画像: 【インタビュー】 FANTASTICS、最新作『Flying Fish』で成長聴かせる

【インタビュー】 FANTASTICS、最新作『Flying Fish』で成長聴かせる

2018年末にデビューしたダンス&ボーカルグループのFANTASTICS from EXILE TRIBEが、ニューシングル『Flying Fish』を4月3日にリリースする。キャッチーでさわやかで、新しくスタートを切る人たちと一緒に歩んでいくような曲。「自分たちにすごくフィットしている感覚がある」という本作について聞いた。
『Flying Fish』は僕らにとって、すごく大切な曲になる
――セカンドシングル『Flying Fish』が完成しました。この曲が手元に届いたとき、最初に思ったことってどんなことだったんでしょうか。
世界:......なんか、売れそうだなって思いました(笑)。
――というのは?
世界:さわやかで、キャッチーなのに、メッセージ性が強い。さわやかな印象だと思うんですけど、言っていることはすごく深いなって。これは僕らにとって、すごく大切な曲になると思いました。自分たちにすごくフィットしている感覚があって、そんなふうに思える曲にこんなに早く出会えるなんて。とてもうれしいです。
――そのフィットしていると感じる理由って、例えばどんなところが?
世界:歌詞は、他のEXILE TRIBEのグループやLDHに所属しているアーティストがお世話になっている小竹正人さんに書いていただいているんですが、小竹さんは僕らにすごく近い存在なんです。だからか歌詞がまるでメンバーが書いたようで。込められている想いとか。きっと10年後もパフォーマンスしたいと思うだろうなって思う曲です。
――小竹さんとは、歌詞を書く前提みたいなのがあって話をしたりするんですか?
世界:というよりも......ご飯を食べたりするんですよ。そういうのとは関係なく。
佐藤大樹(以下、大樹):その場で歌詞について話すということではないですけど、普通の会話をしているうちに、僕らはこう感じているんだろうなって書いていらっしゃるみたいです。
――新しい一歩を踏み出そうという気持ちを応援してくれるというか、寄り添ってくれる曲。ボーカルのお2人はどのようにこの曲と向かい合っていますか?
中島颯太(以下、中島):大樹君経由で小竹さんが持っていたトビウオのイメージの映像をいただいていたので、イメージが沸いた状態でレコーディングに臨みました。
大樹:トビウオの群れですね。ミュージックビデオを撮影する前に見ておいてほしいって。それだけでしたね。特に、説明もなく。
――そのイメージで、ボーカルのお2人は歌った、と。
八木勇征(以下、八木):すごくフレッシュな曲調なので、歌声だけを聞いても、笑顔が浮かんでくるような、そんな歌い方を意識してレコーディングしました。
中島:笑顔で歌う、歌っていて自然とそれが表情に出てくるように、って2人で試行錯誤しながら。
――曲の中には、「白黒がつかない」だとか、「青春って時間の次の春はどんな色をして」だとか、グリーンだとか、いろいろな色が出てきます。でも、今回のアートワークを見てみると......カラフルだったデビュー作とは打って変わって白い。
世界:僕は、これから始まるっていう意味での白だと感じています。この曲ってボーカルが入ったFANTASTICSで取り組んだ初めての曲なんです。前作の「OVER DRIVE」はパフォーマーだけだった時からの曲ですし、どちらかというとパフォーマー寄りの曲でした。そういう意味で、決意表明みたいな。これから色濃くなっていくぞという意味での、白。
佐藤:白いキャンバスみたいに! この先どんな色に染まるのか、楽しみにしてほしいと。
――さて、パフォーマンスの話を。振り付けは、引き続き、世界さんが担当ですか?
