画像: メインで一本勝ちの小金がZSTの再興とRIZIN参戦をアピール【5・11 ZST】

メインで一本勝ちの小金がZSTの再興とRIZIN参戦をアピール【5・11 ZST】

最後は腕十字固めががっちり
「ZST.65」(5月11日、東京・新宿FACE)のメインでライト級王者の小金翔が韓国のクォン・ドヒョンに2R、腕十字固めで一本勝ちを収めた。
小金は昨年10月に平信一に挑戦し、判定勝ちを収め王座奪取。第3代王者に就いた。この日は、ここ数戦判定勝ちが続いていたことからフィニッシュすることを自らに課しての試合だったが、見事に一本を取り切った。小金の一本、KO勝ちは2017年5月に高橋弘にTKO勝ちして以来。
ドヒョンは1Rからタックルを多用し、組みついては小金をコーナーに押し込みテイクダウンを狙う。差しの巧みなドヒョンは二本差しで小金の体を浮かせるが、小金も腰の重さを見せテイクダウンは許さない。小金も体勢を入れ替えコーナーに押し込むが、ドヒョンはまたすぐに入れ替えるなどロープ際やコーナーでのポジションの奪い合いが続く。終盤には小金が足をかけテイクダウンを奪いパウンドを落とす場面も作ったが、ドヒョンは粘って脱出する。
2Rに入ってもドヒョンのしつこいタックルが続く。しかし小金は押し込まれながらも足を払ってテイクダウンに成功するとジワジワと自分のポジションに持ち込み、バックをキープするとパウンドの連打からスリーパーホールドを狙う。ドヒョンも動きを止めず、脱出の機会をうかがうが小金の4の字ロックががっちりと決まり抜け出せない。
小金はスリーパーが決められないとみるや腕十字に移行。ドヒョンの必死のクラッチを切ってぐいと締め上げるとドヒョンがタップした。
「来年は6回、8回と大会ができるように盛り上げていきたい」
小金は試合後のリングで「ずっと判定が続いていたのでチャンピオンらしく一本でフィニッシュできて安心しました。皆さんの応援が力になった。他の団体に比べてZSTが盛り上がっていないかなと思うので、来年は6回、8回と大会ができるように盛り上げていきたい」とチャンピオンとしてZSTの再興へ向けての決意を述べた。そして「僕はRIZINに出たいという目標があります。そのために皆さんの後押しが必要だと思っています。そこまで頑張りますので応援してください」とRIZIN参戦をアピールした。
8・13「バンタム級トーナメント決勝」はジェイク・ムラタvs滝田J太郎に
セミファイナルでは柏崎剛が返上した王座をかけた「第3代バンタム級王者決定トーナメント」1回戦が行われ、ジェイク・ムラタが判定で金井塚信之を破った。
1Rからねちっこいグラウンドの攻防が続く。ムラタは引き込んで下になりながらも、そこからもぐっていつの間にか有利な体勢に。しかし金井塚もしっかりと動きを合わせ主導権の奪い合いとなる。2Rに入るとムラタがタックルから上を取る場面が目立ち始める。しかし攻め手を欠きブレイクとなる場面も。ともに決定的なポイントを奪うことはできなかったものの、試合を組み立て有利なポジションを奪う場面が多かったムラタをジャッジ3者が支持した。
この勝利でムラタは決勝に進出。8月13日の豊洲PIT大会で、この日の昼に行われた「ZST.64」で勝利を収めた滝田J太郎と対戦する。
上田貴央が因縁のウォンニに判定負け
第8試合では上田貴央が韓国のジョン・ウォンニと対戦。3-0の判定で敗れた。
この2人は1年半前に対戦。その時はウォンニの暴走ファイトで上田が反則勝ちを収めている。ともに納得できる結果ではなく、年号をまたいでの決着戦となった。
試合はウォンニがプレッシャーをかけ飛び込んでは強烈なパンチを打ち込んでいく。上田は右のガードが下がり気味でパンチを食らってしまうが、それでも果敢にタックルを敢行。テイクダウンを狙うが、ウォンニはがぶってタックルを切っては離れ、上田のグラウンドには付き合わない。
2Rに入ってもウォンニは徹底的にスタンドでの戦いにこだわっていく。上田はミドルキックをキャッチさせたうえで組み付きに行くなどさまざまなパターンでテイクダウンを狙うが、フィジカルも強いウォンニはなかなか倒れない。残り1分、上田が組み付き引き込むが逆にウォンニにマウントを奪われてしまう。上田はバックマウントを奪われながらもそこからアームロックを狙う。しかし裏返したところで無念のゴングが鳴った。
