画像: 年に一度のスペシャルウィーク! 日本酒の祭典が六本木ヒルズで開催中/4月22日(月)の東京イベント

年に一度のスペシャルウィーク! 日本酒の祭典が六本木ヒルズで開催中/4月22日(月)の東京イベント

東京の中心で全国の名酒蔵と名店の料理が一度に楽しめる、そんな夢が叶う11日間が今年もやってきた。日本最大級の日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019」が、六本木ヒルズで開催中だ。
サッカー元日本代表の中田英寿がプロデュースする同イベントは、2016年に始まり今年で4度目。回を重ねるごとに来場者が増え、昨年は11日間で12万人が訪れた。 2019年のコンセプトは「日本酒と世界各国お料理とのペアリング」。全国各地から計110の酒造が登場するほか、前半5日間はアジア料理、後半5日間は日本・ヨーロッパ料理を提供するレストランが出店し、11日間の開催で計10カ国・15のレストランの料理を楽しめる。「日本酒に合うのは日本食」という概念を壊し、日本酒と世界各国料理のあらゆる組み合わせを楽しむことができる。
「縄」をテーマにした天がいが目を引く会場には、さまざまなブースが登場。日本酒ブースでは、日替わりで1日10種類の酒造が並ぶ。獺祭や八海山など誰もが知る名酒のほか、テーマもさまざまで、「関東の日」や「九州の日」など地域ブロックごとに入れ替わったり、世界最大の日本酒コンペティションで上位にランクインした酒蔵が登場する「SAKECOMPETITIONの日」など、気になるテーマに合わせて何度も通いたくなる内容だ。日本酒選びに迷ったら、会場内のきき酒師におすすめを聞きいてみよう。
キッチンカーも充実している。世界各国の料理を提供している国内の有名レストランが、このイベントのために特別メニューを考案。普段は予約困難な人気レストランも出店し、一流の味がリーズナブルな価格で味わえる。牛肉のフォーと日本酒を味わった男性は「日本酒といえば和食のイメージがあったんですが、アジア料理とも合うんですね。面白いです」と感想を語った。そのほか、会場には日本酒とチョコレート菓子「キットカット」がコラボした期間限定バーもオープン。AIの質問に答えると、合計1650通りの中から自分におすすめの日本酒とキットカットのペアリングを教えてくれる。楽しみながら日本酒とチョコレートの組み合わせが発見でき、かわいらしいご当地パッケージのキットカットはSNS映えもしそう。
さらに、イベントの公式アプリ「Sakenomy(サケノミー)」を活用すれば、会場で出会った日本酒の情報がより詳しくわかる。ラベルをスキャンすると、味の特徴や造り手のこだわり、蔵元が進めるグルメ情報などを教えてくれ、お気に入りのお酒を見つけてストックすれば酒席での会話も盛り上がりそう。
『CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019』
【期間】2019年4月19日(金)~29(月・祝)
【時間】12~21時(L.O. 20時30分)
【会場】六本木ヒルズアリーナ
【料金】「CRAFT SAKE スターターセット」3500円(酒器グラス+飲食用コイン11枚)、追加コインAセット1500円(飲食用コイン10枚)~
【URL】craftsakeweek.com/rh/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.