画像: 10連休はどこに行く? 家族連れに人気は愛知、鳥取! 海外は長距離国際路線が急上昇!

10連休はどこに行く? 家族連れに人気は愛知、鳥取! 海外は長距離国際路線が急上昇!

2019年のGWは、土日を含め、4月27日から5月6日まで10連休。年末年始ならともかく、過ごしやすい晩春の季節に10連休ともなれば、これまでとは違う旅行プランを描く人も多いのでは!? 平成から令和を股にかける、未曽有の大型連休に人々はどこに向かうのか、その動向を調べてみた。
まず国内に目を向けると、家族連れスポットを擁するエリアが強いことが分かる。以下は、楽天トラベルが発表した「ゴールデンウィーク10 連休の国内家族旅行動向」だ。
「子ども連れ利用者は、前年同期比の約3 倍となっています。父親、母親の職場に加えて、子どもの学校も最大10連休となるため、今年のGWでは家族旅行のニーズが伸びたのだと考察しています」
と、教えてくれたのは、楽天トラベルPR推進室。やはり10連休という異例の期間がランキングに関係していると言えそうだ。興味深いのは、楽天トラベルの場合、北海道、沖縄県という国内の人気旅行先2トップを押さえて、愛知県、鳥取県、新潟県が躍進していることだ。
楽天トラベルは、2017年にも「ゴールデンウィークの国内家族旅行 人気上昇エリアランキング」を公表しているのだが、そのときの1位も愛知県(名古屋駅・伏見・丸の内エリア)。「名古屋は何もない」という世間一般のイメージとは違い、たくさんの隠れすぎてしまっている魅力を有することがうかがえる。
「名古屋周辺は、「名古屋港水族館」、「名古屋港シートレインランド」をはじめ、ファミリー向けのレジャースポットを複数擁しているため、子ども連れの家族旅行先として人
気が高いです。2017年1位のエリア内では、各宿泊施設が小学生の添い寝が無料のものなど、家族旅行向けのお得な宿泊プランを豊富に用意していることもあり、人気を集めるポイントのようです」(楽天トラベルPR推進室)
ブロック玩具のテーマパーク「レゴランド」もあり、実は、名古屋周辺には子どもと遊べるバラエティ豊かなスポットが集っているというのは、意外と知られていない事実だろう。
また、2位にランクインした鳥取県も、“子どもマター”に依るところが大きい。
「同県を縦断しながら人気アニメの観光スポットを巡るルートが好評で、中間部に位置する 「倉吉・三朝温泉」エリアの宿泊数増加に貢献しているものと思われます」(楽天トラベルPR推進室)
代表的なところでは、境港市がゲゲゲの鬼太郎(水木しげる氏)の聖地、北栄町が名探偵コナン(青山剛昌氏)の聖地というように、アニメのメッカとして人気が高まっているという。鳥取空港は、2015年に「鳥取砂丘コナン空港」の愛称が付くと、昨年7月には全面的にコナンを打ち出したリニューアルを敢行。ファンにはおなじみの「喫茶ポアロ」や、コナングッズの販売店「コナン探偵社」が誕生するなど、空港というよりもはやコナンファンの巨大ターミナルの様相を呈しているほどだ。
余談だが、鳥取県は、「2018 年の訪日旅行(インバウンド)人気上昇都道府県ランキング」で1 位を獲得するなど、外国人からも熱視線を送られている。これは、「名探偵コナン」が、東アジアを中心に爆発的な人気を集めている副次的効果と言っていいだろう。中国や台湾に行くと、「コナンを見ながら日本語を学んでいます」という若い世代に会うことが珍しくないほどである。
楽天トラベルのランキングは、上記で触れた「お得な宿泊プランを豊富に用意している」といった点なども多分に関係している。自由旅行と違い、楽天トラベルを使うことでレンタカー代や宿泊費の支出を抑えることができるだけでなく、楽天スーパーポイントが貯まるため、家族連れとしては自由旅行をするよりも、よりお得に旅行を満喫できるというわけだ。
事実、他社のGWの旅行先調査などを見ると、やはり人気旅行先の一位と二位は沖縄県と北海道が多い。家族構成や誰と行くかなどによって、利用する旅行サイト、旅行会社が違うことも注目すべき点だろう。LCCの登場などによって、旅行の方法は多様化しているが、国内旅行においてもさまざまな旅行の選択肢があると言えそうだ。
海外旅行は長距離旅行先が急伸
では、海外旅行の動向はどうなっているのか? 株式会社エイチ・アイ・エスの広報室に話を聞くと、「ご予約者数は前年比3倍超えで推移しています。旅行先においては、いずれの地区も前年比2倍以上で推移しており、特に、オセアニアは前年比6倍、北米は5倍、ヨーロッパは4倍(※調査日2019年1月9日)。長期の休みであることが影響していると考えられます」という回答が返ってきた。以下は、同社が2019年のゴールデンウィークの予約状況からまとめた海外旅行先ランキングだ。
多くが見慣れた旅行先だが、注目すべきはパリ、ロンドン、ロサンゼルス、ケアンズというようにフライト時間500分以上のロングホールと呼ばれる長距離旅行先の順位が上昇している点。やはり10連休という大型の余暇を満喫しようと、ここぞとばかりに遠出を計画する人が増加傾向にある。
予約伸び率だけに特化すると、明々白々。「10連休だからこそ」という心理が働いていることが分かる。なお、1位になったケアンズは、世界遺産の大自然や動物など、小さな子どもも安心して遊べる旅行先として人気。海外旅行でも、子ども連れの家族から支持されるスポットは強いことが分かる。
また、上位の顔ぶれにさほど変化がないのは、「フライト数など座席供給数に紐づく傾向がある」とエイチ・アイ・エス広報室が説明するように、発着数の多い旅行先は、その分、搭乗者数も多くなるため変動しづらくなるという。裏を返せば、直行便が増えることで、予約者数は増加する。それを示しているのが、パッケージツアー予約者数8位にランキングしているベトナム・ダナンだ。
「ダナンは直行便が就航したことで需要が伸びていると考えられます」(エイチ・アイ・エス広報室)
2017年にAPECが開催されるなど、ホーチミン、ハノイに次ぐベトナム第三の街として注目を集めるダナンは、経済発展著しいビーチリゾートとして、大開発が進んでいる。
バスで30分ほどで、町中のランタンが鮮やかな世界遺産の古都・クアンナム省ホイアンまでアクセスできることも大きな魅力となっている。今までなかなか注目されなかった街にスポットが当たりやすくなっていることも、近年の特徴だという。
「スマホの普及、SNSを通じて現地のあらゆる情報がキャッチできるようになり、渡航先を選ぶにあたって、目的が明確化してきていると思います。滞在先でこういう写真を撮りたい、このレストランでこのスイーツを食べたい、このショッピングモールでこれを購入したい、というように、より具体的になってきていると感じます」(エイチ・アイ・エス広報室)
せっかくの10連休なのだから、思う存分羽を伸ばしたい。その上で、やりたいことを実現する。日本人は、働き方改革の前に、休み方改革をすることが必要だなどと後ろ指を指されることもあるが、意外やすでにオリジナルの旅の楽しみ方を発見している人は多そうだ。
(取材と文・我妻弘崇)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.