画像: W杯メンバー発表の高倉監督「優勝は目指さない限り手に入れることはできない」

W杯メンバー発表の高倉監督「優勝は目指さない限り手に入れることはできない」

前回経験者は6人と大きく若返るも「年齢ではない」
日本サッカー協会が5月10日、都内で会見を行い「女子ワールドカップ(W杯)フランス 2019」に出場するなでしこジャパン(日本女子代表)のメンバー23人を発表した。
メンバー発表は、会見に出席した高倉麻子監督が「広報にはちょっと喋ってからメンバー発表に行きましょうと言われているんですが、皆さん気になっているでしょうから先にメンバーを発表しましょう」といきなり選手を発表する“麻子スタイル”で行われた。
発表後、高倉監督は「総勢63名、チャレンジキャンプを入れると90名ほどの選手を呼び、さまざまな可能性を探る中で、まだまだ力が足りなくても積極的に試合に使い、練習をしていく中で壁にぶつかりうまくいかないときもあった。その時に自分で考え、工夫をし努力をして、次にプレーをした時にしっかり修正してきた選手が残ってきたのかなと思う。その跳ね返りの強さはいつも注目して見ていた」などと選考に当たっての自らの物差しを説明した。そして「就任した時に代表選手に求めることを4つ挙げた。テクニックがあって賢い。スピードや持久力を含めた力がある。代表に対する思いが強い。チームのために戦える。この4つの要素をベースに選手を見て来た。その中で平均的にレベルが高い選手、プラス何か一つ強いものを持った選手、というのは選考する中で大きなキーになった」と続けた。
今回は前回のカナダ大会を経験した選手はわずかに6人と大きくチームは若返ったが、高倉監督は「年齢ではなく、選手を試す中で、しっかり跳ね返ってきた選手を選んだ結果、若い選手が残った」と年齢は特に考慮していないことを強調した。現在19歳のFW遠藤純についても「年齢で話題になるのかもしれないが、グラウンドでのパフォーマンスを見て十分にやれると思い招集した。左利きで突破からシュートに行く形は素晴らしいものを持っている。体も大きく強さ、スピードもある。他の選手も同じだが、FWには得点とチャンスメイクに期待したい」などと話した。
阪口については「コンディションは大丈夫と聞いている」
その攻撃陣については「どの組み合わせになっても何かを作り出せるのではないかという期待を持たせる選手たち。劣勢な試合でも3人4人がコンビネーションを作った時に強固なDFを翻弄できる崩しができるのではないかということは私も楽しみにしている」などと期待を込めた。
過去2度のW杯で活躍した阪口夢穂が10番を背負う。阪口は昨年4月に右膝前十字靭帯損傷と内側半月板損傷のケガを負い、年末の皇后杯決勝で復帰を果たした。現在、復調途上といえる段階なのだが「コンディションは大丈夫と聞いている。招集してからパフォーマンスを上げていくことになると思う。経験も豊富な選手だし、チームに落ち着きをもたらしてくれるという意味でも期待している」などと話した。
そして「難しい挑戦ではあると思うが、優勝は目指さない限り手に入れることはできないので、優勝を目指して臨みたい」と優勝を目標に掲げた。
なでしこは6月2日にスペイン代表とテストマッチを行う。W杯のグループリーグではアルゼンチン代表(6月10日)、スコットランド代表(同14日)、イングランド代表(同19日)と戦う。
スペイン代表戦とW杯のメンバー
〈GK〉
1 池田咲紀子(浦和レッズレディース)
18 山下杏也加(日テレ・ベレーザ)
21 平尾知佳(アルビレックス新潟レディース)
〈DF〉
3 鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)
2 宇津木瑠美(シアトル・レインFC/アメリカ)
4 熊谷紗希(オリンピック・リヨン/ フランス)
23 三宅史織(INAC神戸レオネッサ)
22 清水梨紗(日テレ・ベレーザ)
5 市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース)
16 宮川麻都(日テレ・ベレーザ)
12 南萌華(浦和レッズレディース)
〈MF〉
10 阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)
7 中島依美(INAC神戸レオネッサ)
15 籾木結花(日テレ・ベレーザ)
14 長谷川唯(日テレ・ベレーザ)
6 杉田妃和(INAC神戸レオネッサ)
17 三浦成美(日テレ・ベレーザ)
〈FW〉
9 菅澤優衣香(浦和レッズレディース)
8 岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)
20 横山久美(AC長野パルセイロ・レディース)
11 小林里歌子(日テレ・ベレーザ)
13 植木理子(日テレ・ベレーザ)
19 遠藤純(日テレ・ベレーザ)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.