画像: 50代超運動不足の女性でもラクラク! がんばり禁止の運動理論で体を鍛える

50代超運動不足の女性でもラクラク! がんばり禁止の運動理論で体を鍛える

日ごとに暖かくなってきて、冬の間にたっぷりと脂肪を付けた体が気になるこの時期。一枚、そして一枚と着るものが少なくなっていく事におびえる太っちょも多いのでは? しかし、ここでしっかり運動して体を鍛えれば、なんとか夏までには、間に合うかも?! 最近では“効率よく”、“楽しく”、“飽きずに続けられる”など、ズボラで怠け者にもうれしいジムが続々誕生。近所のプライベートジムに行ったら「あなたが痩せるのには150万円かかる」と言われすごすご帰ってきたメタボに悩む中年グルメ探偵が、それらのジムを体験リポート!
「表参道セラサイズ・スタジオ」
「待ってましたよ!こんなジム!」とメタボ探偵が思わず膝を打ったのが「表参道セラサイズ・スタジオ」。なんでも、頑張り禁止というのがここのルールだとか。週に1回、60分の軽い運動で、十分なんですって。「軽いって言っても、運動している人には、まあまあ軽いぐらいでしょ」と思っているそこのアナタ、よくお聞きなさい。ジムなのにシャワールームがないんっすよ。汗もかかないから、着替える必要もなし!着ていった服のママちょっと動いて、汗もかかずに帰るだけ。室内なので、靴もいらないし、身ひとつで行けるのもいい。
で、どういうものかと言うと...要は筋肉ではなく、脳を使うワケですよ。つまり、常に新しい動きをやる事で、脳の神経接続をつないでいく。って事なんです。そうして脳の血流をアップして、体を回復させるという。まあ、探偵も100%理解できてるかっていうと、全然なんっすけどね。
ただ、1回目は初めてやる動きだから“なんだこれ?”って感じて見よう見まねでやっとできて、2回目は“これ前やったな~”って思い出すからそこそこできて、3回目は“これ楽勝”って簡単に出来てってやっていくと、脳の神経がつながり、小脳にそのデータが入った回路ができるという事みたい。だから、4回目は別の動きをするので、毎週3分の1は違う動きを入れていくんですって。動きは綿密に設計して作られていて、現在までに3600以上の動きがあるらしいっす。
うーむ、分かったような分からないような。
そしてこの理論のすごいところは、パーキンソン病や、そのほか脳の障害などにより、体の機能に影響した人のリハビリにも効果があるという事。実際、遠方から通っているパーキンソン病の方もいっぱいいるそう。ほかにも、ダンサーがレッスンの前に来たり、70歳、80歳の人がアンチエイジングのために来たりと、聞けば聞くほど驚きの理論なのだ!
詳しくは「表参道セラサイズ・スタジオ」で検索!
と、難しい説明はホームページにお任せする事にして(笑)、実際にどのくらい簡単でなのか、早速チャレンジ!
本当に着てきたままの服で、ほかの会員さんたちがスタンバイ。足を肩幅に立ち、両手を左右に広げ、左右の腕を逆向きにひねる。ふーん、まずは軽いストレッチからねー。と鼻歌混じり(心の中で)の探偵。お次はその腕をわき腹を縮めるように伸ばし、右と左に。おー、伸びとる伸びとる。と、軽いストレッチが続く。一体いつから運動が始まるのだ...と思っているうちに終了。な、なんですと?!これだけ! 確かに息切れもしないし、汗もかかない。マジで、まったく疲れる要素がないっす。それはほかの方も同じで、みなさんにこやかに微笑んでいる。狐につままれたような探偵。かといって、疲れてないわけでない。何と言うか、めっちゃ頑張って仕事をした後のような疲れなのだ。と感想を話すと、代表の小川さんが「それが脳を使ってるという証拠なんです」と言う。マジか...。
どうやらこれを続けると体の調子がよくなるらしい。それも割と分かりやすく感じられるとか。「ちなみにリハビリには、効果がなかったら返金保障をつけています。ホームページにも記載していますが、1回ごとに効果が出るので、これまで返金した事はありません」とのこと。
探偵のように、とにかく辛いのはイヤ、疲れることキライ! という怠け者は、一度ためしてみる価値はある。とにかくこれまでのジムとはまったく異なる体験に、驚きしかなかった探偵であった。しばらく続けてみよっかなー。
表参道セラサイズ・スタジオ
【住所】港区南青山5-4-51 シャトー青山第一302号
【問い合わせ】info@cellacise.com
【URL】http://cellacise.com/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.