画像: 乃木坂46高山一実「小説を書くことは、自身を見つめ直すのに最適」

乃木坂46高山一実「小説を書くことは、自身を見つめ直すのに最適」

乃木坂46のメンバー高山一実が16日、都内で行われたLINEの新サービス「LINEノベル」の記者発表会に出席した。高山は自身初の長編小説『トラペジウム』が発行部数20万部を突破していることもり、今回LINEノベル“令和小説大賞 アンバサダー”に選ばれた。
今回の記者発表会では、LINEが提供するスタンプ、マンガ、ミュージックに続く、新たなコンテンツ事業としてスタートする「LINEノベル」の発表と、LINE・日本テレビ・アニプレックスの3社で「令和小説大賞」を開催することも発表された。大賞作品には賞金は300万円に加えて、書籍化・映像化が約束される。
LINEノベル編集長の三木一馬氏から高山に「アイデアは思いついただけではなく、その実行しるまでアイデアだと言う言葉がありますが、高山さんが小説を書こうとして最後まで書ききった。これから投稿する人にアドバイスなどいただけますか?」と質問し、高山は「私も何度も挫けそうになりました。客観的に自分を見て、途中で逃げ出すことはかっこ悪いと思って書ききりました」と熱く語った。
また「アイドルではなく、小説家としての喜びはありますか?」との問いに高山は「アイドルになって自分という人間を評価される職業だと分かって、苦しみも喜びも感じて満足していました。けれど小説を書いてそれを評価してもらうことは、自分の脳みそを評価してもらうことなんだ。そして、こんなにも嬉しいって知りました」と笑顔でコメントした。
そして発表会最後に「作品を書くというのはハードルが高いことだと思いますし、自分という人間を見つめ直すためにも、書くことって最適だと思います。2年前の書く前の自分より、作品を書ききった今の自分のほうが好きだって思います。みなさんも自分自身を好きになるための“きっかけ”にしてくれたら嬉しいです」と大賞投稿者へエールを送った。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.