「ZST.65」(5月11日、東京・新宿FACE)
◆第10試合メインイベント ZSTルール ライト級 5分2ラウンド
◯小金翔(第3代ZSTライト級王者/フリー)(2R4分13秒、腕ひしぎ逆十字固め)クォン・ドヒョン(韓国/GUMI MMA)●
◆第9試合 第3代バンタム級王者決定トーナメント ZSTルール バンタム級 5分2ラウンド
●金井塚信之(フリー)(判定0-3)ジェイク・ムラタ(パラエストラTB/Fighting Nxus)◯
◆第8試合ZSTルール 58kg以下契約 5分2ラウンド
●上田貴央(FIGTHER’S FLOW)(判定0-3)ジョン・ウォン二(韓国/KINGDOM)◯
◆第7試合 第3代バンタム級王者決定トーナメント リザーブマッチ ZSTルール バンタム級 5分2ラウンド
◯諏訪部哲平(和術慧舟會駿河道場)(判定3-0)上田直毅(パラエストラ東京)●
◆第6試合ZSTルール フェザー級 5分2ラウンド
◯寺本大輔(リバーサルジム横浜グランドスラム)(2R4分24秒、スリーパーホールド)古根川充(U-FILE CAMP登戸)●
◆第5試合ZSTルール ストロー級 5分2ラウンド
◯榊原徹 (U-FILE CAMP登戸)(判定)望月卓弥(SUBMIT MMA)●
◆第4試合ZSTルール バンタム級 5分2ラウンド
●内田龍介(リバーサルジム戸塚グランドスラム)(2R1分46秒、足首固め)野沢零羽(和神会)◯
◆第3試合SWAT!バウト ZSTルール フェザー級 5分2ラウンド
●萩原一貴(リバーサルジム武蔵小杉所プラス)(判定0-3)高須将大(ストライプル茨城)◯
◆第2試合SWAT!バウトZSTルール バンタム級 5分2ラウンド
◯若林康弘(SAI-GYM)(判定3-0)川端修介(ALLIANCE)●
◆第1試合SWAT!バウトSWATルール フライ級 5分2ラウンド
◯長野将大(リバーサルジム武蔵小杉所プラス)(1R51秒、KO)宮國要(アラバンカ柔術)●
「ZST.64」(5月11日、東京・新宿FACE)
◆第10試合 メインイベント ZSTルール フライ級 5分2ラウンド
〇竿本樹生(第4代ZSTフライ級王者/BRAVE GYM)(判定3-0)佐々木亮太(蒼天塾
あざみ野道場)●
◆第9試合 第3代ZSTバンタム級王者決定トーナメント ZSTルール バンタム級
5分2ラウンド
●清水俊裕(総合格闘技宇留野道場)(判定0-3)滝田J太郎(和術慧舟會/KINGCRAFT)〇
◆第8試合ZSTルール 73kg以下契約 5分2ラウンド
●マックス・ザ・ボディ(BRAVE GYM)(判定1-2)佐野哲也(team SOS)〇
◆第7試合ZSTルール ライト級 5分2ラウンド
〇ベン”ザ・クイーンズガード”ブッカン(T.GRIP.TOKYO/総合格闘技津田沼道場)(判定3-0)餅瓶太(和神会)●
◆第6試合 ZSTルール フライ級 5分2ラウンド
〇二之宮徳昭(クロスワンジム湘南)(判定3-0)小林優(パラエストラ吉祥寺)●
◆第5試合ZSTルール フェザー級 5分2ラウンド
●山本空良(POD札幌)(判定0-3)原口 央(BRAVE GYM)〇
◆第4試合ZSTルール フェザー級 5分2ラウンド
〇小川将貴(ピロクテテス新潟)(判定2-1)森山壱政(SONIC SQUAD)●
◆第3試合SWAT!バウト ZSTルール ライト級 5分2ラウンド
〇上原平(リバーサルジム横浜グランドスラム)(2R2分52秒、TKO=レフェリーストップ)西尾真輔(総合格闘技宇留野道場)●
◆第2試合SWAT!バウト ZSTルール ストロー級 5分2ラウンド
●川元啓吾(リバーサルジム東京スタンドアウト)(1R57秒、KO)北野一声(SONIC SQUAD)〇
◆第1試合SWAT!バウトZSTルール フェザー級 5分2ラウンド
●小松裕理(U-FILE CAMP登戸)(1R2分7秒、TKO=レフェリーストップ)青柳克明(総合格闘技宇留野道場TAIWAN)〇

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.