画像: 西島秀俊がピカチュウに! ハリウッド実写化の吹き替え版に「必死だった」

西島秀俊がピカチュウに! ハリウッド実写化の吹き替え版に「必死だった」

映画『名探偵ピカチュウ』初日舞台挨拶が3日、都内にて行われ、日本語吹き替え版キャストの竹内涼真、飯豊まりえ、西島秀俊が登壇した。
世界中から人気を集める「ポケモン」シリーズを元にハリウッドで実写化した話題作。姿を消した父の謎を追いポケモンと共存する街にやってきた青年ティムが、自分にしか聞こえない人間の言葉を話す名探偵ピカチュウらとともに事件に立ち向かう。
上映後のステージに主人公ティム役の竹内、ティムと事件を追う新米記者ルーシー役の飯豊が登場すると、映画を見終わった観客から盛大な拍手。続いて本上映のエンドロールで明かされた、ピカチュウの声を演じた西島秀俊が登場すると会場もさらなる大歓声で出迎えた。ピカチュウ役について「本当にプレッシャーで、必死でやらせていただいた感じです」と振り返った西島だったが「実は収録している間、ピカチュウが西島さんだと知らなくて、エンドロールを見て初めて知り驚きました」という飯豊をはじめ観客の好反応に笑顔を見せた。
印象深かった収録シーンを聞かれた竹内は「全部が大変でしたけどピカチュウと出会うシーンは、すごく気持ちを込めて何度も撮り直したので印象深く残っています」と回答。飯豊は「印象的だったのが、監督が、今回のキャストは声優さんじゃないから面白いことがあったんだよ、と教えてくれたこととで...竹内さんのことなんですけど(笑)。普通は水を持って現場に入るんですけど、竹内さんはプロテインを飲みながらやっていたと聞いて、どれだけストイックなのかと...」というエピソードを暴露。すると竹内は「アフレコ中も筋分しているので、ティム中もタンパク質を補給していました」と苦笑。西島は「今回実写化ということでポケモンたちの動きがかわいくて見とれちゃって。(セリフの出だしを)今ですよ、と言われることもありました(笑)。声をあてに来ているのにいち早く映像を見れて感動しました」と明かし、会場をなごませた。
また、赤いキャップをかぶったポケモントレーナー役で映画本編にも出演している竹内は「僕は(日本のアニメシリーズの主人公の)サトシだと思ってやっていました。1月2日からロンドンに行って撮影しました。すごく高級なポケモンボールを渡されて“絶対に壊さないでね、でも全力で投げて”と言われて」と振り返り、現場での英語について「とりあえず何か言われたら分かっているふうに“イェー”と言っていました(笑)」と笑わせながらも「ワールドプレミアも歩かせていただいてキャストの皆さんともお話しして、自分の感覚だけじゃ狭いなと、いろんな世界を見たいと思いました」と目を輝かせた。
最後に3人はピカチュウモチーフの帽子を被り「ゴールデンウィークにぜひピカチュウを盛り上げて」とアピールした。
映画『名探偵ピカチュウ』は全国公開中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.