画像: スタジオジブリ鈴木敏夫Pの「言葉」とともにあの感動を/4月20日(土)の東京イベント

スタジオジブリ鈴木敏夫Pの「言葉」とともにあの感動を/4月20日(土)の東京イベント

数々のヒット作を手掛けてきたスタジオジブリのプロデューサー鈴木敏夫の「言葉」と「表現」を一堂に集めた展覧会が本日20日から5月12日まで、神田明神ホールにて開催される。
広島や名古屋、金沢で開催され好評を博した「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」をもとに、さらにジブリの魅力を詰め込みバージョンアップして開催。
会場では、漫画や小説、映画に夢中になった少年期・青年期から、週刊誌やテレビ雑誌の担当を経てアニメ雑誌「アニメージュ」創刊に携わり、高畑勲、宮崎駿と出会った徳間書店時代、ジブリ専従となりプロデューサーとして数々の作品を生み出していった時代と、その軌跡を当時の貴重な資料とともに紹介。
高畑勲監督や宮崎駿監督が作品に託したメッセージを鈴木氏がタイトルやキャッチコピーへと“翻訳”し、観客に伝えてきた数々の“言葉”が会場の各所に散りばめられる。その一つひとつを読みながら、名シーンが胸によみがえったり、そこに込められたメッセージを深く感じたり。スタジオジブリが生み出した物語の数々を、また新たな視点で楽しむことができそうだ。
また「湯婆婆と銭婆の“開運・恋愛”おみくじ」や『千と千尋の神隠し』に登場した「湯屋」の模型、インスタレーション「飛び出せ! 言葉の魔法」、そして屋外に展示されている巨大な「コニャラ大仏」の4つは撮影可能。記念に楽しもう。
他にも展覧会のオリジナルグッズや、神田明神のコラボグッズが販売されるほか、神田明神文化交流館「EDOCCO」のCAFÉ MASU MASUにて「まっくろなくろ胡麻おはぎのお茶セット」や「白(ハク)米のおにぎり」、「となりのカキ氷」など、展覧会特別メニューを販売。
『鈴木敏夫とジブリ展』
【期間】2019年4月20日(土)~5月12日(日)
【時間】10~18時(最終入場17時30分)
【会場】神田明神 文化交流館「EDOCCO」2F 神田明神ホール
【入場料】大人1300円、中高生800円、小学生600円
【URL】https://ghibli-suzuki.com/
©TS ©Studio Ghibli

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.