画像: 水谷豊監督『轢き逃げ 最高の最悪な日』中山麻聖 × 石田法嗣インタビュー

水谷豊監督『轢き逃げ 最高の最悪な日』中山麻聖 × 石田法嗣インタビュー

結婚式を目前に控えたエリート青年とその親友が若い女性をひき逃げしてしまう事件を軸に、関わる人々の葛藤を見つめ、人間の底知れなさをあぶりだしていくヒューマンサスペンス。脚本・監督は俳優として監督としてゆるぎない評価を得る水谷豊。その水谷監督に見いだされた中山麻聖と石田法嗣が監督とともに乗り越えた難役を振り返る。
大手企業に勤め、副社長の一人娘との結婚を控えるエリート青年・宗方秀一は親友で同僚の森田輝を車に乗せて式の打ち合わせに向かう途中、若い女性をはねてしまう。「誰も見てない」。輝の言葉を聞いた秀一はそのまま車を発進させてしまう...!
初脚本も手掛けた水谷監督第2作となる骨太サスペンス。2人はオーディションを受けた時点では、水谷豊監督作であることを知らなかったという。
中山麻聖(以下:中山)「秀一役に決まってから届いた台本を開いたら“監督 水谷豊”とあって、びっくりしました(笑)。最初にお会いした日は頭が真っ白でした。芝居のことも考えなきゃいけないし水谷さんと初めてお会いして緊張するし...。よろしく!と言って握手を求めてくださった水谷さんの笑顔だけが鮮明に記憶に残っています」
石田法嗣(以下:石田)「僕は『相棒』の時にも一度、共演させていただいているんですが、覚えてるよと言ってくださってうれしかったです。でも“水谷監督”とのお仕事は初めてだったので最初に聞いたんです。“監督って怒るタイプですか、優しく指導するタイプですか?”って。そしたら“法嗣、2種類だけじゃないよ”と言われました(笑)」
中山「さすが(笑)」
石田「現場に入ってみると本当に3種類目でした。怒るとか優しくするとかじゃなく、きちんと説明してくださるんです。その役を演出するとき、監督ご自身がまず演じて見せてくれるんですよ」
中山「秀一の部屋で輝がジャンプしてベッドに飛び乗るという場面を監督が輝となってやって見せてくれたんですけど、あまりに急だったのと、動きがまさに輝そのものだったんで、ついポカンとしてしまったことがありました」
石田「輝が土下座をするシーンが何度かあるんですけど、監督はそれもやって見せてくれましたからね。あまりにも完璧な土下座をして見せてくださったので、これを超える土下座ができるだろうか、と思ってしまいました(笑)。最初に演じて見せてくれるので僕らはそこで正しいイメージをつかむことができて、それを自分に取り入れて自分の芝居にしていくという作業でした。ただ、監督の芝居を超えなきゃいけないというハードルが高くて(笑)」
中山「そうなんだよね(笑)。僕は撮影に入る前に監督から役を決め込むことなくフラットでいて、と言われていたので秀一のイメージをあまり作らず、現場で監督のお芝居を見て、それをまず吸収するという作業から入ったんですが、つい監督のお芝居に引き込まれてしまう自分がいました(笑)」
石田「僕は逆に作り込んでガチガチに固まってしまっていて、けっこう模索してしまったんですよね」
事故を起こし、悪魔の選択をしてしまった秀一。それを促してしまった輝。極限状態であってはならない選択をするという難しい役どころ。
中山「脚本を読んだときからとてつもなく難しい役だ、と思いましたね」
石田「僕も最初に自分の中で役を決め込んでしまったこともあって本当に難しかったです。あるセリフの言い方が何度やってもハマらず、監督に頭を抱えさせてしまったときがあったんです。やり直すほど沼にハマってしまい “終わった...”と思いかけたとき岸部一徳さんが“監督が言っているのはこういうことだと思うから、こういうふうに言ってみたら”と、声をかけてくださったんです。なるほど、と思ってその通りにやってみたら1回でOKが出た。一徳さんには見えていたんだ、僕は何も見えてなかったんだと気づきました。僕も監督のように“一徳兄さん!”と呼びたくなってしまいました(笑)。一徳さんは“これは誰がやっても大変な役だから時間かかってもいいから監督と向き合って頑張って”と言ってくださって本当にうれしかったです」
