画像: グランプリ以外の優秀賞にもアカデミー賞への道が開く!【SSFF & Asia 2019】

グランプリ以外の優秀賞にもアカデミー賞への道が開く!【SSFF & Asia 2019】

「Short Shorts Film Festival & Asia 2019」5.29(wed)〜6.16(sun)
米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(略称:SSFF & ASIA)2019がいよいよ開催。誕生から21年目を迎えた今年は、世界130の国と地域から寄せられた作品数、約1万本! その中から選りすぐりの約200作品を上映する。
今年のテーマは「Cinematic Attitude」。メインビジュアルに描かれるのは、海外から伝わり日本で育まれたさまざまな文様。そこに成長、拡大、反映、繋がり、前進、芸能といった意味を込め、映画・映像の普遍的な力や、映画祭が発信していく多様性を表現している。また、米国アカデミー賞短編部門への推薦枠が拡大するというビッグニュースや、新たにオンライン会場が加わるなど、今年もますます目が離せないショートフィルムの祭典となるはず。
[全プログラム無料上映]※一部、有料イベント除く
記念すべき20周年を迎えた昨年、名称を「ジョージ・ルーカスアワード」とし、世界で初めてジョージ・ルーカス監督の名を冠するアワードとなったオフィシャルコンペティショングランプリ。今年はさらなるビッグニュースが! 2004年よりアカデミー賞公認映画祭となったSSFF & ASIAでは、これまではグランプリ作品1点が翌年のアカデミー賞短編部門ノミネート候補となっていたが、今年からインターナショナル、アジア インターナショナル、ジャパン各部門の優秀賞と「ノンフィクション部門 supported by ヤフー株式会社」の優秀賞が、アカデミー賞の短編部門の参加資格を得ることとなった。オスカー受賞作誕生の可能性がさらに高まっただけに2016年グランプリ『Sing/合唱』に続く受賞作の誕生に期待したい。
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019 (SSFF & ASIA 2019)
【開催期間】5月29日(水)〜6月16日(日)
【上映会場】東京 計5会場予定 およびオンライン会場 ※開催日時は各会場によって異なる
【各上映期間】5月30日(木)〜 6月2日(日):iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズ/6月6日(木)〜6月9日(日):表参道ヒルズ スペース オー/6月11日(火):赤坂インターシティコンファレンス the AIR/6月11日(火)〜6月14日(金):アンダーズ 東京 Andaz Studio/6月13日(木)〜6月15日(土):シダックス・カルチャーホール
【料金】無料上映(一部、有料イベントあり)
【鑑賞方法】オフィシャルサイトにて予約申し込み ※当日券あり
【URL】公式サイト

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.