画像: 横澤大輔「分散化した価値観やレガシーを再びどのようにまとめていくか」【BEYOND 2020 NEXT FORUM】

横澤大輔「分散化した価値観やレガシーを再びどのようにまとめていくか」【BEYOND 2020 NEXT FORUM】

今、考えるべき「2020年の、その先」
去る2月26日、これからの日本をもっと面白くしていくために、“話す、繋がる、動き出すフォーラム”を提唱する「Beyond 2020 NEXT Forum」が開催された。登壇した株式会社ドワンゴ専務取締役・横澤大輔氏は、2020年以降は「分散化した価値観やレガシーをまとめるようなコンテンツが必要になるのではないか」と語る。東京ヘッドライン代表取締役社長・一木広治氏が話を聞いた。
一木:2020年以降の日本の活性化について、横澤さんは何がポイントになると考えていますか?
横澤:インターネットが登場したことで、さまざまなものが一様化しているように感じます。その一方で、誰もが表現や発信をすることができるようになったことで、価値観は分散化し、コンテンツは増加しました。2020年以後は、分散化した価値観やレガシーを、再びどのようにまとめていくかが、一つのキーワードになるのではないかと思っています。
一木:ドワンゴが運営する日本最大級の動画サービス「ニコニコ動画」は、新しい価値観を生み出した。
横澤:我々はプラットフォーマーとして、「ニコニコ動画」や「ニコニコ超会議」などを提供してきましたが、仰るように、分散していく価値観や、新しいカルチャーを見る機会に恵まれました。
自分の好きなものを好きと言えない、言い切ることをはばかってしまう人がいる中で、自分の趣味嗜好に近い動画を通じて、「自分も好きと言っていいんだ」と思えるユーザーが増えた。また、その後押しとして、同じように「面白い」「好き」という意見を持つユーザーがいることを、コメントが可視化した。そういったニーズがあると分かったからこそ、「好きなもの同士が会える場」を提供しようと、「ニコニコ超会議」のアイデアに行きつきました。
一木:ネットを介して分散化していったけれど、その先はリアルな場と繋がっていたというのが面白い。
横澤:僕自身、バーチャルとリアルの境界線をなくして新しいコンテンツを作っていくことに興味があるんですよね。何を思ってバーチャルなのか、リアルなのか......これからはますます分からなくなっていくと思います。
例えば、テクノロジーを駆使した義手があったとして、人間の腕以上に有能性が優っていたとしたら、それはリアルなのか、バーチャルなのか。人間の思考力にしても、AIが導き出すビックデータの方が優位性が高いと分かれば、自分の思考よりもAIを重視してしまう人だっているでしょう。
その境界線がどんどん曖昧になっていく時代だからこそ、その中で生まれるコンテンツというものに興味がある。僕たちも、さらに面白いことができるのではないかと。
一木:横澤さんは、どういうときにアイデアがひらめくんですか?
横澤:どこか遠いものにあるものを、一つにまとめるとき。サブカルチャーの地点から見た政治はとても遠く感じます。だけど、この二つをうまく組み合わせることができたら、きっと面白いものになるだろうなって思うんです。すると、アイデアがわいてくる(笑)。
一木:実際に「ニコニコ生放送」では、政治家が出演し、大きな反響を呼んだ(笑)。
横澤:そうなんですよ。マッチングの妙がハマると、大きな効果を生み出します。一つの事柄から離れたところにあるものを融合させると、思わぬ化学反応が起きる。僕は、そういったことをするのが好きなので、繋がりづらいと思われがちなものを繋げていきたい。先述したように、分散化しているからこそ、マッチングをする機会も増えると思っています。
一木:平成という一つの時代が終わろうとしている。横澤さんにとって、この31年間でユーザーや消費者は、どのように変化したと思いますか?
横澤:単に、コンテンツを共有して楽しむ時代から、 コンテンツを通じて人と繋がることができる、繋がりを求める時代に変わったのではないかと思いますね。平成以前は、あこがれの人がいても、“見る”“応援する”といったような直線的な関係に終始した。ところが、ネットをはじめ、さまざまなコンテンツが登場するようになり、“会う”であるとか、影響されて自分も“作る”、“発信する”という立体的な関係性にシフトしました。2020年以降は、そこを踏まえつつ、新しいユーザー体験が求められると思います。
一木:なるほど。自分の趣味や「好き」に対するとらえ方が変わっていったからこそ、分散化していったとも言える。
横澤:そうだと思います。そもそも今の時代は、何をもってしてメインカルチャー、サブカルチャーと呼ぶのかも分からない。ここにも境界線がなくなりつつある。「あの人ってオタクだよね」という言葉は、誉め言葉でもあるわけですよね。
“好きを突き詰めることができる人”と“隣の人が良いと賛同するから好きって言える人”がいるように、いろいろな「好き」が存在する状況下を、既存の言葉でくくることは限界がある。でも、そういった分散した価値観同士がともに楽しめたり、意見交換ができたりする場は必要だと思うんですね。
散らばったものがまとまっていく過程の中で生まれる文化に対して、どうコンテンツを作っていくか。それを考えていきたいですね。
横澤大輔(よこさわ・だいすけ)
1981年東京都生まれ。 株式会社ドワンゴのコンテンツ戦略担当。2001年よりドワンゴの携帯コンテンツ制作を始め、ニコニコ動画公式生放送や様々なイベント、新規事業を立ち上げる。ニコニコ超会議では統括プロデューサーとして15万人超規模のイベント
「BEYOND 2020 NEXT FORUM」第1回イベント開催
これからの日本に必要な新しいモノやコトを創り出す場を提供する本フォーラムの第1回イベントを4月12日(金)18時15分より行います。タイトルは、「2020年以降に向けた次世代エコノミー(経済)の開拓戦略」です。
詳細・参加登録はこちら: https://id.sankei.jp/e/625
「BEYOND 2020 NEXT FORUM」は、「2020年東京オリンピック・パラリンピック」のレガシーを活かし、2020年以降の日本を元気にしていくためには、何が必要なのかを考えて行く場です。ダイバーシティ、イノベーション、スタートアップ、エンターテインメントなどのテーマのもとに、各界で活躍中の有識者によって構成されたメンバーを中心に新たな“モノ”、“コト”を創り出すべく活動をしていきます。
2020年以降の日本の活性化に向けて「BEYOND 2020 NEXT FORUM」... http://www.tokyoheadline.com/436908/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.