画像: 瀧川英次『警視庁捜査資料管理室』シーズン2でも妄想&一人語りは止まらない!?

瀧川英次『警視庁捜査資料管理室』シーズン2でも妄想&一人語りは止まらない!?

昨秋、BSでの放送ながら大きな話題を呼んだドラマ『警視庁捜査資料管理室(仮)』(BSフジ)のセカンドシーズンである『警視庁捜査資料管理室』が現在放送中だ(毎週月曜)。1人の俳優が延々と1人で台詞をしゃべり続けるという異例のスタイルのこのドラマ、今回も主人公の明石幸男を演じるのはもちろんシーズン1に続き瀧川英次。その瀧川に今回のドラマ、そして最近の活動について話を聞いた。
シーズン2の決定、そして放送も異様に早かった。
「めちゃくちゃ早かったです。シーズン1のオンエアが終わったのが12月10日で、4カ月後にシーズン2の放送が開始ですから1クールしか空いてない。撮影は2月にスタートして3月の頭にはアップしました」
前回は膨大な台詞を入れるのに一苦労だったが、今回は?
「脚本が12月くらいから届き始めたので、12月後半くらいから台詞を入れ始めて、1月はほとんど台本覚えのためだけの月日を過ごし、現場に入りました。前回に比べて期間はめちゃくちゃ短いです」
前作では仮設の部署という設定からタイトルに「(仮)」が入っていたが、シーズン2では晴れて正式な部署となり「(仮)」が取れ、明石にも2人の部下ができた。部下役は秋元才加と武野功雄。2人も頻繁に画面に現れるようになったのだが、明石の台詞の量は変わっていないのでは?
「減るんだろうと思ったんですが、実感としては増えていますね(笑)。途中で脚本家に“増えてない?”って確認したら、“気のせいです”って返事がきた。明らかにページ数の数字増えているので気のせいじゃないと思うんです(笑)」
出演者が増えて、台詞も増えたのに放送時間は一緒。
「実はめちゃくちゃ贅沢な作り方をしているんです。みなさんが見ていないシーン、つまりカットしているシーンがたくさんありますから。他のドラマでもここまで激しくカットする現場はそうないと思います(笑)」
では将来DVD化とかされた時にはそういったお蔵入りのシーンも見ることができそう?
「DVD化はしてほしいとは思いますが、その時に特典映像として付くかといえば付かないんじゃないかと思います。やはり編集後が一番面白くなっているので」
それは実感がある?
「オンエアを見て、僕自身もすげえ面白いなと思っています。一度、オンエアを見ながら台本をチェックしたんですが、絶望的な気持ちになりました(笑)。もうこういう見方はやめようと思いました」
せっかく覚えた台詞なのにカットされているシーンが多かった?
「仕上げてみたら全部を使っちゃうと見ていてかったるくなっちゃうといった判断で、一番効果的に、そしてお客さんが油断しているとついていけないようなスピード感と情報量を目指して出来上がったのが放送されているものなんですよね」
今回は番組最後のテロップの間まで喋っている。
「テロップ中でさえあますことなく芝居している。それは多分そういうことを考えてのことだと思います」
今回は序盤はあまり事件の推理はしていないが、人間関係の綾で笑わせている。
「“部下ができてどうしよう”といった事件以外の出来事も増えていますよね。もちろん事件の推理もするんですが、これまで明石と事件という関係性だったものが、明石と社会と事件というように関係性は広く濃くなっているんです。そして明石という人間のキャラの掘り下げも進んでいる」
今回はシークレットイベント、電車の広告、番組開始前に瀧川がフジテレビの『クイズ!脳ベルSHOW』に出るなどBSフジも前回より力が入っている。実感は?
「あります。現場では撮影中に予算が増えた感じだとか、力を入れた感じは特に感じないんですが(笑)。でも宣伝とかキャスティングとかは力を入れてくれている感じはあります」
前回は面白い作品を作るためにみんなが自分のセクションだけでなくいろいろな意見を出し合う現場と言っていた。今回は?
「顔触れは3分の1くらいは変わりましたけど、めちゃくちゃ優秀でした。人が変わってもそれは引き継がれています。僕は芝居についてのアイデアなんかはプロデューサーにも監督にも相談しますし、今回、20歳のインターンの大学生の女の子がいたんですが、その子にも聞いたりしましました。その子がまたいいアイデアを出したりするんです。そんな感じでいろいろな人から意見をもらいながら、現場ではわいわい作っていました」
今回は秋元才加と武野功雄という強力な共演者が加わった。最初この2人が加わると聞いてどう思った?
「心強いと思いました。最初は秋元さんのポジションを男子にするか女子にするかという話もあったらしいんです。男子だとおじさん2人に若い男になるので、それはどうなるんだろうと思っていたんですが、秋元さんになりそうだと聞いて、それはいいじゃないかと思いました。2人とも仕事でご一緒するのは初めてで、衣装合わせで初めて会ったんですが “これは大丈夫そうだな”と思いました。この“大丈夫”というのは、この現場の進み方に耐え切れるかなということ(笑)。普通のドラマの現場を想定してくると面食らってしまうような、このドラマの状態をどうやらお察しいただいていて“ああ大丈夫そうだ”って(笑)。スタッフが大勢いて予算が潤沢にあると俳優は俳優の仕事しかしなくていいんですが、それどころじゃない。わりとあっという間に秋元さんもイスの位置を直したりしてくれて。武野さんも全然テストをしないとかあっという間に本番とか、どんなに長くても最初から最後まで撮ろうとするといった、無茶な体制もだんだん分かってくれて、特に驚かずやってくださったのですごくありがたかったです。カット割りを決めると監督が芝居のことも頭からけつまで決めちゃったりすることもあるんですけど、武野さんも秋元さんも “ドラマのためにもっとこういうキャラクターがいいんじゃないか”とか“こういうふうに演じてみたいんだけど”という本人からの提案が多かったので非常に心強かった。本当に素晴らしいキャスティングでした。それに秋元さんについてはこれまで女子が若手の刑事の柴田さん(向井地美音)と僕と同年代でちょっと意地悪な野添さん(小橋めぐみ)の2人がいて、秋元さんの立ち位置って難しかったはずなんですけど、かぶらずキャラの立った感じで演じてくださっていて、良かったです」
今回は第2〜4話にかけて「中央区廃工場不審死事件」という事件を扱ったのだが、今後もそういうペースで進行する?
