画像: 快勝の根津優太が「修斗に口だけの奴はいらない」と辛らつアピール【5・6 修斗】

快勝の根津優太が「修斗に口だけの奴はいらない」と辛らつアピール【5・6 修斗】

かつての王者同士の対決は根津がKO勝ち
修斗のプロ化30周年記念大会となる「プロフェッショナル修斗公式戦SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 30周年記念大会 Supported by ONE Championship」(5月6日、東京・後楽園ホール)が昼夜興行で開催された。
第2部で行われた根津優太と祖根寿麻の元と前の環太平洋バンタム級王者同士の対戦は根津が3R2分51秒でKO勝ちを収めた。
根津は1Rから強烈な右ローキックで祖根を追い込んでいく。序盤から祖根の左足が流れ始め、早くも大きなダメージを受けていることが見て取れる。根津は左フックから右ローのコンビネーションを見せたと思えば、徹底的にローの連打を放つなど祖根に付け入るスキを与えない。祖根はパンチで反撃。そこから組み付くも根津は振り払い、再びスタンドの打撃の展開に。
その後も続く根津の徹底した右ロー攻撃に祖根の左足がみるみる赤くはれ上がり、言うことのきかない状態に。
それでもパンチ、バックブローを見せる祖根だったが、根津は余裕のフットワークで交わしていく。
2Rに入っても根津の右ローは止まらない。打ち終わりになんとかパンチを合わせようとタイミングを計る祖根だが、踏み込みが弱くパンチを当てられない。
徹底した右ローで祖根の左足を破壊
その間も根津の右ローが次々と放たれる。根津はこのラウンドもローとパンチのコンビネーションで非情な攻めを見せる。それでも祖根が前に出るところに根津がカウンターの右フック。ヒザをつく祖根だったがなんとか足にしがみつき追撃をしのいだところでゴング。
3Rに入ると後がない祖根はパンチを振るってからタックルに行くが根津はなんなく切り、祖根に攻め手を与えない。根津は右右左の3連打でケージに祖根を追い詰める。祖根は起死回生の大振りのフックを放つが根津の顔をかすめるだけ。根津は再び右ローを連発。
最後、根津が前に出る祖根にカウンターのタックルを合わせるとテイクダウンに成功。立ち上がり際に強烈な左ミドル。ケージにもたれかかった祖根に左右のパンチの連打を浴びせ、祖根の動きが止まったところでレフェリーが試合を止めた。
根津は試合後のマイクで「坂本さん、30周年おめでとうございます。北森さんコールありがとうございます」と大会を主催したサステインの坂本一弘代表らに感謝の言葉を述べた。そして一呼吸置くと「誰とでもやります。SNSでいろいろ言われたけど、修斗にね、口だけの奴はいらないんだよ。それだけ」とアピールした。
魚井が壮絶KOで30周年第2部の火ぶたを切る
第2部のオープニングで魚井フルスイングが2R16秒で加藤ケンジにKO勝ちを収めた。左フック一発の豪快なKOで会場に一気に火が付いた。
1Rは互いに探り合いの展開から終了間際に魚井が左フックでダウンを奪う。立ち上がった加藤になおもタックルからリフトしてテイクダウン。パウンドを狙ったところでゴングとなった。
2Rは牽制し合う中で、魚井がファーストコンタクトで狙いすました左フック一発。加藤はその場にばったりと倒れ、追撃をするまでもない完璧なKO勝ちとなった。
魚井は「30周年記念の大会に出られて、アマチュア修斗からやってきたプロシューターとして誇らしい。今の修斗はこんな感じです。こっからまた盛り上がるんで楽しみにしてください」と挨拶した。
プロフェッショナル修斗公式戦「SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 30周年記念大会
第2部 Supported by ONE Championship」(5月6日18時、東京・後楽園ホール)
◆第1試合 バンタム級5分3R
〇魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS)(2R16秒、KO)加藤ケンジ(K.O.SHOOTOジム)●
◆第2試合 ストロー級5分2R
●阿部マサトシ(AACC)(1R4分12秒、KO)中川マイケル(Gracie Techinics)〇
◆第3試合 バンタム級5分3R
〇根津優太(同級世界2位 ※元環太平洋バンタム級王者/&MOSH)(3R2分51秒、KO)祖根寿麻(同級世界4位 ※前環太平洋バンタム級王者/ZOOMER)●
◆第4試合 フェザー級5分3R
●宇野 薫(日本/UNO DOJO)(判定0-3=27-30、27-30、26-30)デュアン・ヴァン・ヘルフォート(オランダ/グレイシーバッハ・ネーデルランド)〇
◆第5試合 フェザー級5分3R
●斎藤 裕(日本/同級世界王者/パラエストラ小岩)(判定0-2=28-29、29-29、28-29)アギー・サルダリ(オランダ/スポーツヴィジョン)〇
◆第6試合 世界フライ級チャンピオンシップ5分5R
〇扇久保博正(王者/パラエストラ松戸)(4R40秒、KO)清水清隆(挑戦者・同級1位/TRIBE TOKYO
M.M.A.)●
※扇久保は2度目の防衛に成功

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.