画像: デメトリアス・ジョンソンが若松をギロチン葬【3・31 ONE】

デメトリアス・ジョンソンが若松をギロチン葬【3・31 ONE】

若松は「打撃は世界のトップで通用する手応えがあった」
元UFCフライ級王者で、UFC史上最多の11度の防衛記録を持つ、レジェンド、デメトリアス・ジョンソンが「ONE Championship (ONE)」の日本初大会となる「A NEW ERA-新時代-」(3月31日、東京・両国国技館)でUFC離脱後の初試合に臨み、若松佑弥を2R、ギロチンチョークで破り、ONEデビュー戦を飾った。
28日に行われた記者会見ではジョンソンを相手にしても「スーパースターのジョンソンをKOして僕が新時代を作る」「緊張していない。相手はビビっていた」などと語った若松はこの強敵相手に1Rから臆することなく攻め込んでいく。
ジョンソンは1R序盤、パンチからのタックルでバックを奪いグラウンドに引き込もうとするが、若松が逆に上を取る。しかしジョンソンはガードに入れると若松に何もさせずにケージを使って立ち上がる。スタンドの展開では若松のパンチがジョンソンをとらえ、ジョンソンがバランスを崩す場面も。残り1分を切ったところでジョンソンは高速タックルからテイクダウンを奪うとサイドポジションに移行するが、若松はこの大きなピンチをしのぎ切る。
2Rに入ると若松がパンチで攻め込むが、ジョンソンはタックルでしっかりとテイクダウンに成功すると上のポジションを取る。立ち上がろうとする若松の動きに合わせてバックを奪ったジョンソンは最後はギロチンチョークをがっちり。若松はタップしたが試合後の会見では「最後はネックロックで首が絞まった感じ。でも右アッパーや左フックが当たった感触があって、打撃は世界のトップで通用する手応えがあった」などと試合を振り返った。
ジョンソンは若松については「基本的に自分の相手をランク付けはしないけど良いファイター。若くて可能性のある選手だと思う」と評した。初めての日本での試合については「全ての期待を超えるものだった。日本のMMAを見て育ったが、ここで戦うとは思ってなかったのですごいことだ。他の国で試合をするというのは、時差や調整に自信がなくてすごく恐れていたことなのだけど、今回はよくできたと思う」などと話した。
ONE Championship「A NEW ERA-新時代-」(3月31日、東京・両国国技館)
◆メインイベント:ONE ライト級チャンピオンシップ 5分5R
●エドゥアルド・フォラヤン(フィリピン)(1R2分34秒、肩固め)青木真也(イヴォルブ MMA)〇
◆BOUT14:ONE女子ストロー級チャンピオンシップ 5分5R
〇ション・ジンナン(中国)(5R1分37秒、TKO)アンジェラ・リー(シンガポール)●
◆BOUT13:ONEミドル級チャンピオンシップ 5分5R
〇アウンラ・ンサン(ミャンマー)(2R4分41秒、TKO)長谷川賢(フリー)●
◆BOUT12:ONE世界バンタムチャンピオンシップ 5分5R
●ケビン・ベリンゴン(フィリピン)(3R、反則)ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル)〇
◆BOUT11:ONEフライ級ワールドGP準々決勝 5分3R
〇デメトリアス・ジョンソン(米国)(2R2分40秒、フロントチョーク)若松佑弥(TRIBE TOKYO M.M.A)●
◆BOUT10:ONEライト級ワールドGP準々決勝 5分3R
●エディ・アルバレス(米国)(1R4分5秒、TKO)ティモフィ・ナシューヒン(ロシア) 〇
◆BOUT9:ONEスーパーシリーズ(立ち技ルール) 3分3R
●アンディ・サワー(オランダ)(2R51秒、TKO)ヨドサンクライ・IWE・フェアテックス(タイ)〇
◆PRELIM8:ONEフライ級ワールドGP準々決勝 5分3R
●池田仙三(日本)(判定0-3)ダニー・キンガッド(フィリピン)〇
◆PRELIM7:ONEフライ級ワールドGP準々決勝 5分3R
〇カイラット・アクメトフ(カザフスタン)(判定3-0)リース・マクラーレン(豪州)●
◆PRELIM6:ムエタイ フライ級3分3R
〇ロッタン・ジットムアンノン(タイ)(判定2-1)ハキム・ハメック(フランス)●
◆PRELIM5:キック フライ級3分3R
●秋元皓貴(日本)(判定0-2)ヨゼフ・ラシリ(イタリア)〇
◆PRELIM4:女子アトム級5分3R
〇V.V Mei(日本)(3R3分18秒、腕十字固め)クセニア・ラチコヴァ(ロシア)●
◆PRELIM3:フェザー級5分3R
●アンソニー・アンゲレン(オランダ)(1R4分12秒、TKO)ゲイリー・トノン(米国) 〇
◆PRELIM2:ムエタイ バンタム級3分3R
〇パニコス・ユサフ(キプロス)(判定3-0)モハマド・ビン・マフムード(マレーシア)●
◆PRELIM1:ライト級5分3R
〇ユン・チャンミン(韓国)(1R4分16秒、リアネイキドチョーク)バラ・シェッティー(インド)●

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.