画像: 朝倉未来がライト級をやめて68kgでのトーナメント開催を提案【4・21 RIZIN】

朝倉未来がライト級をやめて68kgでのトーナメント開催を提案【4・21 RIZIN】

ソウザが北岡にKO勝ち
「RIZIN.15」(4月21日、神奈川・横浜アリーナ)で今夏から開催予定のライト級グランプリを見据えた試合が行われた。
昨年大晦日に川尻達也に勝利を収めた北岡悟と柔術の世界大会で数々の優勝経験を持つホベルト・サトシ・ソウザが対戦。ソウザが2RKOで勝利を収めた。
ソウザは柔術の世界大会で数々の優勝経験を持ち、北岡も日本を代表するグラップリング技術を持つ。高度なグラウンドの技術を持つ2人だが、試合は打撃の攻防が目立つ展開となった。
1R、北岡は左右のパンチを振って前へ。バックステップでかわしたソウザは右ハイキック。北岡はそのタイミングで組み付くとソウザは逆にコーナーへ押し込みテイクダウンを狙うが、北岡はスタンドでフロントチョークの体勢に。しかしソウザは引き込みながら脱出。離れたところでソウザの左目尻から出血があり、ドクターチェックが入る。
再開後、北岡がロープ際で組み付くとソウザは引き込みフロントチョーク。しかし北岡は脱出。再びスタンドの攻防に。北岡の左右のパンチがヒットするも、ソウザは左ジャブの連打と一歩も引かない。
2Rは北岡がパンチの連打から組み付き、ソウザが引き込むと北岡はサイドポジションを取ることに成功。ここで一連の流れの中でソウザが放った右のジャブで今度は北岡の左目尻から出血。ドクターチェックが入る。北岡にとっては大きなチャンスとなるポジションだったのだが、再開はスタンド状態から。
再開後、足を取り合う展開から今度はソウザがバックを奪いスリーパーを狙うが、ここは北岡がしのぐ。ソウザは続けて腕を狙うが、ここも北岡が脱出。
最後はスタンドの打撃の展開になると、北岡がロープに詰めるが逆にロープを背負ったソウザがパンチの連打。北岡は腰が落ちかけるが、踏みとどまると、ソウザはなおも連打を浴びせると北岡は後ろに吹っ飛ぶ形でダウン。ソウザが追撃を狙ったところでレフェリーが割って入り試合を止めた。
朝倉未来が矢地にKO勝ちのグスタボに判定勝ち
大晦日にRIZINライト級の門番的な立場にいるダロン・クルックシャンクから一本勝ちしたダミアン・ブラウンがDEEP王者の武田光司と対戦。3-0の判定で勝利を収めた。
ダミアンの打撃に武田はタックルに突破口を見出そうとするが、武田はなかなかやりたいことをさせてもらえない。3Rにはパンチで武田をぐらつかせるなど終始ペースを握り続けたブラウンが判定勝ちを収めた。
この日一番のインパクトを残したのは朝倉未来。朝倉は昨年8月に矢地祐介にKO勝ちしたルイス・グスタボと壮絶な殴り合いを展開したうえで、3-0の判定で勝利を収めた。
真っ向打ち合った2人だったが、2、3Rと朝倉がテイクダウンを奪い上のポジションを奪う場面が目立ち、ジャッジ3者とも朝倉を支持した。
朝倉はもともと66~68kgで戦っていたのだが、ライト級GP開催にあたって、階級を上げての参戦が期待されている。
しかし朝倉は試合後の会見でライト級GPについて問われると「まだ分かんないっすね。ベラトールがフェザー級のトーナメントをやるみたいなんで、世界に挑戦もしたい。ぶっちゃけ、ライト級にスター選手がいないんで、俺を中心に68kgとかのトーナメントに代えてもらいたい」と答えた。
「RIZIN.15」(4月21日、神奈川・横浜アリーナ)
◆第12試合 「RIZINライトヘビー級タイトルマッチ」RIZIN MMAルール(93.0kg)5分3R ※ヒジあり
●キング・モー(アメリカン・トップチーム)(3R3分2秒、KO)イリー・プロハースカ(チェコ共和国/Jetsaam Gym Brno)〇
◆第11試合 RIZIN キックボクシング ルール:3分 3R(59.0kg)
〇那須川天心(ARGET/Cygames)(3R1分24秒、TKO=レフェリーストップ)フリッツ・ビアグタン(フィリピン/Biagtan Martial Arts)●
◆第10試合 RIZIN MMAルール(60.0kg)5分3R ※ヒジあり
〇堀口恭司(アメリカン・トップチーム)(1R2分53秒、KO)ベン・ウィン(アメリカ/INTEGRATED MMA)●
◆第9試合 RIZIN MMAルール(71.0kg)5分3R
●北岡悟(ロータス世田谷/パンクラスイズム横浜)(2R3分56秒、TKO)ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)〇
◆第8試合 RIZIN MMAルール(93.0kg):5分3R ※肘あり
〇カール・アルブレックソン(スウェーデン/PANCRAE GYM WEDEN)(判定3-0)クリスティアーノ・フロリッチ(ブラジル出身/EVOLUCAO THAI)●
◆第7試合 RIZIN女子MMAルール (51.0kg):5分3 R ※肘あり
〇RENA(シーザージム)(判定3-0)サマンサ・ジャン=フランソワ(フランス/FURACAO)●
◆第6試合 RIZIN MMAルール(68.0kg)5分3R
〇朝倉未来(トライフォース赤坂)(判定3-0)ルイス・グスタボ(ブラジル/EVOLUCAO THAI)●
◆第5試合 RIZIN女子MMAルール (57.0kg):5分3 R ※肘あり
〇渡辺華奈(FIGHTER’FLOW)(判定3-0)ヤスティナ・ハバ(ポーランド/partakus Rzeszow)●
◆第4試合 RIZIN MMAルール(71.0kg)5分3R ※ヒジあり
〇ダミアン・ブラウン(オーストラリア/THE GARAGE / TEAM COMPTON)(判定3-0)武田光司(BRAVE)●
◆第3試合 RIZIN MMAルール(58.0kg)5分3R ※ヒジあり
〇マネル・ケイプ(アンゴラ/AKA Thailand)(2R3分59秒、TKO)伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム)●
◆第2試合 RIZIN女子MMAルール (57.0kg):5分3 R ※肘あり
〇村田夏南子(フリー)(2R2分12秒、肩固め)サライ・オロスコ(メキシコ/LEGION MMA) ●
◆第1試合 RIZIN キックボクシング ルール:3分 3R(61.0kg)
●大雅(TRY HARD GYM)(2R2分34秒、TKO)タリソン・ゴメス・フェレイラ(ブラジル/Champions Factory)〇

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.