画像: 【最新号5月13日配布開始】お帰り!翔平、待ってたよ!

【最新号5月13日配布開始】お帰り!翔平、待ってたよ!

5月7日のタイガース戦から3番DHで戦線復帰
お帰り!翔平、待ってたよ!
エンゼルスの大谷翔平がグラウンドに帰ってきた。
大谷はメジャーデビューとなった昨年、開幕から二刀流でメジャーを席巻。投げては最速163キロの速球を武器に4勝を挙げ、打っては規定打席には届かなかったものの打率.285、22本塁打、61打点の驚異的な数字を残した。
しかし6月に右ヒジの内側側副靱帯を損傷し故障者リスト入り。復帰後は打者として出場し、9月に3カ月ぶりに登板したが、後日、右ヒジ靱帯に新たな損傷が判明。以降は打者としてのみ出場し、オフシーズンに右ヒジの靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けた。
その結果、2019年は投手はお休み、打者としてのみの出場となることがアナウンスされた。
もっとも同手術を受け、翌年に打者として活動した選手は皆無なことから、果たして打者として出場しても大丈夫なのか?という声はあったが、大谷は術後、順調にリハビリを重ね、キャンプもじっくり焦らずクリア。
開幕から1カ月が経った5月7日、デトロイトでのタイガース戦で3番DHで復帰した。
大谷はフル出場し5打席に立ち、4打数無安打、1四球2三振に終わったものの、第2打席には遊ゴロで1打点を挙げ、チームの5−2の勝利に貢献した。
翌日も3番DHで出場。4打席に立ち、3打数無安打2三振、1死球に終わった。3打席目の死球は右ヒジに当たったように見え、ヒヤリとさせたが大事には至らなかった。
まだまだ本調子ではないようだが、ヘルメットが飛ぶほどのフルスイングを見せており、打撃に関しては右ヒジは大丈夫なようだ。
【CONTENTS】
Special 人気の国際短編映画祭が5月29日開幕
「SSFF & ASIA 2019」特集
Tokyo Culture 『警視庁捜査資料管理室』でも一人語りは止まらない!?
瀧川英次インタビュー
...and more

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.