画像: 【徳井健太の菩薩目線】第23回 「千鳥のドッカン!ジブン砲」の被災地ボランティアで学んだこと

【徳井健太の菩薩目線】第23回 「千鳥のドッカン!ジブン砲」の被災地ボランティアで学んだこと

“サイコ”の異名を持つ平成ノブシコブシ・徳井健太が、世の中のあらゆる事象を生温かい目で見通す連載企画「徳井健太の菩薩目線」。第23回目は、被災地のボランティア体験を通じて感じたことについて、独自の梵鐘を鳴らす――。
「どの“ありがとう”よりも、“ありがとう”に聞こえた」
「千鳥のドッカン!ジブン砲」の被災地ボランティアで学んだこと
4月3日に放送された「有名人が情報解禁!千鳥のドッカン!ジブン砲」(フジテレビ・関西テレビ系)を見てくださった皆さん、ありがとう。そして、このロケでお世話になった皆さん、ありがとうございました。
俺の重機への思いは、第14回のコラム「2019年、俺はユンボで未来を開拓していく」で書いた通り。放送では15分ほどの内容だったけど、練習含めて5日間のロケは、俺にとってものすごく濃密な時間だった。最後に号泣してしまったけど、自分でもあんなに泣くことになるとは思わなかったんだよね。
というのも、このロケに関わってくださった皆さんが優しくて。重機を扱ってボランティアに向かう人って、たくましさと優しさがすごいんだなって勉強になった。加えて、そういう思いが、数珠つなぎのようにつながっていくことも感慨深かった。今回のコラムは、それを伝えていければと思う。
そもそも俺が年始に重機の免許を取った際、千葉県にある建設機械総合レンタルなどを展開する新光重機さんが、Twitterから「おめでとうございます」ってメッセージを送ってくれたの。「練習する機会がないと腕が落ちていくと思うので、機会があれば練習させてください」というような内容を添えて、返信をしたんだよね。
その後、“知られていないけど自ら伝えたいニュース(=ジブン砲)を記者会見形式で発表する”という趣旨のバラエティ番組「千鳥のドッカン!ジブン砲」の話がきた。それで、「重機の免許を取ったので、被災地でボランティア活動したい」と伝えたところ、俺のジブン砲が採用された。
俺の方から番組サイドに、縁のあった「新光重機で練習したい」と提案させてもらって、練習風景を撮影させてもらった。すると、新光重機さんが重機をレンタルしている現場があるということで、そこでガチの体験をさせてもらうことに。リアルな現場だから、働いている人は上手いわ、怖いわ......襟を正された面持ちだよ。
その後、被災地に向かうための重機を扱うボランティアの団体がいることを教えてもらい、被災地で重機を動かすために必要なさまざまなテクニックを教えてもらったんだ。今でも、「重機は道を作れる」という言葉が、忘れられない。被災地は道路が使えない。道なき道を進んでいかなければいけないことが多々ある。だから、「重機が道を作る」っていうんだ。そういう信念と技術がなければ、被災地のボランティア活動はできないんだなって。
助けてもらった誰かが、必ず誰かを助けている
伺った愛媛県西予市宇和町は、昨年の台風21号による西日本豪雨被害の被災地。愛媛県も大きな被害を受けていたなんて、恥ずかしながら知らなかった。情けないよね。そんな俺が行って、本当にいいんだろうかって。怖さや戸惑いもあったけど、一方で、実際に目で見ないと分からないこともあるだろうって。
宇和町は、ダムが決壊したことで、下流の集落に甚大な被害を及ぼす恐れもあった。ところが、土砂が流れ込んだ60代の夫婦が暮らしていた一軒の民家が壁となり、結果的に下流にあったその他の民家は助かった。「思い出の詰まった民家に再び住みたい」という60代家主の思いを知った住民たちは、なんとかその思いを実現しようと動いたというんだ。
住民たちは、重機を扱うボランティアがいることを調べ、そのことを行政に伝え、お願いし、そして番組に登場した一般社団法人「OPEN JAPAN」さんが、宇和町に赴いたという背景がある。俺が行ったときは、すでに「OPEN JAPAN」さんが3カ月ほどかけて屋内に流れ込んだ土砂を大方取り除いている状態。泥の中に埋まっていた家を、あの状態に戻したというわけ。一部分だけを切り取って考えちゃいけないってことだよね。放送で伝えたことは、ホント、一部分中の一部分に過ぎないんだ。
番組でも伝えたけど、「OPEN JAPAN」の萬代さんは、石巻市の人。「助けてもらったから今度は自分が誰かを助ける」。ボランティアは、その連続だと教えてくれた。北海道胆振東部地震が発生した際、愛媛県から厚真町に向かった人たちもいたそうだ。知らないことだらけだよ。助けてもらった誰かが、必ず誰かを助けている――。言葉にするのは簡単だけど、行動に移すのはとてつもないことだよ。
家主さんは、照れ屋で放送には登場しなかったけど、カメラが回っていないところでお礼を言ってくれて......。俺なんか、ホントに短い時間しかできなかったけど、とっても丁寧に「ありがとう」って言われて。俺が今まで生きてきた、どのありがとうよりもありがとうに聞こえたのね。だから、最後に感極まってしまった。俺の方こそ、「ありがとうございました」なんだよね。知らないことを、たくさん教えてもらった。
俺は、続けていく。同時に、自分の気持ちにも自信が持てた。最初は、重機をうまく扱いたいって気持ちがあったけど、ロケが終わるころには、そんな気持ちはなくなっていたよね。「俺も誰かに心からありがとうって言われるようなことをしよう」という気持ちしかなかった。それくらい家主さんのありがとうは、心の中に残り続けているんだよね。
※徳井健太の菩薩目線】は、毎月10日、20日、30日更新です
【プロフィル】とくい・けんた 1980年北海道生まれ。2000年、東京NSC5期生同期・吉村崇と平成ノブシコブシを結成。感情の起伏が少なく、理解不能な言動が多いことから“サイコ”の異名を持つが、既婚者で2児の父でもある。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.