「今後はシーズン1のように2話ずつで解決していきます。7、8話も9、10話も思い出してみても相当面白い展開だったのでそこは期待してください。特に9、10話は出会い系サイトをテーマにした事件なんですが、昔、赤ペンのライブで出会い系サイトのネタはよくやっていたので知っている人はここで喋っているのが赤ペン瀧川なのか瀧川英次なのか分からない感じになって最高に面白いと思います。そして最終回には大きな事件があるって感じです」
大きな事件と聞くと、それは「シーズン3」に向けてのもの?と期待してしまうが...。
「誰もが、“これはどこに向けた終わり方なんだ?”と思うようなものになっています。(笑)すごい風呂敷を広げるだけ広げて、“じゃあ”って終わっていくという。“どうするの? これいつ畳むの? 今広がったまま終わったけど”って感じで終わります(笑)」
毎週レギュラーで見るのも楽しいが特番とか映画といった長めの尺でも見てみたい作品。
「そういうことはきっと首脳陣が企んでくれていると思います。でも例えばスペシャルの2時間ドラマになったとしたら、なにがいいって、覚える台詞が2時間分だけじゃないですか。最高です。5時間半くらいの台詞を覚えて入らなきゃいけなかったのが、2時間でいいんですか?って(笑)。むしろ楽(笑)。そのへんはもはやマヒしていますから」
瀧川は5月17日に公開される映画『コンフィデンスマンJP』にも出演。
「コンフィデンスマンJPは映画は最初と最後と真ん中の重要なシーンに出ているのですごく出ている感はあるんですが、そんなに出てはいないんです。おいしい出方でありがとうございます、って感じでした(笑)。試写室で見せてもらったんですがすごく面白かった。終わった後に、ロビーにいたプロデューサーと監督に“台本を読んでいるのにこんな裏切りを感じた。これは素晴らしかった”とか20分くらいひたすら感想を喋ってしまいました。映画の公開の翌日に放送される2時間スペシャルのドラマがあるんですが、そちらは小手伸也さんのスケジュールが激しく忙しくなってしまったので、代わりといってはなんですがちょいちょい出ています。そして5月13日からはその小手さんが主役のスピンオフドラマ『コンフィデンスマンIG』が月〜金の帯で放送されます。そちらは小手さんと僕と劇団EXILEの小野塚勇人さんの3人が出ずっぱり。もう小手さんに乗っかりぱなしで、本当に“小手様”って感じです(笑)。スピンオフもこれがまあ面白くて(笑)。古沢良太さんという脚本家のすごさを感じました。毎回ちゃんと事件が起きて、縦軸の物語があって、みたいなとても面白くて濃密な台本でした。本編のドラマではこんなに喋ったことないってくらい喋りまくっているので、自分でも“ちょび髭ってこんな喋る人なんだ”って思いました。あとちょび髭がどういう人かものすごく書き込まれていて、“俺ってそんなキャラクターだったんだ”ってことが毎話満載でした」
ちょび髭も明石も嫌われないキャラクター。
「そうなんです。だから今はめちゃくちゃ下衆い殺人犯とかやりたいんです。もう少しこのいい感じで行くのもいいと思うんですけど、生き生きと拷問するようなひどい役をすごくやりたいんです」
そのへんは俳優としての欲求?
「明石のキャラってすごく強いんです。演じている時はそんなに思わなかったんですけど、オンエアを見ると強烈。ただひたすら喋っているだけで普通の人のはずなんですけど、強烈なキャラクターに仕上げていただいているので、逆を張りたいという思いはありますね」
もともと活躍していた舞台のほうは?
「来年再来年にはやりたいですね。せっかくやるなら好きな、というか自分の演技の幅を広げてくれるような演出家とやりたいです」
もう一つの顔でもある「赤ペン瀧川」としては?
「最近ヒマなんです(笑)。全然映画を紹介していない。自分のドラマの予告編をたくさん作っています。試写会に行けてないというのも大きいんですが、なんとか時間が作れてもついつい自分の好きな見たいだけの映画を見てしまったりしています。なので今は俳優業が多くなっていますがどっちも楽しいので、赤ペンの仕事ももっとやりたいと思っています」
はたからも俳優業が順調なのは分かるし、SNSで「台詞覚えが大変」といったことを書いているのでみんな忙しそうに思って頼みにくいのでは?
「そうか! 全然そんなことないんですけど、じゃあ忙しい感じはあまり書かないようにしないと(笑)」
瀧川はシーズン1の時からコラムニストの吉田潮が「第2の堺雅人」と評価するなど玄人筋の評価も高い。今後の活動にも注目したいところだ。(TOKYO HEADLINE・本吉英人)
『警視庁捜査資料管理室』 (毎週月曜23時〜BSフジで放送中)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.