画像: 令和は大人の女性がスクール水着を着る時代?

令和は大人の女性がスクール水着を着る時代?

「スクール水着」という言葉が生まれたのは...
水泳用品メーカーの「フットマーク株式会社」が4月17日、東京・両国にある同社のマーク館1階で「スク水博覧会」を開催した。
ここでは同社が1978年にスクール水着の販売を手掛けて以降の時代ごとの女子スクール水着を展示。開発が進むことによる材質の変化や学校側の要望や社会のトレンドによる形状の変化などが一目で分かる催しとなっている。
この日は同社の磯部成文取締役会長が「昭和」の女子スクール水着の歴史を、スクール販売部の白川純也氏が「平成」のスクール水着の歴史をそれぞれのテーマに沿って解説した。
磯部氏によると現在「スクール水着」と言われているものは当初は「学販水着」とか「学校用水着」などと呼ばれており、「スクール水着」という言葉は1986年に同社が初めて使い始めたという。以降この名称が一般化していくのだが、まさか発祥の地がここだったとは...。
当初は生地の材質が悪いことから、伸縮性も乾きも悪く「雑巾水着」とも呼ばれていた時代もあったという。同社で1978年に最初に販売された「ダブルトリコット水着」もフィット感やデザインより丈夫さが重視されたものだった。このへんは時代性でもある。
その後、学校の現場から「名前を入れる部分を作ってほしい」という要望があり1982年に「ネームライン」を入れた水着を開発。折からのスイミングクラブブームで水着に機能性が求められるようになり、縦と横に伸びるツーウェイ素材を用いた「ツーウェイ水着」が誕生し、伸縮性やフィット感が画期的に向上することとなったという。その後、ツーウェイ生地の開発が進み、より薄く、伸縮性に富んだ「レーシング水着」に発展する。
平成になると1993年に蓄熱保温素材を使った水着「アクアライン スイムスーツ」が完成。アクアラインというのは生地の名前で、この生地により濡れても従来より暖かく、水分が蒸発するスピードも速く、体の冷えを軽減できる水着ができあがった。これは当初は大人用の水着に使われていたのだが、学校用にも転用。転用にあたってはおぼれた時の視認性を高めるために背中にカラーの切り返しをデザインするなど、やはり学校の現場からの声を反映したものになったという。
セパレーツ、日焼け対策...現場のニーズに合わせ次々と新作が誕生
2000年になると健康やダイエットがブームとなり、スイミングクラブで使用の際に「水中で動きやすい水着が欲しい」という声が大きくなり、股下14センチのオールインワンタイプのものが考案され、こちらも「スクールフィットネススーツ」という形で学校用に転用。この形は競泳の大会などでもよく見受けられるもの。
2002年には上下が分かれたセパレーツ型の水着が誕生したのだが、こちらも従来のワンピース型だと「着替えがしにくい」「濡れると脱ぎ着が大変」「低学年は先生が手伝わないと着替えができない」といった現場からの声が寄せられ開発された。これによって着替えが容易になり、トイレも楽、そして上下で別々のサイズを購入できることから発育の途上でアンバランスになりがちな体型にも対応できるようになった。
このセパレート化は徐々に進み、2008年にはワンピースとセパレーツの売り上げが逆転。現在、中学高校の7割はセパレーツになっているという。
2004年には紫外線への意識が高まるなか日焼け対策となる「シャインガード」が誕生。「シャインガード」は同社の商品名で、「ラッシュガード」といわれたほうが「ああ、あれ」と頭に浮かぶ人も多いかもしれない。こちらはプールの授業で日焼け止めクリームを塗る子が出てきて、プールの水が汚れてしまうということが起こるようになり、こちらを導入する学校が増えたようだ。ちなみにラッシュガードについては関西で多く使われているらしいのだが、その理由は分からないという。関西の人、誰か教えてください。
「スク水博覧会」を4月20日に一般公開
2010年には撥水加工ですぐに乾き軽量、赤外線盗撮防止機能、大人の水着と同じ仕様のパッドを使用といった特徴を持つ「すまいるスイムシリーズ」を展開。赤外線盗撮防止機能などは住宅地と隣接する学校などで生徒たちの不安を解消するものとなった。
2010年代のリバイバルブームに乗り2012年には昔人気だった「スカート付きワンピース」が復活。また2010年以降、学校で水着の自由購入化が進み、「どうせ買うなら海やレジャーでも使えるかわいらしい水着が欲しい」という声が大きくなってきたことから、小中学生を対象にデザイン性のあるかわいいスクール水着が次々と誕生することになる。そのコンセプトの中に「体型のカバー」「モノトーンのカラー」といったものがあり、ここに着目した大人の女性からの注文が増えたことから、本来、子供が着るスクール水着を大人でも着られるようにデザインした「大人の女性のためのスクール水着」という新たなジャンルが誕生することとなったという。
ちなみにこれだけ女子スクール水着が変遷してきた中で「じゃあ男子用は」と思う人もいると思うが、どうやら「なんでもいい」という流れが子供の中にあるらしく丈の長さが変わるだけ。女子が2年ほどのサイクルで変化していくのに対し、男子は5年で丈が伸びるくらい、という。
同展では昭和~平成の時代ごとに変化した女子スクール水着の変遷、そして大人の女性のためのスクール水着をマネキンにより展示。また昭和世代、平成世代に聞いたスクール水着アンケート調査結果といった興味深い展示が展開されている。4月20日の11~16時には一般にも無料で公開される。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.