画像: ウルトラQ『東京氷河期』上映後に片桐仁×中野昭慶氏がトークショー

ウルトラQ『東京氷河期』上映後に片桐仁×中野昭慶氏がトークショー

ウルトラマンシリーズ作品の魅力を掘り下げる
円谷プロダクションがウルトラマンシリーズ作品の新たな魅力を伝えるべく昨年からスタートした「ULTRAMAN ARCHIVES(ウルトラマンアーカイブス)」プロジェクト。同プロジェクトでは「『ULTRAMAN ARCHIVES』Premium Theater上映&スペシャルトーク」と題し、過去作品の上映とさまざまなゲストによるトークショーを開催。上映作品を振り返りつつ、ウルトラマンシリーズの魅力を掘り下げている。
これまでに2回開催され、その第3弾が6月15日にイオンシネマ板橋で開催される。今回はウルトラQ『東京氷河期』の上映後に、怪獣ファンとして知られる俳優で彫刻家の片桐仁と、円谷英二監督の下で円谷特技プロダクション(現・円谷プロ)の創立や、『ウルトラ Q』の企画立ち上げに参加した特技監督の中野昭慶氏がトークショーを行う。
昨年11月に行われた第1弾では『2020年の挑戦』の上映と同作の監督を務めた飯島敏宏氏と漫画家の浦沢直樹氏によるトークショー、今年2月の第2弾では『ガラモンの逆襲』の上映と特撮監督の尾上克郎氏と特撮美術・特技監督の三池敏夫氏のトークショーが行われた。
冷凍怪獣ペギラが片桐を“襲撃”?
作品に関する感想や思い出はもちろん、当時の撮影現場の様子や特撮作品を取り巻く当時の環境といった当事者しか語れないエピソードを披露。その中には「今だから語れる」といった話もあり多くのウルトラ作品ファンをうならせている。
今回は片桐の「怪獣愛」と中野監督による「円谷特撮秘話」が展開されそうだ。
イベントに先立つ5月某日、冷凍怪獣ペギラの“襲撃”を受けた片桐仁は「ぺ、ペギラ...! レアですよね、なかなか会えないですよね! このクチ! キバー!! いいなーかわいいなー!! 没頭できる距離感で集中して作品を楽しめるのは映画館ならではですよね。それを『ウルトラQ』で体験できるすごく良い機会だと思います。『ウルトラ Q』を見たことない人も、何の予備知識なしでも絶対に楽しめると思うので、ぜひ皆さんに来て欲しいです! 僕も楽しみにしてます!!」とコメントした。
イベントの詳細は「ULTRAMAN ARCHIVES 特設サイト」( https://m-78.jp/ultraman-archives/ )から。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.