画像: 2019年のGWは東京新名所で「無印良品 銀座&MUJI HOTEL GINZA」

2019年のGWは東京新名所で「無印良品 銀座&MUJI HOTEL GINZA」

銀座・並木通りに「無印良品 銀座」、レストラン「MUJI Diner」、「MUJI HOTEL GINZA」が開業した。
世界旗艦店となる「無印良品 銀座」は、B1階から6階の一部が店舗で、食品からウエア、ステーショナリー、リビング・ダイニング、キッチン用品、寝具や家具、収納まで、“くらしの基本”となる商品を販売。例えば1階は“くらしの基本となる食”をテーマに、生産者とつながる青果販売や化学調味料不使用で安心安全の弁当の販売、ブレンドティー工房や店内で焼くベーカリー&ジューススタンドなど、こだわりを持った商品を提供する。
無印良品の思想を体現した「MUJI HOTEL」は、“アンチゴージャス、アンチチープ”がコンセプト。旅先であっても、いつもの生活の延長の感覚で心地よく過ごせる空間と、宿泊客と土地をつなげるサービスを提供する。
客室は2段ベッドのある部屋や畳のある部屋など、全部で9タイプ。天井が高く、備品も引き出しに収納されているので、どの部屋もすっきりとシンプルで、木の温もりが感じられる。照明やエアコン、カーテンの開閉、アラーム設定などが、客室に設置しているタブレットから操作できるため、非常に便利で快適だ。
また客室に備えている備品の多くは、B1階から5階の無印良品 銀座売場で購入できるので、気に入ったものを持ち帰ったり、お土産にしたりすることも可能。自分の家でくつろぐ心地よさをぜひ体験してみて。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.