中山「いいなあ」
石田「いいでしょ(笑)」
難しい役どころを演じるうち、秀一と輝そのものになっていった2人。
中山「法嗣とは、撮影以外でも、よく2人でいましたね。普通に話をしているんですが、たぶんきっと輝と一緒にいたかったのかなって。ロケが長かったのでその間、僕自身が秀一でずっといたのかも。今振り返ってみると中山麻聖と宗方秀一の境界線が無くなっていたような気がします。1人でいると芝居のことを考え込んでしまいそうで、そんなときに法嗣と一緒にいたいと思ったのも、秀一が輝と一緒だと安心するからだったんだろうな、と。一番最初に会ったときのことを今でも覚えているんですけど、エレベーターが開いてそこに法嗣がいて、僕は瞬間的に“輝だ”と思ったんです」
石田「それはうれしいな(笑)。僕は、事故を起こした直後のシーンの麻聖との芝居が生々しくて怖いくらいだったのが忘れられない。麻聖が本当に絶望した秀一そのもので、罪を共有して秀一を逃がすという判断を、理屈を超えて自然と演じることができたんです。本当に秀一が麻聖で良かったと思いました」
中山「そんなこと初めて言ったね」
石田「言えないよ、恥ずかしいもん(笑)」
中山「お互いにメンタルがいっぱいいっぱいだったよね。でもだからこそ同じ気持ちを共有できたし頼りに感じることができたんだと思う」
石田「水谷監督は全部見越して僕らを選んでくれたのかもね」
信頼を寄せてくれた監督に感謝の思いを抱く2人。
中山「監督は期待をかけて信頼してくださった。だからそれに応えたいという思いが本当に大きかったです」
石田「本当に賭けですよね。水谷豊という監督が、その賭けの中でこれまでの経験や知名度に関係なくオーディションで役者を選んでくれたということが本当にうれしいし、自分が選ばれたことは奇跡としかいいようがないと思っています」
中山「監督を見ていると、ずっと楽しそうなんです。演出をしているときも芝居をしているときも、普段の食事のときも。いろいろ考えなきゃいけないこともあって大変なはずなのにそれすらも楽しめているんだろうな、というのが伝わってくる。映画を作るって、こういうことなんじゃないかな、と。楽しむことを忘れたらできないことなんじゃないかと監督を見ていて思いました」
石田「以前『相棒』の現場で僕が1人でいたときに水谷さんがやって来て声をかけてくださって現場になじめたということがあったんです。今回、現場で監督として再会しましたけどそういう姿勢はまったく変わっていなかった。ある場面の撮影前、僕はちょっと入れ込んでしまっていて、本番1時間前から1人でいたんですが、そこへ監督が来て“法嗣、楽しい?”って。ハッとしましたね。自分が監督に気を使わせてしまっていたことに気づいて、そんなふうに声をかけてくれた監督の優しさにも触れて泣きそうになりながら“楽しいです、ありがとうございます!”と答えました。 監督、かっこいいなあと思いましたね」
役者としての経験値はもちろん、水谷監督との出会いから得たものが、これからも彼らの背中を“良い選択”へと押してくれるはず。
(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)
『轢き逃げ 最高の最悪な日』
監督:水谷豊 出演:中山麻聖、石田法嗣、小林涼子、毎熊克哉、水谷豊、檀ふみ、岸部一徳他/2時間7分/東映配給/全国公開中 http://www.hikinige-movie.com//

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.