画像: コレクターが「ラストチャンス」と断言。たった23日間の「シド・ミード展」開催

コレクターが「ラストチャンス」と断言。たった23日間の「シド・ミード展」開催

研究家でコレクターの松井博司氏「今しかない」
“ビジュアル・フューチャリスト”として数多くのクリエイターや作品に影響を与えて来た世界的インダストリアルデザイナー、シド・ミード氏の原画展「シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019」が4月27日から5月19日までの23日間、「アーツ千代田3331」(東京都千代田区)で開催される。
日本での個展は34年ぶり3回目となる。
開催に先駆け26日にはプレス内覧会が開催され、合わせて実行委員長の植田益朗、プロデューサーの渡辺繁、キュレイターの松井博司の3氏によるミニトークセッションが開催された。
今回は4つのテーマで展示が構成されているのだが、シド・ミード研究家でコレクターでもある松井氏は秘蔵コレクションを提供。「Memories Of The Future ―Matsui Collection」というパートが設けられている。
その松井氏は「奇跡のコレクションといわれているが、この数、このようなコンディションでミード氏の作品を見ていただけるのは世界中どこを探してもない。日本でしかない。しかも23日間だけ。前回は34年前だったが、今後30年の中で可能かと言えば、我々の中では難しいと考えている。もうラストチャンスだと思っていただいて構わない」と同展の希少性を説明した。そして展示されている原画についても「非常にデリケートな絵の具を使っているので劣化がすごく早い。いろいろなところに巡回している間に剥落が起こっていて、すでに劣化が始まっている。今回見ていただく原画のコンディションは今がベスト。これからは落ちていくしかない。まさに今しかない」と続けた。
5月1日には池袋の新文芸坐で『ブレードランナー2049』を爆音上映
同展ではミード氏がガンダムのデザインを手がけた「∀ガンダム」で主人公のロラン・セアック役を務めた声優の朴璐美が音声ガイドを務める。また会場で無料でダウンロードできるARのアプリを使用しミード氏のラフスケッチやデッサンを見ることができる作品も何枚か用意されている。そして会期中にはトークイベントも開催の予定という。
このゴールデンウィーク中は会場以外でもさまざまな関連イベントが予定されている。
キネカ大森では4月26日~5月2日に上映の名画座2本立て『AKIRA』×『ブレードランナー ファイナル・カット』でシド・ミード展とのコラボ企画を実施。同展の半券を提示すると「シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019」の非売品ポスター(B2サイズ)がプレゼントされる。映画の半券の提示で「シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019」の当日一般料金が100円OFFとなる。
5月1日には池袋の新文芸坐で『ブレードランナー2049』を爆音上映。ゲストを呼んでのトークイベントが開催される。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.