画像: 熊谷俊人千葉市長 東京2020オリンピック・パラリンピックを応援

熊谷俊人千葉市長 東京2020オリンピック・パラリンピックを応援

いよいよ残り500日を切った東京2020オリンピック・パラリンピック。千葉市内の会場でも7つの競技が行われるため、その準備が着々と進行中。熊谷俊人千葉市長が、同大会へ向けて取り組んでいる事、そしてその後の千葉市のビジョンについて語る。
一木「東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、千葉市ではどのような取り組みを行っていますか?」
熊谷「いろいろとやっていますが、ボランティアは特に力を入れてやっている事のひとつです。ボランティアに関しては、オリンピックだけではなく、そのあとの事も考えている。それは以前行われた千葉国体での反省でもあるのですが、そこでボランティアが活躍してくれたのに、終わったらそのつながりが途絶えてしまったのです。東京2020大会も、せっかくボランティアが多く参加してくれるので、その方々が2020年以降もスポーツをはじめとして、地域を支えていく人材としてモデルチェンジを適切にしていきたいと考え、チーム千葉ボランティアネットワークを作り、そしてオリ・パラのボランティアに参加した方に、そこに登録していただき、2020年以降も活躍してもらうという事をやっています。もうひとつ大きな軸としているのが、パラスポーツに力を入れて、パラリンピックを盛り上げていくという事。そしてパラスポーツに関しても、2020年以降のパラスポーツ振興の起爆剤に変えていきたいと思っています。もともと東京2020大会が決まる前から千葉市は車いすスポーツの聖地を目指し取り組みを開始していたんですね。“千葉ホークス”という車いすバスケの強豪チームもいますし、OXエンジニアリングという世界的なアスリート用の車いすを作っている会社もある関係で、パラスポーツにもっと興味を持ってもらおうという取り組みをやってきました。そこに東京2020大会の開催が決まり、また千葉市がパラリンピック4競技の会場になったこともあり、さらにパラスポーツにも力を入れるという流れになっています」
一木「パラスポーツの振興にあたり、具体的にやられている施策は?」
熊谷「職員の課長研修などにもパラスポーツを取り入れてますし、市内の全小中学校で体育の授業にパラスポーツを導入しています。また、経済界にもパラスポーツの重要性を呼びかけ、チームを作ってもらい、企業間でボッチャの対抗戦をやるなど、行政、教育界、経済界を挙げて取り組んでいます。また、今年度からパラスポーツ専用の窓口にコーディネーターなどを配置します。このようなことは数年前からやってきていて、普及という面ではだいぶ進んでいると思います。最終的には障がい者の方々がスポーツをする比率を上げていかなければ意味がありませんので、パラスポーツをやりたいという人とスポーツをマッチングさせるコーディネーターを配置します。これは、2020年以降もしっかりと引き継いでいくことになるだろうと思います」
一木「全小中学校にパラスポーツを導入しているんですか?」
熊谷「かなり前から教育委員会でやっています。千葉市で開催されるゴールボールやシッティングバレーボールのほか車いすバスケなど、体育指導員の育成から行っています。教育委員会が数カ年計画で、指導やカリキュラムなど綿密な準備をして、車いすも全学校に貸し出せるほどの用意もできています」
一木「2020年以降の千葉市のビジョンをお聞かせ下さい」
熊谷「まずはスポーツの文化を残す事。そのためにスポーツを支える人材を作っていく。今回ボランティアに関わってきた方と、ちゃんと2020年以降も関係を構築していく事で、千葉市のスポーツを支える人材が厚みを持ってきて、結果それがスポーツ文化の振興につながると思います。もうひとつはなんといってもパラスポーツを盛り上げる事。その結果、共生社会が一気に進んでいくと思います。この2つは千葉市が2020年以降に一番大事にしているポイントですね。千葉市は東京2020大会が目指すべき事をやってきていて、特にボランティアやパラスポーツは、東京と変わらないくらい熱い思いを持ってやっています。グローバルな常識がオリンピック・パラリンピックを契機にいい意味でのプレッシャーになり、日本社会が急速に国際標準化するきっかけになるため、大会の成功は当たり前として、プラスアルファで、社会のバージョンアップが必要だと思います。その点でも千葉市は確実にバージョンアップをしていますので、東京2020大会では、ぜひ千葉の会場にも大勢の方に足を運んでいただき競技とともに千葉のまちを楽しんで下さい」
東京2020オリンピック・パラリンピックを観戦しよう!
幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される7競技を紹介
[オリンピック]
フェンシング(7月25日~8月2日)「
2人の選手がセンターラインを挟んで向かい合い、片手に持った剣で互いの有効面を攻撃し合う競技。使用する剣と防具には電気回路が埋め込まれており、攻撃が成功するとランプが点灯する。
テコンドー(7月25~28日)
“足のボクシング”とも言われ、スピーディーで見ごたえのある足技が特徴。8メートルの八角形のマットで1ラウンド2分間を3ラウンド行う。攻撃が有効か無効かは、防具につけた電子センサーが判定。
レスリング(8月2~8日)
2人の選手が直径9メートルの円形マットの上で、何の道具も持たず、衣服をつかむこともせず、体同士をぶつけ合って技を掛け合う競技。シンプルな中にパワーとスピード、テクニックが激突する人類最古の格闘技といわれている。
[パラリンピック]
ゴールボール(8月26日~9月4日)
1チーム3人の選手がアイシェード(目隠し)を着用して戦う球技。攻撃は、1.25kgの鈴入りのボールを転がしたりバウンドさせたりして相手ゴールに投球。守備は鈴の音や相手の足音を聞き分け、体全体で防御する。
シッティングバレーボール(8月28日~9月6日)
でん部を床につけた状態で競技する6人制バレーボール。オリンピックのバレーボールよりも小さなコートや低いネットで行うが、ボールは同じ。スピーディーな試合展開やラリーの応酬など、見どころの多いチーム競技。
テコンドー(9月3~5日)
東京2020大会からパラリンピックの正式競技となる2競技のうちの1つ。基本的なルールはオリンピックのテコンドーと同じだが、頭部への蹴りが反則となる点、手での攻撃が得点にならない点が大きな違い。
車いすフェンシング(8月26~30日)
ピストと呼ばれる装置に固定した競技用車いすに座り、上半身だけで競技する。相手との距離は近く一定なので、剣さばきのテクニックやスピードが重要なポイントとなる。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.