画像: 【インタビュー】『夫のちんぽが入らない』から『詐欺の子』まで中村蒼が「挑む」理由

【インタビュー】『夫のちんぽが入らない』から『詐欺の子』まで中村蒼が「挑む」理由

現在、配信中の連続ドラマ『夫のちんぽが入らない』では“入らない”ために妻とすれ違い、苦悩する夫という役を、先月放送されたNHKスペシャル『詐欺の子』では実話をもとに“オレオレ詐欺”グループのリーダーを演じ、注目を集めた中村蒼。どんな難しい役どころにも意欲的に挑み続けてきた中村。「嘘のない芝居をしたい」と語る中村が、挑み続ける理由とは。
タイトルは衝撃だけど...ドラマ“おとちん”夫婦を尊敬
「やっぱり最初はタイトルに衝撃を受けましたね。ああ、親が心配する...と思いました(笑)」
出演した中村蒼自身も苦笑する、衝撃的なタイトルの連続ドラマ『夫のちんぽが入らない』が現在、WEB動画サービスにて配信中。原作は主婦こだまが自身の実体験をもとにつづった自伝的短編小説。一度目にしたら忘れられないインパクト満点のタイトルと、共感せずにはいられない物語で、ネットでも大きな話題を呼び「Yahoo!検索大賞2017・2018」小説部門賞を2年連続受賞。
「僕は最初、原作を知らなかったのでまずタイトルにびっくりしたんですけど、中身はとても繊細で共感できる夫婦の物語なんです。特殊な事情を抱える夫婦が、世間が“普通”とか“当たり前”としていることとの違いに苦しみながらも、自分たちなりの答えを導き出していく姿を丁寧に描いています。その事情のために、すごく遠回りしてしまうけれど、そのおかげで普通なら当たり前、と素通りしてしまうような大切なことに気づくことができた。そんな夫婦の物語になっていて、見ていてすごく勇気づけられる作品だと思います」
中村が演じるのは夫・渡辺研一。妻・久美子は、よるドラ『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』の石橋菜津美。監督は『百万円と苦虫女』、『ふがいない僕は空を見た』のタナダユキ。
「僕から見ると、すごく尊敬できる2人なんです。僕が演じた研一は相手を引っ張っていくタイプで、常に先を見据えてより良い選択をするために行動する姿も尊敬できますし、久美子と研一がいろいろな選択肢があるなかで最終的には自分たちの“夫婦の形”を見つけて一緒にいることを選んだ、そういう姿もすごく尊敬できるんです」
2人の間に発生した“入らない”問題はレアな状況とはいえ、描かれているのは相手を思うがゆえにすれ違い、傷つき、それを乗り越えて自分たちらしさを手に入れる夫婦の、普遍的な物語なのだ。
「久美子役の石橋さんも僕もグイグイいくタイプじゃないので(笑)、普段はたわいのない話をしたり、撮影しながら距離を縮めていきました。今回、作品のテーマもあって女性スタッフさんも多くて、ごくごく穏やかな現場でしたね。タナダ監督とご一緒したのは本作が2回目なんですが、監督の撮影方法ってすごく潔くて、長回しをしたり1カットでOK出したり、迷いが無いんです。現場はとても穏やかに進んでいきました。監督から芝居について何も言われなさ過ぎて、大丈夫かなと思ったくらいです(笑)。物語も基本的に、日常の会話や思いを丁寧に淡々と描いていくので、タイトルの印象ほど劇的ではないんですけど、それでも後半部分で、ケンカして家出した研一と久美子が再会してお互いの本音や今まで言えなかったことをぶつけ合うシーンは、やっと言えた...という感じでスッキリするというか、ドラマの醍醐味を感じましたね」
大反響のNHKスペシャル『詐欺の子』で知った詐欺犯たちの心理
そんな中村が挑んだ、もう1つの挑戦的な作品『詐欺の子』が、先月テレビ放送され大きな反響を呼んだ。いわゆる“オレオレ詐欺”と呼ばれる特殊詐欺で昨年、逮捕された少年少女の数は過去最高となる754人。特殊詐欺に加担する若年層が増えているという現状を、実際に起きた複数の事件をもとにドラマとドキュメントで描き、詐欺に手を染める若者たちの姿を通して特殊詐欺が無くならない現代社会の背景に迫った作品だ。
「本作はドキュメンタリーとドラマで構成されているので、実際の関係者たちの証言など脚本の文字からもリアルに伝わるものがありましたし、なぜ特殊詐欺が無くならないのか、その舞台裏にもしっかり迫っているところや、映画やドラマのように最後に“救い”を用意して終わることなく、現実と向き合い、問う視点も興味深く感じました」
同作で中村が演じたのは若い“受け子”たちをまとめる“かけ子”のリーダー大輔。証言映像には、そのモデルとなる元詐欺犯も登場する。
「ディレクターさんを通して、実際はどんな感覚だったのか当人たちの話もいろいろ聞きました。怖いなと思ったのは、真面目に働いている今でもふと当時はこれだけの時間でどれだけ稼いでいたかということを考えてしまう...と。その人は更生してお金もすべて返済し終わって普通に働いているんですけど、まだときどき当時を思い出すんだそうです。人の欲というのは計り知れないんだなと思いましたね」
その“欲”にとらわれた大輔の心情に迫るのはとても難しかった、と振り返る。
「いつもはある程度、共感や理解を持って演じているんですけど今回は大輔のことをなかなか受け止めることができなくて。報酬をもらうシーンでは、リハーサルのときに、大金を前に疑問を抱えている表情を演じてしまったんです。監督から“やっとこれだけの金を稼ぐことができたという達成感を表現して”と言われ、そうか、大輔にとって詐欺行為はすでに“仕事”になってしまっているんだ、と改めて怖さを感じました」
