画像: ション・ジンナンがアンジェラ・リーを返り討ち【3・31 ONE】

ション・ジンナンがアンジェラ・リーを返り討ち【3・31 ONE】

アンジェラは強引な攻めでスタミナをロス
アジア最大の格闘技団体「ONE Championship (ONE)」の日本初大会となる「A NEW ERA-新時代-」(3月31日、東京・両国国技館)で行われた「ONE女子ストロー級チャンピオンシップ」で王者ション・ジンナンがアトム級王者のアンジェラ・リーを破り、3回目の防衛を果たした。
1Rは打撃の攻防から組み合いに。アンジェラはケージにジンナンを押しつけ強引に引き倒しテイクダウンに成功。サイドポジションを奪うが、ジンナンはしのいでアンジェラをガードに入れかけるが、そこはアンジェラが回避。立ってローを放つ。立ち上がろうとするジンナンをフロントチョークにとらえるがジンナンがしのぎ切る。2Rはケージ際の攻防でアンジェラがテイクダウンを狙うがジンナンは今度はしのぎ、逆にパンチのラッシュを見せる。
3Rは組み付いたアンジェラが強引に引き倒しテイクダウンに成功すると上のポジションをキープ。ジンナンが体勢を入れ替えるがアンジェラは足を離さず再度テイクダウン。サイドポジションから腕を狙うがジンナンは立ち上がり脱出。やや強引な攻めが目立つアンジェラはスタミナが切れかけ、ジンナンのパンチの連打に防戦一方となるシーンも見られるようになる。
4Rのえぐい腕十字を耐え、5Rに逆転KO勝ち
しかし4Rに入ると開始早々にアンジェラが右ストレートから組み付いてテイクダウンに成功すると腕十字を狙う。ケージ際で動きに制限がある中、アンジェラはジンナンの右腕をあらぬ方向に捻じ曲げるがジンナンは体を動かししのぎきる。
この一連の攻防で大きくスタミナをロスしたアンジェラ。5Rになるとジンナンの打撃に防戦一方。最後はジンナンの右のボディーストレートからの前蹴りに戦意喪失。追撃のパンチの連打でケージに寄りかかり横を向いてしまう。なおもパンチを放つジンナンだったがレフェリーが割って入り試合を止めた。
敗れたアンジェラはダメージが大きく会見場に姿を現すことはできなかった。
V.V Meiは腕十字で一本勝ち
日本のV.V Meiはロシアのクセニア・ラチコヴァと対戦し、3R3分18秒、腕十字固めで勝利を収めた。
Meiは長身のラチコヴァの長いリーチに手間取ったものの、2Rにはテイクダウンに成功しポイントを奪うと、3Rには右フックからのタックルでテイクダウンに成功。ラチコヴァの下からの三角絞めをしのぐとサイドポジションを奪い、顔面にヒザ蹴り。パンチを落とし続けマウントに移行すると一気に逆十字。ラチコヴァは体勢をずらして脱出を図るが、Meiはなおも締め上げ一本勝ちを収めた。
ONE Championship「A NEW ERA-新時代-」(3月31日、東京・両国国技館)
◆メインイベント:ONE ライト級チャンピオンシップ 5分5R
●エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)(1R2分34秒、肩固め)青木真也(イヴォルブ MMA)〇
◆BOUT14:ONE女子ストロー級チャンピオンシップ 5分5R
〇ション・ジンナン(中国)(5R1分37秒、TKO)アンジェラ・リー(シンガポール)●
◆BOUT13:ONEミドル級チャンピオンシップ 5分5R
〇アウンラ・ンサン(ミャンマー)(2R4分41秒、TKO)長谷川賢(フリー)●
◆BOUT12:ONE世界バンタムチャンピオンシップ 5分5R
●ケビン・ベリンゴン(フィリピン)(3R、反則)ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル)〇
◆BOUT11:ONEフライ級ワールドGP準々決勝 5分3R
〇デメトリアス・ジョンソン(米国)(2R2分40秒、フロントチョーク)若松佑弥(TRIBE TOKYO M.M.A)●
◆BOUT10:ONEライト級ワールドGP準々決勝 5分3R
●エディ・アルバレス(米国)(1R4分5秒、TKO)ティモフィ・ナシューヒン(ロシア) 〇
◆BOUT9:ONEスーパーシリーズ(立ち技ルール) 3分3R
●アンディ・サワー(オランダ)(2R51秒、TKO)ヨドサンクライ・IWE・フェアテックス(タイ)〇
◆PRELIM8:ONEフライ級ワールドGP準々決勝 5分3R
●池田仙三(日本)(判定0-3)ダニー・キンガッド(フィリピン)〇
◆PRELIM7:ONEフライ級ワールドGP準々決勝 5分3R
〇カイラット・アクメトフ(カザフスタン)(判定3-0)リース・マクラーレン(豪州)●
◆PRELIM6:ムエタイ フライ級3分3R
〇ロッタン・ジットムアンノン(タイ)(判定2-1)ハキム・ハメック(フランス)●
◆PRELIM5:キック フライ級3分3R
●秋元皓貴(日本)(判定0-2)ヨゼフ・ラシリ(イタリア)〇
◆PRELIM4:女子アトム級5分3R
〇V.V Mei(日本)(3R3分18秒、腕十字固め)クセニア・ラチコヴァ(ロシア)●
◆PRELIM3:フェザー級5分3R
●アンソニー・アンゲレン(オランダ)(1R4分12秒、TKO)ゲイリー・トノン(米国) 〇
◆PRELIM2:ムエタイ バンタム級3分3R
〇パニコス・ユサフ(キプロス)(判定3-0)モハマド・ビン・マフムード(マレーシア)●
◆PRELIM1:ライト級5分3R
〇ユン・チャンミン(韓国)(1R4分16秒、リアネイキドチョーク)バラ・シェッティー(インド)●

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.