画像: 山﨑賢人は「漫画超え!」『キングダム』大好きノブコブ吉村が大絶賛も、主人公の座を狙う

山﨑賢人は「漫画超え!」『キングダム』大好きノブコブ吉村が大絶賛も、主人公の座を狙う

映画『キングダム』の公開直前イベントが8日、都内にて行われ、キャストの山﨑賢人、吉沢亮、橋本環奈、本郷奏多と『キングダム』大好き芸人の吉村崇(平成ノブシコブシ)が登壇した。
中国・春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く少年・信と、中華統一を目指す若き王・嬴政(えいせい・後の始皇帝)の戦いを壮大なスケールで描く歴史エンターテインメント。
撮影中の一番の思い出を聞かれた信役の山﨑は「たくさんあって選べない」と、しながらも「最初のほうの(吉沢)亮との修行のシーンで、すごく練習をしてどんどんうまくなっていったんですけど最終的に“楽しくやるのが一番だ”と行きついたことですね。あともう1つ、これも亮とのシーンで(嬴政役の吉沢が一人二役で演じた)漂と死別するところ。原作の原先生ともお話して集中していいシーンになったので、これも思い出です。『キングダム』という作品(そのもの)が思い出です」と振り返った。
この日は『キングダム』大好き芸人の吉村がゲストとして登場。登壇するや“王”の吉沢にひざまずき笑いをとった吉村。各キャストたちが本当はどのキャラクターに近いタイプなのか、それぞれの診断結果を熱すぎる感想を交えてして発表した。
主人公・信を演じた山﨑の診断結果は「漂」。バランス型リーダータイプという診断が出るも、吉沢が「ああ、そうなんだぁ...という感じ」と苦笑し、山﨑本人も「僕はバランス能力がない」。さらに本郷も「賢人くん、バランスはないよね。とろうとしてない。自分の道を突き進む」と断言。
そんな山﨑に原作者の原氏から「原作の1〜5巻の信よりも山﨑さんの信のほうが魅力的だった」というコメントが。「本当にうれしいです。全身で命を吹き込めるように演じました」と感無量の山﨑。すると吉村が「確かに本当に信でした。漫画を超えていましたよ!」と絶賛し「原先生と1回、飲んだことがあるんですけど全然しゃべらない人なんです。それがこんなに高評価をするなんて」。その後も、原氏から各キャストへの称賛コメントに、本人以上に興奮しつつ熱すぎる感想を述べていた吉村に、橋本が思わず噴き出し「吉村さんのオンステージですね」と苦笑。
河了貂(かりょうてん)を演じた橋本は“猪突猛進なリーダー”の主人公・信タイプに。クーデターで王位についた成蟜(せいきょう)を演じた本郷は“聡明なリーダー”タイプの嬴政。その嬴政を演じた吉沢は“NOと言えない真面目な中間管理職タイプ”の壁(へき)と診断され「なんでみんなリーダータイプなのに僕だけ中間管理職タイプ...?」と腑に落ちない表情。それでも吉村のボケがすべって助けを求められると、言われるままに「笑えよっ!」と観客に向って叫び、会場を爆笑させる一幕もあった。
最後に吉村の診断結果が「信」と出ると「『2』で主人公を演じます吉村です」と大喜び。橋本と同じ信タイプとの結果に「私も1000年に1度の芸人ですから」と増長。ところが「次回作があったら(吉村の)出演があるかも?」と司会に聞かれた本郷から無言で首を横に振られ、肩を落とした。
『キングダム』は4月19日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.