画像: 【インタビュー】映画『バンブルビー』を手掛けた監督の“日本愛”がスゴイ

【インタビュー】映画『バンブルビー』を手掛けた監督の“日本愛”がスゴイ

人気シリーズ『トランスフォーマー』の人気キャラクター・バンブルビーが初めて地球に降り立ったときのエピソードを、孤独な少女との出会いを軸に描く映画『バンブルビー』が大ヒット公開中。『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』のトラヴィス・ナイト監督が、本作にもつながる“日本との絆”を語る。
「8歳のときに来日して人生が一変したんだ」と語るトラヴィス・ナイト監督。
「僕が8歳のときに父親と一緒に初めて日本に来たわけだけど、当時はずっと西海岸に住んでいてその文化やライフスタイルしか知らなかった。だから日本に来たときはあまりにも違う世界に、ものすごい衝撃を受けたんだ。まさに日本は僕にとって別世界だった。ファッションや音楽、食事、芸術、そしてグラフィックや漫画にそこで初めて出会って、まさに目からウロコという感じだったんだ。自分の家の裏庭しか知らないような少年は、そんな別世界を見てアメリカに戻った後も、おみやげでたくさん買い込んだ漫画を読み続けていたわけなんだ。読むと言ってももちろん日本語が読めるわけではないんですけど、絵の表現力があまりにも高いからストーリーをほぼ追うことができたんだ。特に『子連れ狼』を読んだときの衝撃はすごかった。今まで見たことが無いストーリー性を持つ作品だったし、サムライものに触れたのもそれが初めてだった。中でもそこに描かれている父子の関係に、自分と父との関係に通じるものを感じたんだ。その衝撃は忘れがたく、それが『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』につながったんだよ。だから『KUBO』は日本へのラブレターだと僕は思っているんだ」
アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた『KUBO / クボ 二本の弦の秘密』では日本のおとぎ話のような世界を驚きの完成度で描き日本でも大絶賛されたナイト監督。8歳のころから並外れた理解力や好奇心を持っていた様子。
「確かに子ども向けの漫画じゃなかったね。でも当時はそんなこと全然気づかなかったよ(笑)。賢い子だったかは分からないけど、確かに好奇心は強い子供だったと思う。アーティストとしては、やはり新しいもの、異なるものに出会った時に成長したり進化することができるんだと考えていて、僕の場合は8歳の時に日本と出会って人生観が変わるほどの成長を得ることができた。漫画や映画といったことだけじゃない、異なる国や文化を見る視点も培うことができたんだ。クリエイティブな人間というのは、そういうふうに成長していくんだと思うよ」
トラヴィス少年は、これまた日本で生まれた『トランスフォーマー』にも夢中に。
「さっき日本での経験や漫画との出会いが『KUBO』につながったと話したけれど『トランスフォーマー』はまさにそんな日本が、コミックやおもちゃになって僕の居間にやってきたという感じだった。まず発送がすごいと思う。地球外の生命体がロボットで、地球では乗り物や機械にトランスフォームするなんてね。家の中の機会がロボットに変形するなんて、すばらしいアイデアだし子供心をくすぐるよね。僕はバンブルビーのおもちゃを持っていて、2人で任務に出かける、というストーリーを自分で作って遊んでいたね。そのおもちゃたちにすごく愛情を持っていたから『トランスフォーマー』は自分の一部になっていたと思う。まさか30年後に同じようなことを、それも実際の俳優たちや最高のVFXを使ってやることができるとは(笑)。しかもそれを1本の映画として世界中に届けることができるなんて本当にうれしく思っているんだ」
これまでのシリーズで多くのファンを魅了したロボットたちの大迫力バトルやスリリングなアドベンチャーに加え、本作では人気女優ヘイリー・スタインフェルドが演じる主人公チャーリーと、バンブルビーの絆が幅広い層の共感を呼んでいる。
「ファンを楽しませてきたシリーズの要素をちゃんと出したいということがまずあったけれど、ストーリーも多くの人が納得できるものを作りたい、という思いがあったんだ。だからスペクタクルやアクション、カーチェイスも全部入れるけど、それだけじゃなくて非常に感動的な、核となるドラマが必要で、それがバンブルビーとチャーリーの関係性だったんだ。そしてそれをきちんと描くことは、なぜバンブルビーが人類を愛してくれるのか、人々を守ってくれるのかということの説明にもなる。この2人はとても孤独で喪失感を抱え、とても傷ついている。そんな2人が出会うことによって癒されて、その後の運命が大きく変わるという物語になっているんだ。もちろん『トランスフォーマー』のファンは間違いなく楽しめるけど、まったくシリーズや世界観を知らない人も2人の関係に共感しながら映画として楽しんでもらえるのではと思うよ」
チャーリーがバンブルビーをトレーニングしたりドジを叱ったり、かと思うとバンブルビーがチャーリーを全身全霊で守ったり。お互いにカバーし合う2人の関係は最高。
「そんな2人の関係を描けるということが本作を監督したい一番の理由だったんだ。もちろんシリーズは大好きだったけれど10歳のころの僕が見たい『トランスフォーマー』と現在の僕が満足できる『トランスフォーマー』、その両方の要素を満たしたかった。同時に、自分の人生を変えるような存在に出会うことの大切さも伝えたかった。実はバンブルビーは自分自身を、チャーリーは僕がこれまで出会ったチャーリーのような存在を投影しているんだよ」
チャーリーにとってのバンブルビーのように、監督にとって生きているかのように感じられる大切な“モノ”は?
「僕はアニメーターだから自分が命を吹き込んだモノ、人形たちがたくさんある。僕にとっては彼らは生きているもののように感じているんだ」
ストップモーションであれ実写であれ、まさに命を吹き込む天才。史上最高に生き生きとしたバンブルビーに会いに行って。
(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)
『バンブルビー』
監督:トラヴィス・ナイト 出演:ヘイリー・スタインフェルド他/東和ピクチャーズ配給/公開中 http://bumblebeemovie.jp/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.