世界:はい。歌詞の世界観を届けたいというのは当たり前としてあって、そこからどうしたらみんなが輝くのか、どうしたらこのチームにとっていい振りかと考えて振り付けています。この曲でも同じです。みんな身長が高くて手足を使うのが上手なメンバーが多いので、長い脚と腕を存分に使える振りにしました。それにこの曲ではボーカルも一緒に踊る部分があります。
――八木さんと中島さんにとっては新しい挑戦ですね。
中島:新しい自分を発見できたかなという感じですね。グループとしての一体感を感じてもらえるパフォーマンスができるんじゃないかなと思います。ミュージックビデオでも踊っているところを見てほしいですね。
――シングル収録曲の「Believe In Love」について聞かせてください。この曲は佐藤さんが主演を務める映画『4月の君、スピカ。』の主題歌です。
佐藤:自分が出ている作品の主題歌をFANTASTICSでというのは、グループを結成してからのひとつの夢でもあったので、思っていたよりも早く実現できてうれしかったです。
――キュンとするバラード曲です。
佐藤:EXILE TRIBEのアーティストがお世話になっている春川仁志さん(作曲)、岡田マリアさんの作詞で、めちゃめちゃ豪華です。それと、映画に合っているのはもちろんですが、ライブをするときに、また新しいFANTASTICSを表現できるのかなって、ワクワクする感じです。
――バラード曲ではボーカルの役割部分が多くなると思いますが、いかがでしたか?
中島:寄り添う声とか、映画館で聴いてくださる方を意識しながら、フレーズの最後の最後まで意識を配りました。とはいえ、この曲は、パフォーマンスするバラードなので、歌いながら一体感を感じられています。それもうれしいです。
――もう、ライブパフォーマンスをお客さんのまえでされているんですよね。
八木:はい。ボーカルも、パフォーマーに寄り添う気持ちで歌い、パフォーマンスする。レコーディングでやったことをライブでやろうとしているんですが、難しいなあって。EXILEさんとか先輩たちがライブでバラードをパフォーマンスしていることがどれだけすごいことなのかって、改めて実感しています。
「EXILEさんに教わるものは、たくさんあった」
――EXILEのドームツアーに帯同してきたことも大きいんだと思いますが、前回のインタビュー時と比べると、みなさん、アーティストの風格が出てきましたね。大樹さん、そう感じませんか?
大樹:確かにそうかもしれません。自分たちではなかなか分からないですけど、先輩方も「デビュー前とは顔つきが全然違う」って言ってくれました。EXILEと一緒にドームのステージに立たせてもらって、あれだけの人数の前で歌い、踊ったんですから。
――パフォーマーのみなさんは、それぞれ自分自身で変化を感じていますか?
瀬口黎弥:最初の公演がデビュー前で、それ以降も経験できて、EXILEさんに教わるものはたくさんありました。
木村慧人:約5万人が見ていらっしゃいますから、遠くのほうまで意識してパフォーマンスすることを学んだ気がしています。パフォーマンスの時に出せるパワーの量というか強さもより大きくなったと思います。それに......今度は単独でもできたらなと思いました。
堀 夏喜:EXILEさんのツアーもそうですが、そのほかにもいろいろなステージでさまざまなお客さんの前でもパフォーマンスをして経験を積んで、アーティストが発信するものの大切さというか責任感はすごく考えるようになりました。それと同時に、個人というよりはグループについて考えるようになりました。
――そう感じたことは大きいですね。
澤本夏輝:その結果というのか、こういった取材や撮影でも、いろんな表情を出せるようにしたいとしっかり意識するようになって。少しずつできるようになってきたのかなって思っています。それが曲にも反映できるようになって、バリエーションが増えたと自分では思います。
――また、次にお話しを聞くのが楽しみになりました。これから『Flying Fish』を聞く機会もたくさんありそうです。
大樹:はい。ぜひ、みなさんにお会いしたいですね。
――ありがとうございました。
(TOKYO HEADLINE・酒井紫野)
ニューシングル『Flying Fish』は4月3日リリース!
タイトルトラックのほか、佐藤大樹と福原遥が主演を務める映画『4月の君、スピカ。』の主題歌「Believe In Love」、「Can't Give You Up」、そして「OVER DRIVE」の英語バージョンを収録。それぞれタイプの異なる楽曲でFANTASTICSの魅力がさまざまなベクトルで発揮されている。【CD+DVD】盤のDVDにはタイトル曲のミュージックビデオを収録している。【CD+DVD】は1852円+税、【CDのみ】1204円+税。rhythm zoneより4月3日リリース。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.