画像: 横浜流星が本気チャレンジ! 映画『チア男子!!』公開直前ヒット祈願イベント

横浜流星が本気チャレンジ! 映画『チア男子!!』公開直前ヒット祈願イベント

5月10日公開の青春映画『チア男子!!』のヒット祈願イベントが7日、東京ドームシティー ラクーアガーデンステージで行われ、主演の横浜流星らが登壇した。
直木賞作家・朝井リョウの青春小説『チア男子!!』は、実在する早稲田大学の男子チアリーディングチーム「SHOCKERS」をモデルにし書き上げた人気作品。柔道をやめた大学生・晴希が、親友と一緒に男子チアチームを結成し、大舞台に挑む青春ストーリーで、これまでアニメ化や舞台化されてきた同作が、満を持してスクリーンに登場。ドラマ「初めて恋をした日に読む本」でのピンク髪でブレークの注目俳優・横浜流星と、「一礼して、キス」で主演を務め、現在ドラマ「あなたの番です」に出演中の若手俳優・中尾暢樹がW主演を務めた。
小雨が降るなか行われたイベントには、約3000人のファンが集結。ステージには、出演の横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、浅香航大、岩谷翔吾、菅原健、小平大智が登壇し、黄色い歓声に包まれた。集まったファンに横浜は、「ありがとうございます。まもなく公開なのですごくワクワクしています。身を削りながら作った作品なので、1人でも多くの人に見てほしいです。あ、今ジェットコースターに乗っている人にも見てほしいです」とステージの頭上を通り抜けるジェットコースターに触れ、会場を笑わせた。劇中の衣装であるTシャツ姿で登壇した小平大智には「寒くない?」と共演者からツッコミが入るなど、和気藹々とした雰囲気でスタート。
この日は、同作の主題歌を歌ったシンガーソングライター阿部真央も駆けつけ、「君の唄(キミノウタ)」を披露。この映画のために作詞作曲を手掛けたという阿部は、「自分が決めた道を進むんだ、というメッセージを感じました。作品に寄り添える曲を、という思いで作りました」とコメント。迫力の歌声に横浜は「本当に素敵でした。撮影の時の記憶を思い出しました。ハル(主人公・晴希)になって聞いていて、すごく感動しました」と、感慨深く撮影時期を振り返った。
さらにイベントでは、作品のキャッチコピー「全員で翔べ!」にかけて、樽の穴にナイフを刺し、中の銀テープを飛ばすチャレンジコーナーも。登壇者がつぎつぎとナイフを刺していくなか、それぞれの名前をコールするなど、チャレンジを応援。さらに、共演者同士は横浜のことを「流星」、浅香のことを「兄貴」と呼んでいるなどのエピソードを明かし、仲の良さを垣間見せた。そして、ゲームは二巡目の横浜が刺した瞬間、樽から銀テープが勢いよく登場。「(運を)持ってるねー!」と共演者から声が上がり、チェレンジの成功とともに会場を盛り上げた。
イベントの締めくくりにはそれぞれが映画をアピール。横浜は「本気でチアリーディングに挑戦しました。一人一人がなにかを抱えながら、前に進んでいく姿に勇気や背中を押される作品だと思います。阿部さんの楽曲も素晴らしいので、映画が終わるエンディングまで楽しんでください」と会場に呼びかけた。青春映画「チア男子!!」は10日から全国ロードショー。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.