画像: 岩田剛典「大遅刻してスライディング土下座した」、高畑充希は「顔が満月のように」新人に失敗談を披露

岩田剛典「大遅刻してスライディング土下座した」、高畑充希は「顔が満月のように」新人に失敗談を披露

映画『町田くんの世界』ジャパンプレミアが7日、都内にて行われ、1000人からオーディションで選ばれた主演の新人俳優と脇を固める豪華キャスト、石井裕也監督がレッドカーペットと舞台挨拶に登場した。
安藤ゆきの同名コミックを原作に、運動も勉強も苦手だが唯一、人を愛する才能に長けた少年“町田くん”が人が嫌いな少女“猪原さん”と出会い、周りを巻き込み繰り広げるドラマを描く。ダブル主演を務めるのは、演技経験ほぼゼロながら1000人を超えるオーディションで選ばれた新人俳優・細田佳央太と関水渚。この日は、共演の岩田剛典、高畑充希、太賀、池松壮亮、北村有起哉と石井監督が登壇した。
町田くん役の細田は豪華俳優陣との共演について「撮影に入っても自分の役にいっぱいいっぱいで僕らから他のキャストの方に話しかけることができなかったんですけど、話しかけてもらって緊張の糸がほぐれました」と振り返り、猪原さん役の関水は「先輩方が皆さん、とても優しく話しかけてくださった。一緒のシーンが多かった前田敦子さんに私が日焼けしやすいことを話したら日焼け止めを持ってきてくれて、すごくうれしくて未だにとってあります」と振り返って感謝。
そんな2人の演技について岩田も「初々しさとみずみずしさが画面いっぱいに広がっている」と太鼓判。「当初、新人を主役にとは考えていなかった」という石井監督も「新人の人にはできない役だと思っていたんですがオーディションで細田少年に出会ってしまった。今後、売れても全然、チャラついたりしないというくらいの好青年で、その場で即決しました」と明かした。
初めて挑んだ大役の現場では初々しい失敗も。細田は「学校で走り回るシーンを撮っていたときに過呼吸で倒れてしまい撮影を止めてしまうという...。ご迷惑をおかけしました」と恐縮しながら一生懸命すぎたゆえの失敗を明かし、関水は「高畑さんとのシーンで声だけを取り直す“オンリー”という作業をすることになったんですが、その意味を知らず私の声が小さかったから撮り直すのかと思い、高畑さんのセリフを無視しして自分のセリフをどんどん言ってしまったことがありました。でも高畑さんは本当に優しく、大丈夫だよと言ってくださって」と反省。ところが当の高畑は「全然、忘れてた(笑)」と返し会場を笑わせた。
そんな岩田と高畑は、新人のころの失敗談を聞かれると驚きのエピソードを披露。岩田は「初めて出演させていただいた舞台のゲネプロの日に大遅刻をしてしまって、そのまま舞台にスライディング土下座しました。笑いがとれてオッケーという雰囲気にはなったんですけど、その日1日、生きた心地がしなかった。遅刻はしないほうがいいですね」と苦笑。高畑は「沖縄ロケで食べ過ぎて、最初のほうで撮ったシーンとつながらなくなってしまったことがあります。顔が満月のようになってしまって。14歳の夏、反省しました。地方ロケはおいしいものが多いけど気をつけてください」と自らの失敗談を明かしつつ、新人2人に温かいエールを送った。
また当初、本イベントに出席を予定していたものの自宅作業中に膝のじん帯を負傷し欠席した前田敦子は「この度は欠席という形になってしまい大変、申し訳ありません。この映画は主人公の2人にぜひ注目してほしいです。撮影でも青春を感じて毎日、甘酸っぱかったです」と謝罪しつつ本作への思いをメッセージで伝えた。
映画『町田くんの世界』は6月7日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.