画像: レモンサワー消費量はグループ一! 関口メンディーがメンバーとの“レサワ”エピソードを披露

レモンサワー消費量はグループ一! 関口メンディーがメンバーとの“レサワ”エピソードを披露

EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマー関口メンディーが4日、都内でイベントに出席し、レモンサワーの魅力をアピールした。このイベントは、日本初のレモンサワー特化型イベントで「レモンサワーフェスティバル2019」と題し、今日から東京を皮切りに名古屋。福岡、大阪、札幌と全国5都市で開催される。
レモンサワー消費量グループ一と自称する関口は、レモン色のTシャツを着て登場。「レモンサワーはすっきりしていて、飲みやすいですよね。パフォーマーだと体調管理も気にしないといけないんですが、低糖質なのもうれしいですね」と魅力を語った。
グループ内の打ち上げでもレモンサワーは定番だそうで、乾杯は必ずレモンサワーでとのこと。所属事務所の面々で、一晩で2500杯を飲み干したという伝説もある。お酒の強いメンバーは「AKIRAさんですかね。でも翌日朝からきちんとリハーサルしたりとか、体調管理もしっかりされていて、リスペクトしています」と語った。よく一緒に飲みに行くメンバーを問われると「このあいだ白濱亜嵐、片寄涼太、佐野玲於と4人で焼き肉に行きました。そのあとカラオケにも行って、ヴォーカルの片寄と一緒にみんなで歌いあって楽しい時間でした」とメンバー同士の交流も明かした。
イベントでは、来場者の投票で1番人気のレモンサワーを決定する「キングオブレモンサワー決定戦」も開催され、関口も各店一押しのレモンサワー7種類を試飲。レモン本来の味を生かした元祖系から、しそやトマトを合わせた進化系まで登場し「どれも個性的で悩んでしまいますね」とそれぞれの味を楽しんだ。住吉酒造のしそジュース入りレモンサワーを試飲した場面では、ピンク色をした見た目のかわいらしさにも触れ、「SNS映えしそうですね。ピンク色の飲み物を飲んでいる女性は、かわいく見えますよね。ゲレンデマジック的な感じで」と語り、会場を笑わせた。
自身は何のキングになりたいかと問われると「キングオブ始球式です」と発表。3月18日に東京ドームで行われた読売ジャイアンツ対シアトル・マリナーズのプレシーズンゲームの始球式では127キロを計測したものの、目標の140キロには届かず。「イチローさんの前で緊張してしまった。メジャー級の球は滑りやすいのもあったかも」と悔しさをにじませた。
イベント後の囲み取材では、お酒にまつわるエピソードを披露。普段おつまみは「えいひれや枝豆が多いですね」と明かした。酔うとどうなるかと問われると「楽しくなって饒舌になるか、限度を超すと寝ちゃう」と自身を分析。また、二日酔い対策として「サプリを飲んだり、お酒の席では、一杯お酒を飲んだら1杯水を飲むというようにしています。あとは、次の日しっかりトレーニングと有酸素運動に励むことですかね」とパフォーマーならではの工夫も語った。
レモンサワーは老若男女が楽しめるお酒だと語る関口は「新宿という場所もいいですし、会社帰りに外でお酒を楽しめる良い機会だと思います。たくさんの人に“飲メンディー”してほしいです」とアピールした。
「レモンサワーフェスティバル2019」(東京会場)は6日まで新宿中央公園にて開催。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.