画像: 佐藤大樹、もし親友と同じ人を好きになったら「男の絆を大事にする」

佐藤大樹、もし親友と同じ人を好きになったら「男の絆を大事にする」

映画『4月の君、スピカ。』の初日舞台挨拶が5日、都内にて行われ、出演の福原遥、佐藤大樹、鈴木仁、井桁弘恵と大谷健太郎監督が登壇した。
累計発行部数120万部を突破した杉山美和子による大ヒットコミックの実写化。高校の天文部を舞台に巻き起こる甘く切ない関係を描くラブストーリー。
映画にちなみ「もしも恋と友情で揺れ動く状況にあったら?」 と質問されると、福原は「 同じ人を好きになってしまったら、それは仕方のないことなので、まずはその親友とちゃんと話して“私も彼のことが好き” と伝えます。そうすればお互いに正々堂々とできるので(笑)」と回答。すると会場から賛同の拍手が起こり福原も「そうですよね? やったー!」と笑顔。続く佐藤は「好感度を上げるためではありませんが...」と前置きしつつ「僕はどんな状況でも親友を選びます」と男気あふれる回答。「たとえ、その女の子が僕のことを好きだったとしても親友に譲ります。(所属事務所の)LDHは男の絆を大事にするグループなので、この意志は絶対に変わりません。(鈴木)仁と同じ人を好きになったら、間違いなく譲ります!!」と断言。一方の鈴木は「僕はライバルがいたとしても関係ありません。親友と同じ人を好きになったとしても、それは仕方のないこと。恋愛は好きになった相手と自分との問題なので、友達は関係ありません。そんなことで崩れるような友情なら、その程度の仲ってことだし。そっちはそっち、こっちはこっちという感じで攻めていきます(笑)」と、こちらもイケメンな回答。
さらにこの日は、原作コミックス3巻の表紙で、佐藤が演じる泰陽が、福原演じる星の髪の毛を右手でつまんでクルっとしているポーズ=つまクルに挑戦。女性キャストペアと男性キャストペアに分かれて「どっちがよりキュンとする“つまクル”ができるか対決」をすることに。
まずは女子チーム。福原が「弘恵ちゃん、好きだよっ」と笑顔で井桁に“つまクル”。そのキュートさに会場も大きな拍手を送り、福原は監督にドヤ顔。ところが男子チームの2人はさらなるクオリティーを披露。佐藤は「BLみたいにならないかな」と不安をもらしつつ「ひとつ聞いてもいい? 鈴木仁が初めて好きになったのは俺だよね?」と本気モードに突入。佐藤に合わせ鈴木が恥ずかしそうに「うん」と答えると、佐藤は「ならよかった。俺は鈴木仁の一番星になれたから」と劇中シーンさながらの甘い告白。最後に「つまクル」ポーズで密着した2人に、会場のファンも大興奮。鈴木は我に返ったように「俺、何さ れているんだろう」とうつむき、会場の笑いをさそった。
結果は男子チームの勝利。佐藤は「当たり前の結果です。今日、仁にこれをやると聞いてから、ずっとこのことばかり考えていたので」と胸を張り、そんな2人に大谷監督も「続編ではこの2人が結ばれてしまうのではないでしょうか。8月くらいに間に合わせて作ります」 とノリノリ。
映画『4月の君、スピカ。』は現在公開中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.