画像: 【徳井健太の菩薩目線】第22回 令和の時代に、俺は幼稚園を作りたい

【徳井健太の菩薩目線】第22回 令和の時代に、俺は幼稚園を作りたい

“サイコ”の異名を持つ平成ノブシコブシ・徳井健太が、世の中のあらゆる事象を生温かい目で見通す連載企画「徳井健太の菩薩目線」。第22回目は、新しい時代で徳井健太が成し遂げたいことについて、独自の梵鐘を鳴らす――。
令和の時代に、俺は幼稚園を作りたい
“育てたのに”なんて言葉を口にする親はどうかしている
新しい元号が「令和」に決まった。新しい時代だからこそ、皆さんも何か目標を掲げてみたらどうだろうか。
俺には、“幼稚園を作りたい”っていう密かな夢があるんだよね。
何の自慢にもならないけど、俺は、自分の親から愛情を注がれて育てられた形跡がない。よくもここまで俺を無関心一筋で育ててきたものだとビックリする。当然、俺も親に何の感情も抱けない。もしかしたら他人なんじゃないかと思っている。
俺には二人の子どもがいるけど、初めて自分に子どもが生まれたとき、本当にかわいかったことを覚えている。3歳くらいまでは、言葉で表せないようなかわいさがあるんだ。今現在も、俺にとって子どもを育てることは、生きがいの一つ。だからこそ、俺を無関心に育てた親が、空恐ろしい。そんな親に育てられた俺みたいなろくでなしですら、子どもをかわいいと思うんだから、俺の親は道東のヒグマにでも育てられたのかもしれない。
自分が子どもを育てていく上で、何が重要なのかってことを考えたとき、“愛”しかないってつくづく思う。愛情や愛をもって、子どもたちに接するように心がけているんだけど、そうすると不思議と自分が育てていない子どもまでかわいく見えてくる。気が付くと、子どもが愛情を注がれながら、元気よくすくすく育つような幼稚園を作りたい、という気持ちが芽生えてしまったんだ。
俺の老後の夢は、幼稚園の中に自分の自宅を作って、毎日、子どもたちが元気よく駆け回ってる姿を見ていること。この文脈だけを切り取ると、まるでヤバい奴だよ。でも、決して茶化しているわけじゃない。愛情がないと、人間は何をしでかすか分からない。愛情が注がれていないような子どもたちがいるのだとしたら、そういう子どもたちに対して、「君たちのことを心配している人たちもたくさんいるんだ」ということを伝えていく装置やシステムが必要だと、俺は思うの。
「どうせ〇〇〇だから」なんて匙を投げて脱線してしまう子どもでも、「人生って面白いじゃん」って思えるようなきっかけの場を作りたいんだよね。その形は、必ずしも幼稚園じゃないかもしれない。
子どもの自由な発想にこそ親は育てられる
実際、虐待のニュースを耳にすると、まったく意味が分からない。俺が育てた方がいいんじゃないのか......俺の方が、おそらく愛情をもって、育てることできるんじゃないかって、頭がヒリヒリしてくる。嫁にも、「もしもお前が他の男と子どもを作ってしまったとしても、俺が育てる」と伝えているんだ。嫁からは、応答がないけどね。実子と養子を育てるアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットこそ、今の俺のアイドルなんだ。
お笑い芸人は、俺のようなクズみたい奴が多い。でも、こうやって社会でなんとか生きていけて、場合によっては人から必要とされる場面もある。おまけに、結婚をして子どもと一緒に暮らせている。そういう人間だからこそ、子どもたちに伝えられることがあるんじゃないのかって、真剣に考えるの。俺ももう若手じゃないからさ、おじさんだからいろいろと思うところがあるわけ。
先月、長男が小学校を卒業する際に、形式的ではあったけど、親に対して作文を読み上げるって一幕があった。その時に、
「12年間育ててくれてありがとう」
って、息子が読み上げたんだけど......心底、恐れ多かった。俺たちからしたら、「お前が育ってくれたんであって、“育ててくれた”なんて言葉はおこがましいにも程がある。むしろ、子育てをする中で、いろいろ学ばせてくれてありがとう」としか思えなかった。
子どもって、愛情を注げば、勝手に育つもの。8割以上は嫁が育てたわけで、俺なんか最低限の親の務めしか果たせていない。
たまに親御さんの中に、「ここまで育ててきたのに」とか、「こんなに手塩にかけてきたのに」なんて言葉を口にする人がいるけど、俺からしたら異常な親にしか映らない。よく、そんな自意識過剰なことが言えるなって。子どものことを、まったく信用していない親なんだなって思う。
子どもは、俺たちの想像の範疇を、余裕で飛び越えるような自由な発想や考え方を持っている。そのたびに、俺はふと立ち止まって、「大人がそう決めつけているだけで、そういう考え方もあったか」って、ニヤニヤしてしまう。
だからさ、そういう子どもたちをのびのびと育ててあげるような環境を作りたいんだよね。それって、ひるがえって色眼鏡をかけた大人ばかりになってしまった現代人の処方箋にもなると思うんだよね。
※徳井健太の菩薩目線】は、毎月10日、20日、30日更新です
【プロフィル】とくい・けんた 1980年北海道生まれ。2000年、東京NSC5期生同期・吉村崇と平成ノブシコブシを結成。感情の起伏が少なく、理解不能な言動が多いことから“サイコ”の異名を持つが、既婚者で2児の父でもある。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.