画像: 岡田健史が新CMでさわやかな笑顔ふりまく!ドラマ『中学生聖日記 』で注目

岡田健史が新CMでさわやかな笑顔ふりまく!ドラマ『中学生聖日記 』で注目

俳優の岡田健史が「イオンのほけん相談」のメッセンジャーを務めることになり、24日、都内で行われた新CM発表会に出席した。
CMは、イオンに買い物に来た岡田が、窓口でほけんの相談をするというわかりやすい内容で、さわやかで誠実そうな笑顔を見せる。
今年、20歳とまだ若いが「成人という区切り。今まで親に任せきりだった保険についても考えないといけないなと思ていたときに、このお話をいただいた。これを機に保険について考えていきたい」と、話した。
CMにちなみ保険とは何かと問われると「自分の人生を安心して過ごすためのひとつの材料」との答え。そのうえで、自身のなかの「保険」とは何かと聞かれると「事前の準備」とのこと。司会者が出したセリフを忘れるという例えに沿って、「セリフは忘れないようにしっかり準備していくことは大前提。でも忘れてしまったときには台本も持っていくし、聞くこともできます。ただ、自分はそうならないように、しっかり準備していくことが保険だと思っています」と、さわやかに言い切った。
イベントでは、保険に関するクイズにも挑戦。3問中2問正解。エイリアン保険というエイリアンによる被害をカバーする保険が発売されているという問題に、バツと答えて不正解。「......自分が子ども心ないなと思いました。自分も〇だったら夢があるなとは思ったんですけど......ちょっと、反省しました」と、照れた。
昨年、ドラマ『中学生聖日記』で担任の先生に恋する中学生を演じて、ブレーク。
「ちょうど、現在の事務所に所属してから1年が経ちます。確かに生活の環境だったりいろんなことが変わってきたんですが、その上で、自分がどういう気持ちで役者になりたいと思ったとか、どういう気持ちで芸能界に入ったかっていう初心を忘れず、これからも頑張っていきたいと思っています」
イベントではまた、令和元年にチャレンジしたいことを聞かれ、「レベルアップ」ときっぱり。「2018年よりも、令和元年となる2019年の自分のほうがレベルアップしていきたい。これから先もずっとこの意識で頑張っていきたいと思っています」と、話した。
CMは、26日からオンエア。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.