画像: 福田麻由子が映画『ラ』の壮絶な撮影現場を振り返る「1年間役が抜けなかった」

福田麻由子が映画『ラ』の壮絶な撮影現場を振り返る「1年間役が抜けなかった」

音楽青春エンターテインメント映画『ラ』が4月5日より公開される。映画や舞台、ドラマで活躍、ミュージシャンとしても注目されている桜田通と、子役時代から確かな演技力で定評のある福田麻由子、そして2018年だけでも7本の映画に出演している笠松将が、若者たちの苦悩、喜び、絶望、希望を熱演。ヒロインを演じる福田は「1年間役が抜けなかった」と語る。
「私が演じるゆかりという女性を、理解・共感できないというところからのスタートでした。自分自身とは真逆の人間だったので、自分の価値観を根本から変えて、この子の事を理解しないと嘘になってしまうと。私はこれまで芯が強くて自分を持っているような役を演じる事が多かったのですが、今回は他人に依存するとても弱い女性。しかし演じてみて、弱さもあるけど、ある意味では私にない強さもある女性だと感じました」
ゆかりについて「最初は嫌いで今は愛している。でも好きになる分、自分が嫌いになっていった」と言う。
「あまりにも自分と価値観が違い過ぎたので、彼女の価値観を認めると、自分の価値観を否定する事になると思ったんです。それはどちらが正しいとかではないのですが、生きていく中でなんとなく培われた自分の軸みたいなものが、そうじゃないゆかりの価値観に寄せる事で、逆に“私の生き方が間違ってるんじゃないか”と思ってしまい...。ですから、自分に戻ってくるのに1年ぐらいかかってしまいました」
そんなに真逆の人間を演じるのに、どのように気持ちを寄せていったのか?
「物理的なところでは、リハーサルの時でも、ゆかりをイメージした服を着てやったり、普段はロックとかが好きなんですけど、女性ボーカルの曲しか聞かなくなったり...。“ユニコーンとかは聞いていられないわ”みたいな(笑)。本当に自分を根本から変えないとという思いがあり、音楽の趣味が変わるぐらいでした。ゆかりを演じるまでは、役と自分をどこか冷静に切り離そうとしていたのですが、この役に出会い、これから先、自分が役者としてどうやっていくかを考えた時に、そんな事言ってないで全部染まってみようと。ある意味、挑戦というか、すべてをこの女性に捧げようと思って演じたのがゆかりでした」
一歩間違えば“怖い人”、でもどこかにすごく純粋なものを持っているゆかり。その演じ分けで苦労した点は?
「撮影に入ってからは、自分の見え方とか余計な事は考えたくないと思っていたので、気持ちが動くままにやっていました。ただリハーサルの時は頭で考えて、どう見えるかなど監督やほかのキャストの方と、結構話し合いましたね。ダンカンさんとのシーンも、伝わりにくいかなと思った部分の台本を、監督と話し合って変えてもらったりもしました。ただ、見ている人がゆかりに感情移入してもらうようにする必要はあまりないのかなと思っていて。どちらかというと、桜田君が演じる慎平の気持ちにお客さんがついていけるようにと思っていました。慎平を私と黒やん(笠松)が動かすという立ち位置だったので、慎平にちゃんとお客さんがついていけるようにというのは、すごく考えてやっていました」
ライブシーンも迫力があり、よくある青春映画かと思いきや、恋愛、友情と裏切り、親子の絆、そして社会問題などなど要素が盛りだくさん。
「この映画の魅力について説明しようとすると、すごく難しいんです。いろいろな面があるし、撮り方も意外性がある。例えば、もっとドロっと撮ろうと思ったら撮れるんですけど、それを監督がポップな仕上がりにしてたり、主演の桜田君が持っている華がそのまま輝いている部分と、いい意味で裏切られる部分があったりとか...。だからポップな青春映画を見に来て、それも見る事ができるけど、同時に “こんな世界には来たつもりはなかった”というところまでお客さんを連れて行けるのではと思っています。ベテランの役者さんも出ていらっしゃいますが、桜田君と笠松君、そして私も20代ですし、スタッフさんも若い方が多く、このチームだからできた映画だと思います。若いエネルギーの爆発が詰まっていて、いわゆるきれいにまとまった映画ではないかもしれないけど、それぞれの持ち場で力を発揮して生まれた作品じゃないかなと。あまり映画を見られない方にも、面白いと思っていただけるのではないでしょうか。この物語の中心には慎平がいて、黒やんとの世界、ゆかりとの世界、そして家族との世界のそれぞれに関わっている。その真ん中にいる慎平は同じ人間なのに、それぞれの世界にいる時によって顔つきも違うし、別人格のよう。人ってこうやっていろいろな人と触れ合って、いろいろな世界を持って、そこから自分の顔を見つけ、ちょっとずつ自分というものが出来上がっていくんだろうなということを感じられる映画です。慎平が人との関わりの中で、どう変わっていくか。そんなところにも注目していただければと思います」
素の桜田はどんな人?
「本当に真面目な方で、誰に対してもまったく裏表がなく、常に嘘がない人だという印象です。私が役にどっぷりつかって、変な話、周りの人に笑われてもいい、嫌われてもいいという覚悟を持って演じていたんですが、桜田君は私がどんなに必死で、ある意味、そんな細かい事どうでもいいじゃんっていう事を言ってもは絶対笑わなかった。それを最初のリハーサルで感じて、桜田君の存在が自分の中ですごく励みになりました。本気でぶつかってやる!と思えたのは彼の力がすごく大きかったですね」
映画『ラ』4月5日(金)より全国順次公開

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.