画像: 扇久保が清水にKO勝ちで30周年大会締めくくる【5・6 修斗】

扇久保が清水にKO勝ちで30周年大会締めくくる【5・6 修斗】

元パンクラス王者・清水を迎え撃つ
修斗のプロ化30周年記念大会となる「プロフェッショナル修斗公式戦SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 30周年記念大会 Supported by ONE Championship」(5月6日、東京・後楽園ホール)が昼夜興行で開催された。
この日の大トリとなった第2部のメーンで行われた「世界フライ級チャンピオンシップ」で王者・扇久保博正が元フライ級キング・オブ・パンクラシストの清水清隆と対戦。4R40秒、KOで破り30周年を締めくくった。
試合は1Rから扇久保がプレッシャーをかけ清水を追い詰める展開に。扇久保の右ローに清水がパンチを合わせると扇久保は強烈な右ローでお返し。
清水がパンチに来るところに扇久保がタックルを合わせテイクダウン。ケージ際で清水がケージを使い立ち上がるが、扇久保はバックをキープしパンチ。清水はそのすきを突き脱出。スタンドの展開となるが、またも清水のパンチをかいくぐり扇久保がタックルからテイクダウン。ケージを背にする清水が立ち上がると扇久保がパンチを放つなど、主導権を握ったのは扇久保。
じりじりとした展開も4Rに一気に決着
2Rになっても扇久保がプレッシャーをかける展開は変わらず。
清水が右フックを放つも扇久保はバックステップでかわし、ローで攻め込んで行く。清水もローを返すが単発に終わる。しかし扇久保も頻繁に構えをスイッチしながら攻撃の糸口を探るが、なかなか畳み掛ける攻撃は繰り出せない。ラウンド終了間際に扇久保のローをキャッチした清水がパンチを放つがここでゴンク。
3Rに入ると、今度は清水が手数で勝り始める。扇久保も右フックで飛び込むが清水はかわしてパンチを出していく。その後もロー、ハイ、そしてフックと繰り出す清水。扇久保もパンチで追うが清水は足を使ってクリーンヒットは許さない。扇久保は右フック当ててから左のパンチ、ハイとつなげるが、清水はかわす。残り10秒、扇久保が左ハイを放つと当たりは浅いもののこれで清水は右まぶたをカットしてしまう。
じりじりとした展開に突然フィニッシュが訪れたのは4R。タックルを切られた扇久保だったが、強烈な左ミドルを2発清水のボディーに叩き込む。
RIZINでの元谷友貴戦をアピール
ここで清水が左フックを放ったところに扇久保はそれに合わせ右フック。両者が交錯し、清水が倒れたところで扇久保がパウンドの連打。亀になった清水の動きが止まり、レフェリーが試合を止め、扇久保が2度目の防衛に成功した。
扇久保は試合後のマイクでまず「坂本さん、30年間修斗を引っ張ってくれてありがとうございます」と今大会を主催するサステインの坂本一弘代表に感謝の言葉をかけた。そして「一言だけ言わせてください。僕はRIZINでやり残したことがある。できるならば元谷選手とやらせてください」とDEEPのフライ級とバンタム級の元王者である元谷友貴の名を挙げ対戦をアピールした。
プロフェッショナル修斗公式戦「SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 30周年記念大会
第2部 Supported by ONE Championship」(5月6日18時、東京・後楽園ホール)
◆第1試合 バンタム級5分3R
〇魚井フルスイング(和術慧舟會HEARTS)(2R16秒、KO)加藤ケンジ(K.O.SHOOTOジム)●
◆第2試合 ストロー級5分2R
●阿部マサトシ(AACC)(1R4分12秒、KO)中川マイケル(Gracie Techinics)〇
◆第3試合 バンタム級5分3R
〇根津優太(同級世界2位 ※元環太平洋バンタム級王者/&MOSH)(3R2分51秒、KO)祖根寿麻(同級世界4位 ※前環太平洋バンタム級王者/ZOOMER)●
◆第4試合 フェザー級5分3R
●宇野 薫(日本/UNO DOJO)(判定0-3=27-30、27-30、26-30)デュアン・ヴァン・ヘルフォート(オランダ/グレイシーバッハ・ネーデルランド)〇
◆第5試合 フェザー級5分3R
●斎藤 裕(日本/同級世界王者/パラエストラ小岩)(判定0-2=28-29、29-29、28-29)アギー・サルダリ(オランダ/スポーツヴィジョン)〇
◆第6試合 世界フライ級チャンピオンシップ5分5R
〇扇久保博正(王者/パラエストラ松戸)(4R40秒、KO)清水清隆(挑戦者・同級1位/TRIBE TOKYO
M.M.A.)●
※扇久保は2度目の防衛に成功

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.