにっこり。
最後に城島が「誰しもが楽しめる、それがボッチャの魅力じゃないかと」と気取って締めると松岡が「よろしいんじゃないですか」と笑いながら突っ込んでいた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.