濱津隆之が演じるオーナーに言いくるめられていく若者たち。
「電話をかけてすぐ何百万というお金を用意できるところからもらって何が悪いんだとか、それを自分たちが使って世の中に還元するとか言われて、大輔たちはその通りだと思ってしまう。でも、どんな理屈をつけようと、お金をだまし取ることがいいことになるわけが無いんです」
しかし大輔や中学生の和人たちは、自ら詐欺の世界に入り込んでいってしまう。
「僕もずっと、なんで特殊詐欺が減らないのか不思議に思っていたんですけど、本作を通して、詐欺グループが完全に組織化されていることや、裏で不動産会社とか名簿を販売する会社とつながっているケースもあるなど、実際に電話をかけたり受け取っている人とは別に、それを支えている人たちがたくさんいるという現実を始めて知り、腑に落ちました」
まさに天職! 現実で悩みがあるほど芝居が楽しい
『夫の—』や『詐欺の子』と、難しいテーマと役どころへの挑戦が続く。
「もちろんハッピーな役どころも好きですよ(笑)。でも僕はあまり、どんな役かで作品を決めることがないんです。どの役が挑戦でどの役がそうでないのか、そういうことを意識して作品を決めたことはないですね。確かに、どちらの作品も簡単な題材ではありませんけど、僕自身はあまり難しいことは考えていないので(笑)。僕は、演じる人物を細かく分析するとか、どう役に自分を近づけるかを、自分の中だけで考えすぎないようにしているんです。自分とまったくかけ離れている役どころでも、1つ大事な部分を理解することができれば演じていける。『おとちん』の研一であれば誰にでも人に言えないような悩みがあるだろうとか、『詐欺の子』の大輔だったら父からDVを受けて足を悪くしながらも女手一つで自分を育ててくれた母への思いとか。どのみち人間の感情は複雑なものだし、実際に現場で演じて作っていく部分も大きいので、自分の中で考え込まず、現場で生まれたものを出し切ることを大事にしています」
中村にとってはどんな作品も“挑戦”であるがゆえに、難しい役どころもそれと意識することなく演じてきたのかもしれない。そんな中村にも“人に言えない悩み”が?
「10代のころはけっこうありましたね。本当に小さい悩みなんですけど(笑)。僕は高校生のうちに福岡から上京したので事務所から門限を設けられていたんですが“門限がある”ということを周りに言えなくて、それが当時の自分にはけっこうな悩みだったんです。もちろん事務所の人に嫌だなんて言えないし、友達に言ったら門限を守っている真面目なヤツと思われるし、かといって破る勇気もないので...(笑)。今は、悩みというか将来のことや日々のことは、やっぱりいろいろ考えます。ただこれは人に言えないというより、自分で考えて解決していかなければいけないことだと思うので」
安定した職業ではないので、と苦笑する中村だが、俳優は天職では。
「どうでしょうね。ただ、現実で何か悩みがあったりすると、芝居をするのがより楽しくなるんです(笑)。悩みを忘れて、非現実の世界に入り込めるというか。カットがかかると、ああ現実に戻っちゃった、と思うときがあります(笑)。早く現場に呼ばれたい、と思うんですよ。本番中は、本当に作品のことしか考えていない。役の人物として生きている。芝居は難しいけど楽しいんですよね」
芝居以外の楽しみは?
「ラジオを聞きながらゴルフの練習をして、休憩時間に本を読む...というのが最高の時間ですね。ドキュメンタリーもわりと見ます。今回の『詐欺の子』でも思ったんですけど、やっぱり本当のことだからつい引き込まれてしまう。役者としては、自分も目に入った瞬間から引き付けられるような、嘘のない芝居をしなければいけないな、と。ドキュメンタリーを見ていると、そんなことも思います」
いくつものリアルな思いと向き合いながら、ジャンルやテーマ、役の難しさにとらわれることなく嘘のない芝居を続けていく。(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)
連続ドラマ『夫のちんぽが入らない』
演出:タナダユキ/主演:石橋菜津美、中村蒼/配信:FOD、Netflixにて配信中(全10話)
STORY:大学に入学した久美子は同じアパートに住む研一と知り合い交際スタート。ところが初めて体を重ねようとした夜、研一の性器がまったく入らないという事態に。やがて2人はそれでも一緒にいたいという強い思いで結婚。しかし“当たり前のことができない”という思いを抱える久美子と、久美子を幸せにしてやれないという思いに苦しむ研一の心はすれ違っていき...。
NHKスペシャル『詐欺の子』(放送終了)
作:高田亮/演出:川上剛/出演:中村蒼、長村航希、髙橋ひかる、渡邉蒼、濱津隆之、坂井真紀、イッセー尾形、桃井かおりほか(90分・単発)放送終了
※今後の情報やオンデマンドについてはNHK公式サイトにて確認
STORY:2019年の東海地方。一人暮らしの光代に、娘をかたる女から詐欺の電話がかかってきた。以前もだまされた経験のある光代は、警察のオトリ捜査に協力。現れた14歳の“受け子”和人の逮捕に貢献する。和人を送り込んだのは“かけ子”の大輔と“見張り”の遠山。幼なじみの2人は詐欺を「老人の死に金を社会に還元する義挙」と信じ、荒稼ぎを繰り返していた...。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.