画像: 那須川天心「世界中を巻き込んだ試合をしていきたい」【6・2 RIZIN】

那須川天心「世界中を巻き込んだ試合をしていきたい」【6・2 RIZIN】

連続参戦でISKA王座に挑戦
「RIZIN.16」(6月2日、兵庫・神戸ワールド記念ホール)の第一弾カード発表会見が5月1日、東京都内で開催された。
那須川天心が4月大会に続き連続参戦し、ISKAの王座に挑戦するタイトルマッチに出場する。
対戦相手については現在RIZIN側がISKAと交渉中で、キックボクシングフリースタイル王者のアメッド・フェラージかK-1ルール王者のヤンヌ・グセフになる見込み。こちらについては決まり次第発表される。
那須川は現在ISKAオリエンタルルール世界バンタム級とRISEバンタム級の2冠を保持。今回の試合に勝てば3冠王者となる。
今回、那須川にこのカードを用意したことについてRIZINの榊原信行CEOは「那須川は誰と戦っても“かませ犬では”と言われるほどの飛びぬけた実力のある選手。7月にRISEがある中で、世界タイトルという勝負論のきっちりある試合を用意することができたので、チャレンジャーとして世界タイトルに挑むという、このテーマをクリアしてほしい」などと話した。
那須川は「連戦になるがしっかりと勝ってRISEのトーナメントにつなげたいという気持ちがある。ダメージなくサクッと勝ちたい。初めての関西の興行をしっかり盛り上げて、しっかり勝ちたい」などと話した。ルールが不確定なことについては「どちらでも対応できる」と相変わらず意に介してはいないよう。
この日から新元号となったが「令和になったからといって変わることはないが、とにかく毎試合大きな試合をやりたい。格闘技界だけではなく、スポーツ界、日本中、世界中を巻き込んだ試合をどんどんしていきたい」などと話した。
那須川が出場する「RISE WORLD SERIES 2019 Semi Final Round in OSAKA」は7月21日にエディオンアリーナ大阪で開催される。
才賀が約2年ぶりにRIZIN参戦
この日の会見では才賀紀左衛門の約2年ぶりの参戦が発表された。才賀は93戦のキャリアを誇る大ベテランの国崇とRIZINキックボクシングルールで対戦する。才賀は「久しぶりにRIZINに帰ってきて、僕自身ワクワクしているし楽しみ。関西といえば地元。すごい楽しみ。地元の試合なので、カッコいい試合、沸かせて、面白い試合して、最後に勝っていいところを全部持って行きたい」などと話した。
「RIZIN.16」(6月2日、兵庫・神戸ワールド記念ホール))
〈この日発表されたカード〉
◆「RIZIN女子スーパーアトム級 タイトルマッチ」RIZIN女子MMAルール:5分3R(49.0kg)※肘あり
浜崎朱加(AACC)vsジン・ユ・フレイ(アメリカ/ MOHLER MMA)
◆スペシャルワンマッチ RIZIN女子MMAルール:5分3R(49.0kg)
浅倉カンナ(パラエストラ松戸)vs 山本美憂(KRAZY BEE / SPIKE22)
◆RIZIN MMAルール:5分3R(61.0kg)※肘あり
山本アーセン(KRAZY BEE/SPIKE22)vsティム・エスクトゥルース(アメリカ/Scorpion Fighting System)
◆RIZIN MMAルール:5分3R(120.0kg)※肘あり
ロッキー・マルティネス(グアム/SPIKE22)vsジェイク・ヒューン(アメリカ/Unit 27)
◆RIZINキックボクシングルール : 3分 3R(59.0kg)]
国崇(拳之会)vs才賀紀左衛門(フリー)
◆RIZINキックボクシングルール : 3分 3R(60.0kg)]
一刀(モンスタージャパン)vs 中村寛(BKジム)
〈参戦予定選手〉
那須川天心(TARGET/Cygames)
憂也(魁塾)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.