画像: 「NXTテイクオーバー」の4ウェイ王座戦に向けイオが存在感【4・4 WWE】

「NXTテイクオーバー」の4ウェイ王座戦に向けイオが存在感【4・4 WWE】

カイリvsビアンカはノーコンテスト
WWE「NXT」(日本時間4月4日配信)で“海賊姫”カイリ・セインとビアンカ・ブレアがシングルマッチで対戦した。
2人は「NXTテイクオーバー」(現地時間4月5日、ニューヨーク州ブルックリン/バークレイズ・センター)で王者シェイナ・ベイズラー、紫雷イオをまじえた4人で「フェイタル4ウェイ王座戦」を行うことが決まっている。
気合十分のカイリが「カモン」と相手を挑発してスピアーからのスライディングD、さらにフライング・カブキ・エルボーやイカリと怒涛の攻撃を仕掛けると会場からは歓声が起こる。
一方のビアンカもスーパープレックスからのスタンディング・ムーンサルトを決めるもカウント2。
最後はイオがムーンサルトで混乱に断
両者一歩も引かない攻防を展開したが、試合途中にMMAフォー・フォース・ウィメンが突如乱入。王者シェイナ・ベイズラーがビアンカを殴りつけるとマリナ・シェファーとジェサミン・デュークもカイリに襲い掛かって試合はノーコンテストとなってしまった。
するとカイリの盟友・イオが救援に駆け付け、さらにレフェリーやバックステージにいたNXT女子スーパースターたちが乱闘を止めに入る事態となるなどリングは大混乱。イオはコーナートップから場外へのムーンサルトを決めて混乱を鎮めると最後はNXT女子王座のベルトを掲げ、王座戦に向けて存在感をアピールした。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.