画像: 「ブチュッとやって」突然のキス演出も...高良健吾と多部未華子、84歳の巨匠に心酔

「ブチュッとやって」突然のキス演出も...高良健吾と多部未華子、84歳の巨匠に心酔

映画『多十郎殉愛記』公開記念舞台挨拶が13日、都内にて行われ、主演の高良健吾と共演の多部未華子、木村了、寺島進、中島貞夫監督と主題歌を歌った中孝介が登壇した。
『木枯らし紋次郎』『まむしの兄弟』などで知られる84歳の巨匠・中島貞夫監督が20年ぶりに手掛けた本格ちゃんばら時代劇。
主人公・多十郎を演じた高良は「中島監督の20年ぶりの作品で主演をさせていただき、しかも京都の太秦で時代劇ができる、殺陣の稽古もできるということで、それだけでもラッキーだと思いました。30代最初の主演だったので、20代の自分に落とし前を付けられるような役だと思った」と振り返り、多十郎への秘めた思いを抱えるヒロインおとよを演じた多部は「京言葉や、監督から言われた母性愛の表現が難しかったんですががむしゃらに演じました」と、こちらも晴れやかな笑顔。
一方、多十郎を追い詰める京都見廻組隊長・溝口を演じた寺島は「たまたま京都の東映にいたときに本作台本を見かけて、配役を見たら溝口のところが空欄だった。自分も幕末ものが好きで『実録 新選組』で土方歳三をやったことがあるんですけど、是が非でもこの役をと、中島監督に初めてお会いして直談判しましたら、中島監督が“いや、この役は松方弘樹さんにやってほしかったんだよね”と言われまして。でも松方さんが東映時代劇で残した功績は多大なもので、追悼する思いも込めて現場に臨みました。今日はマグロ一筋と書いてある赤いパンツをはいてきました」と明かし、会場の笑いをさそった。寺島との殺陣について高良が「ほとんど練習なく。寺島さんに言われたのは“早く行くからついてこいよ”とひと言だけ(笑)」とこぼすと、寺島は「高良くんとは誕生日が一緒なので、絶対に合うと思って」と苦笑。
この日は中島監督がキャスト一人ひとりに宛てた手紙を自ら朗読。高良へ「どう見てもジジイと孫ほどの歳の違いがありながら容赦なくぶつかって、多十郎にのめり込んでくれた君の心意気に何よりも頼もしさを感じました。厳しい要求をしたちゃんばら修行では切られ方も志願してやってのけた。かつて付き合った優れた役者たちが一様に持っていた根性みたいなものを君に見たとき、うれしかったんです。君には無限のこれからがある。やれることならもう一度さらなる期待を抱きつつ...とにもかくにもお疲れ様、そしてありがとう」と読み上げた。その後、多部、木村、寺島にも思いを込めた手紙を朗読する監督の姿に会場も感動しきり。
高良も感極まった表情で「これまで手紙って人前で読むものなのかなとか、感情が出て恥ずかしいよなと思っていましたが、こういうことなんですね。斜に構えていてすみません。中島監督にここで読んだもらったことに意味があると思う。この思いを大切にしたいと思います」と語り、多部も「本当に監督のことが、もう大好きで。私だけでなく、みんなが監督のことが大好きなんです」と監督への敬愛と感謝をあふれさせていた。
映画『多十郎殉愛記』は丸の内TOEI他にて全国公開中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.