画像: 復帰戦で判定勝利のRENA「試合前なのに泣きそうになった」【4・21 RIZIN】

復帰戦で判定勝利のRENA「試合前なのに泣きそうになった」【4・21 RIZIN】

グラウンドでアームロック、腕十字を狙うも一本はならず
「RIZIN.15」(4月21日、神奈川・横浜アリーナ)で昨年大晦日に自らの計量失敗で試合を流してしまったRENAが復帰戦に臨み、判定で勝利を収めた。
対戦相手は大晦日に対戦予定だったサマンサ・ジャン=フランソワ。仕切り直しの一戦となった。
フランソワはRENAの打撃を恐れることなく距離を詰めて組み付き、テイクダウンを奪う。RENAは立ち上がりバックを取られた体勢からフランソワの左腕をからめとりアームロックでグラウンドに引き込み、下から腕を極めにかかる。
フランソワがしのぎ切って立ち上がる。そこからRENAが強引に首投げでテイクダウンを狙うが投げ切れずフランソワにバックを許してしまう。スリーパーを狙うフランソワ。4の字ロックもがっちり決まり絶体絶命のピンチを迎えたRENAだが腕を取ってしのぐうちにゴングが鳴る。
2RもRENAのパンチをもらいながらもひるまず組み付くフランソワはテイクダウンに成功し上を取るがRENAは下から腕十字を狙う。リフトしてたたきつけ脱出を図るフランソワだったがRENAは離さない。極まらないとみたRENAは離れ、立ち上がるとグラウンドのフランソワにパウンドで飛び込む。
スタンドに戻り、フランソワが再度テイクダウンに成功するが勢い余り、RENAが上のポジションに。マウントをキープしパウンド、ヒジを落とし続ける。嫌がり背中を向けたフランソワの右腕を再度十字に取りに行くがフランソワはしっかりクラッチし極めさせない。
3RはRENAが打撃で先制もすぐにフランソワが組み付き、首投げに行くが投げ切れずRENAがマウント。しかしフランソワはその体勢から足を効かせ不利な体勢を挽回。目まぐるしい攻防の中スタンドに戻ると、RENAが前蹴りを連発。嫌がるフランソワはタックルに行くが、がぶったRENAは上四方から頭部にヒザを叩き込むがフランソワはここでも立ち上がり脱出。RENAはなおも前蹴りを放つがゴング。ジャッジ3者ともRENAを支持し、3-0で判定勝利を収めた。
令和は「私がつっぱっていかなきゃいけない時代」
RENAは試合後の会見で「勝ってホッとした。いろいろ試して、ダメなところ、いいところが出た。キレの部分も試合も久々で物足りないところはあったけど、自分が今できることは、できた」などと試合を振り返った。
フランソワについては「すごく強くて、気持ちが強い選手。お腹もきいていたのが分かっていたので、どうしようかなと思ったが、寝技になってもパウンドでも目が死んでいなくて、戦っていて楽しかった。いろんな展開をお見せできたかと思う。極めきるまではいかなかったけれど、入るタイミングとか、返し返され、いろんな展開ができたので、今までとは違う試合の楽しさがあった」などと話した。
今後については「具体的には決まっていないが、間隔をそんなに開けずに試合をしたいのと、シュートボクシングに年に1回出ていたのですが、2回、3回とは出られない状況なので、会長と、何かできることがないか話している」などと話した。
カード発表会見で「平成の失敗を平成のうちに」と言っていたのだが「入場の時にブーイングがすごかったらどうしようかと思ったのですが、まったく私には聞こえなくて、歓声しか聞こえてなくて、どうしようと思って試合前なのに泣きそうになった。お客さんに救われて試合に臨めた。令和に向けて平成は終われたかと思う」と話し、来る令和の目標として「“R”の時代なので、まだまだ私の時代、私がつっぱっていかなきゃいけない時代だと思うので、それを実行していけたらいいと思います」と話した。
「RIZIN.15」(4月21日、神奈川・横浜アリーナ)
◆第12試合 「RIZINライトヘビー級タイトルマッチ」RIZIN MMAルール(93.0kg)5分3R ※ヒジあり
●キング・モー(アメリカン・トップチーム)(3R3分2秒、KO)イリー・プロハースカ(チェコ共和国/Jetsaam Gym Brno)〇
◆第11試合 RIZIN キックボクシング ルール:3分 3R(59.0kg)
〇那須川天心(ARGET/Cygames)(3R1分24秒、TKO=レフェリーストップ)フリッツ・ビアグタン(フィリピン/Biagtan Martial Arts)●
◆第10試合 RIZIN MMAルール(60.0kg)5分3R ※ヒジあり
〇堀口恭司(アメリカン・トップチーム)(1R2分53秒、KO)ベン・ウィン(アメリカ/INTEGRATED MMA)●
◆第9試合 RIZIN MMAルール(71.0kg)5分3R
●北岡悟(ロータス世田谷/パンクラスイズム横浜)(2R3分56秒、TKO)ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)〇
◆第8試合 RIZIN MMAルール(93.0kg):5分3R ※肘あり
〇カール・アルブレックソン(スウェーデン/PANCRAE GYM WEDEN)(判定3-0)クリスティアーノ・フロリッチ(ブラジル出身/EVOLUCAO THAI)●
◆第7試合 RIZIN女子MMAルール (51.0kg):5分3 R ※肘あり
〇RENA(シーザージム)(判定3-0)サマンサ・ジャン=フランソワ(フランス/FURACAO)●
◆第6試合 RIZIN MMAルール(68.0kg)5分3R
〇朝倉未来(トライフォース赤坂)(判定3-0)ルイス・グスタボ(ブラジル/EVOLUCAO THAI)●
◆第5試合 RIZIN女子MMAルール (57.0kg):5分3 R ※肘あり
〇渡辺華奈(FIGHTER’FLOW)(判定3-0)ヤスティナ・ハバ(ポーランド/partakus Rzeszow)●
◆第4試合 RIZIN MMAルール(71.0kg)5分3R ※ヒジあり
〇ダミアン・ブラウン(オーストラリア/THE GARAGE / TEAM COMPTON)(判定3-0)武田光司(BRAVE)●
◆第3試合 RIZIN MMAルール(58.0kg)5分3R ※ヒジあり
〇マネル・ケイプ(アンゴラ/AKA Thailand)(2R3分59秒、TKO)伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム)●
◆第2試合 RIZIN女子MMAルール (57.0kg):5分3 R ※肘あり
〇村田夏南子(フリー)(2R2分12秒、肩固め)サライ・オロスコ(メキシコ/LEGION MMA) ●
◆第1試合 RIZIN キックボクシング ルール:3分 3R(61.0kg)
●大雅(TRY HARD GYM)(2R2分34秒、TKO)タリソン・ゴメス・フェレイラ(ブラジル/Champions Factory)〇

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.