画像: 仏俳優ロマン・デュリスが演じる“ダメパパ”に共感『パパは奮闘中!』

仏俳優ロマン・デュリスが演じる“ダメパパ”に共感『パパは奮闘中!』

一家の大黒柱として仕事に打ち込んでいたら、何の前ぶれも無く妻が幼い子供2人を残して失跡。探そうにも職場や親類以外に心当たりは思い浮かばず、慣れない子供たちの世話にも悪戦苦闘。そんなフランスの“パパ”の姿に共感せずにはいられない! 主人公オリヴィエ役にはセドリック・クラピッシュ監督の『スパニッシュ・アパートメント』“青春三部作”で主演を務めフランスを代表する俳優となったロマン・デュリス。本作では「非常に有望な人物」と絶賛する新鋭ギヨーム・セネズ監督作『パパは奮闘中!』で“ダメパパ”を好演。家のことは妻ローラにまかせっきりでローラの異変にまったく気づいていなかったオリヴィエ。もし自分だったら“予兆”に気づいていた?
「どうかな。僕は筋書きも最初から分かってしまっているし(笑)。ただ僕自身はオリヴィエを嫌なヤツとして演じるつもりはまったくなくてニュートラルに演じていました。夫婦の仲が常に調和がとれているなんてことはないし、他の人には分からないミステリアスな部分もあるものです」
フランスの夫婦は愛情も問題もオープンに話し合い、2人きりの時間もちゃんと持つ...そんなイメージを抱いている日本人は多いけれど。
「確かにフランスの夫婦関係はオープンなほうだと思うけど、だからといって摩擦がないわけではありませんからね。だから本作のオリヴィエたちの姿はとても自然なことだしリアルだと思う。妻の失跡とか、夫が妻に捨てられて子どもたちと残される、というのは一般的な要素ではないけれど、描かれていることはどの国の人であれ共感できる部分があるのでは、と思います」
『パパは奮闘中!』
監督:ギョーム・セネズ 出演:ロマン・デュリス他/セテラ・インターナショナル配給/4月27日より新宿武蔵野館他にて公開 http://www.cetera.co.jp/funto/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.